2021年冬ドラマ
番組情報まとめ
2021年冬ドラマ
視聴率ランキング

【澪つくし】62話のネタバレと感想!かをるの花嫁姿を見送る律子と英一郎に涙!

【澪つくし】62話のネタバレと感想!かをるの花嫁姿を見送る律子と英一郎に涙!

ついに本当に惣吉との結婚式を迎えたかをる。花嫁衣装を来て幸せいっぱいのかをるが美しい!

見送る律子と英一郎の姉弟愛に思わず涙!

【澪つくし】62話のあらすじネタバレと感想について!


ADVERTISEMENT

【澪つくし】62話のあらすじネタバレ

【澪つくし】62話のあらすじネタバレです。

るいとの別れ

惣吉とかをるの挙式の前日、かをるはるいと布団を並べて寝ていた。

おかあさん、今度こそ帰ってこないからね。ぜひそうして。

ひとりぼっちになる、るいを心配するかをる。るいは、千代の世話もあるし、近所の娘たちに裁縫を教えようと思っていると寂しくないアピール。

何かあったらすぐに飛んでくるというかをる。るいは外川ではみんなに好かれるようになりなさい、でもかをるらしくやっていれば大丈夫、と励ます。惣吉がついているから大丈夫、とのろけるかをる。

律子と英一郎も花嫁行列を見送る

挙式の日。三三九度のあと、祝いの酒盛りが2時間ほど続く。久兵衛の頼みで、名取夫妻がかをるの親代わりとして出席した。

るいに花嫁姿を見せにきたかをる、るいは「幸せになるのよ」と送り出す。涙で見守るツエ。

白無垢のかをるを連れた花嫁行列が外川の吉武家へと向かう。るいの代わりに清次夫婦が参列する。ツエはかをると一緒に吉武家に入ることになった。

律子と英一郎がかをるの花嫁姿を見にくる。「姉さん、きれいだよ」と声をかける英一郎。

吉武家での祝いは大盤振る舞い。

漁労長(織本順吉)が歌い始め、宴は盛り上がる。

その頃、久兵衛はかをるの花嫁姿を見られなかったことを残念がっていた。律子に、素直になって言うことを聞いてくれたらいい婿を探してくると言う。

吉武家では、漁労長が高神村村長の名取(内藤武敏)にからみ出す。

あんたは横暴だ。高神村の税金は千葉県でいちばん高いのはなぜだ!

外川港改築工事の大半を地元が負担することになったからだ、漁師を守るためだ、と名取。船村は名取が反対派の議員を脅かして強引に議決したと文句を言う。名取は酔っ払いとは話にならないと立腹して帰ってしまう。

【澪つくし】62話の感想とまとめ

かをるさん、綺麗だった。沢口靖子さん、花嫁人形のようだった。 #澪つくし— Mahala (@mahalacafe) December 1, 2020

かをるの花嫁姿、本当に綺麗でしたね。

口パクで「おめでとう」という律子、「姉さん、綺麗だよ」と叫んだ英一郎。どちらもその人らしさあふれる祝い方でした。

るいが最後に呼び止めて「幸せになるのよ」と言ったときもジーンときましたね。

しかし、せっかくの結婚式なのに、名取村長と漁労長がもめ出して…。これがまた後々のトラブルの素になっているのです。かをるの幸せな日々はいつまで続くのか…。

61話<< >> 63話

澪つくし
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】