2021年冬ドラマ
番組情報まとめ
2021年冬ドラマ
視聴率ランキング

月9ドラマ【イチケイのカラス】のキャストと相関図!竹野内豊のクセ者裁判官が黒木華と対立!

ドラマ【イチケイのカラス】のキャストと相関図!竹野内豊が11年ぶり月9主演、ヒロインは黒木華!

この記事のポイント
  • ドラマ【イチケイのカラス】の主演は竹野内豊!
  • キャスト一覧
  • 相関図
  • あらすじ
  • 原作

ADVERTISEMENT

2021年春の月9ドラマは【イチケイのカラス】!

2021年春(4月スタート)の月9ドラマは【イチケイのカラス】に決定!

ドラマ【イチケイのカラス】は、浅見理都『イチケイのカラス』(講談社モーニングKC刊)を原作に、主人公ほか登場キャラクターをアレンジしたリーガルエンターテインメントです。

イチケイとは「東京地方裁判所第3支部第1刑事部」のこと。

カラスは、裁判官が身にまとう真っ黒いマントのような法服のことです。

刑事裁判官を主人公にした日本初のドラマとしても注目です。

主演は竹野内豊、ヒロインは黒木華!

月9ドラマ【イチケイのカラス】の主演は、『流れ星』以来11年ぶりの月9主演となる竹野内豊!

ヒロインは月9初出演かつ竹野内豊と初共演の黒木華。

原作では、黒木華演じる“坂間”がシュッとした男性エリート裁判官で主人公。“坂間”がが新しく赴任した「武蔵野地方裁判所第一刑事部」=イチケイの変人裁判官・入間みちおが主要な脇役となっています。

主人公や登場人物の性別を変えたことで、竹野内豊と黒木華の恋愛など原作マンガとは異なるドラマも生まれそう!

ドラマ【イチケイのカラス】のキャスト/イチケイ編

ドラマ【イチケイのカラス】の舞台となる“イチケイ”のメインキャストを紹介します。キャスト未発表の登場人物は原作キャラをあげています。キャストはわかり次第お知らせします。

竹野内豊(役:入間みちお)

https://www.fujitv.co.jp/ichikei/

入間みちお…いるま・みちお。東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称:イチケイ)の刑事裁判官。ヒゲにカジュアルな服装、すっとぼけた発言など、変わっているのは印象だけではない。しがらみや偏見、先入観にとらわれない自由な観察眼と探究心を持つ。絶対に冤罪を生まないため現場検証で事件の真相を明らかにしていく。弁護士団や検察官から恐れられているクセ者だ。

弁護士から裁判官になった背景には、過去のある事件が…。

黒木華(役:坂間千鶴)

https://www.fujitv.co.jp/ichikei/

坂間千鶴…さかま・ちづる。イチケイに異動してきた特例判事補。東大法学部出身の超エリートですが、冗談が全く通じないザ・堅物。仕事の効率はお構いなし、マイペースなみちお(竹野内豊)のおかげで赤字のイチケイを立て直すために来た。みちおとは考え方の違いで対立するが…。

新田真剣佑?(役:石倉文太)

石倉文太…いしくら・ぶんた。イチケイの書記官。入間を「みちお」呼びしたり、話し方はチャラくて馴れ馴れしいが仕事はそれなりに真面目にこなす。

キャストMEMO

週刊大衆」が、新田真剣佑が【イチケイのカラス】の3番手で出演すると報じています。

原作から3番手の若手だと石倉文太と思われますが、実写化に伴い主人公ほかのキャラクターがアレンジされているため、みちおファンの傍聴マニア・松田や、みちおが裁判で関わる若手熱血弁護士役ということも考えられます。

(役:駒沢義男)

駒沢義男…こまざわ・よしお。イチケイの部総括判事・部長。実直で保守的な見た目とは裏腹に、無罪判決を多数とるなどかなりのクセ者。「裁判官の為の訴訟指揮入門」という本を自費出版して1冊1000円で販売している。

原作マンガの風貌と雰囲気が故・志賀廣太郎さん風なので、ぜひ演じて欲しかった…。

(役:川園)

川園…イチケイの主任書記官。みちおのマイペースな仕事ぶりのしわ寄せや石倉の馴れ馴れしい振る舞い、糸子のスローペースなどでいつも胃が痛い。

(役:一ノ瀬糸子)

一ノ瀬糸子…いちのせ・いとこ。イチケイのひよっこ事務官。何かとスローでマイペース。中学生の社会科見学などで「糸ちゃんって呼んでください」と言ったりする和みキャラ。キャストはわかり次第お知らせします。

ドラマ【イチケイのカラス】のキャスト/イチケイ周辺人物

入間みちお(竹野内豊)が所属するイチケイと関わる周辺キャラクターを紹介します。キャストが未発表の登場人物は原作マンガからピックアップしています。

(役:井出)

井出…いで。検察官。

(役:松田)

松田…まつだ。「みちおを見守る会」というサイトの管理人。みちおの大ファンでみちおの裁判を傍聴し、内容、感じたことなどを「みちおメモ」ノートに記している。

(役:峰子)

峰子…石倉文太の祖母。ダイニングバーを経営。文太がときどき手伝うほか、イチケイのメンバーがたびたびやってくる。料理の味はおいしいと評判。

ドラマ【イチケイのカラス】の相関図

ドラマ【イチケイのカラス】の相関図はただいま作成中です。

ドラマ【イチケイのカラス】のあらすじ

型破りなクセあり裁判官・入間みちお(竹野内豊)と超堅物エリート裁判官・坂間千鶴(黒木華)。

性格も価値観も事件へのアプローチも全て真逆の2人が運命的な出会いを果たした時、難事件の裏に隠された真実が明らかになっていく!

最初は理解しがたいみちおと対立する千鶴も、みちおの「絶対冤罪を生んではならない」というポリシーや、人にやさしくあたたかい判決、アプローチ、アフターフォローを知り、成長していきます。

笑いあり、涙あり、サスペンスありの爽快リーガルエンターテインメントです。

ドラマ【イチケイのカラス】のスタッフ

脚本:浜田秀哉(『絶対零度』シリーズ、『やけに弁の立つ弁護士が学校でほえる』ほか)
音楽:服部隆之(『半沢直樹』『HERO』シリーズ、ほか)

まとめ

竹野内豊が11年ぶりの月9ドラマ主演を担う【イチケイのカラス】。

風変わりだけど人にやさしい裁判官・入間みちお。原作は小太りのおじさんでイメージはかなり違いますが、竹野内豊が魅力的に演じてくれるでしょう。

堅物裁判官・坂間も、原作の男性から女性に設定したことで、さまざまな化学反応や恋愛も生まれそう。

「凪のお暇」の凪役も最初は「イメージと違う」だのなんだのと批判されたけど、最終的には視聴者から大きく支持を得た演技派の黒木華が、どんな坂間を演じるのかが楽しみです。

月9ドラマ【イチケイのカラス】は2021年4月スタートです。お楽しみに!

イチケイのカラス
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】