2021年冬ドラマ
番組情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

【澪つくし】52話のネタバレと感想! かをるを尾行する梅木がカワイイ!

【澪つくし】52話のネタバレと感想! かをるを尾行する梅木がカワイイ!

惣吉(川野太郎)がまた来ることを心待ちにするかをる。律子の遣いで水橋に会うことに。

かをるが心配な梅木は思わず跡をつけるが…。

【澪つくし】52話のあらすじネタバレと感想について!

【澪つくし】52話のあらすじネタバレ

【澪つくし】52話のあらすじネタバレです。

久兵衛の許しが出ればお嫁にいく

坂東家。食卓を囲む久兵衛、英一郎、律子、かをる。給仕をするハマ。

久兵衛は、妙な男が訪ねて来たという。あんまり態度が横暴で広敷の若い衆と衝突しそうになった。

名前も忘れた、会う必要もないという久兵衛に、それは吉武惣吉だという英一郎。

惣吉は何しにきたのかと律子。結婚を申し込みに来たと英一郎。

久兵衛は、惣吉に結婚申し込まれたらどうするかと確認する。

お父さんの許しが出ればお嫁に行くというかをる。

その言葉を覚えておく、かをるも忘れんように、と久兵衛。

吉武家は結婚を応援

吉武家。けんもほろろに追い返された惣吉に、思った通りととね(草笛光子)。年甲斐もなく頭に血が上ってしまったと漁労長。明日は自分がついていくという善吉。

仕事もきちんとやる、と惣吉。

かをるは、久兵衛が許してくれることはないだろうが、惣吉が本気で結婚を申し込もうとしてくれているだけで一生分の幸せだと感じる。

入兆では、洗濯物を干すかをるをからかう広敷の弥太郎たち。

小浜とのことは神様に誓って無実というかをる。しつこい弥太郎たちを一蹴する。

接吻ぐらいしたんでしょ、とからかう弥太郎にぷんすかと怒るかをる。

水橋から律子への手紙

かをるは律子への手紙を見て、水橋からのものだと確信しながら律子に渡す。

千代を見舞う久兵衛は惣吉が乗り込んできたことを千代とるいに話す。ただしかをるは久兵衛の許しがなければ惣吉に会わないと約束した。早く嫁に出して銚子から出したほうがいいと考える。

かをるは、いわし、網などとひとり言をいっていると女中に指摘される。それは神経衰弱。ハマぐらい大きな顔をしていればいいと言われる。

律子の遣いに出るかをるを梅木が尾行

律子はかをるに木賃宿に行って武藤という男に渡してと封筒を預ける。駅員に顔を覚えられているから自分は行けないという。

かをるは律子に信頼されて甘酸っぱいうれしさを感じていた。

家を出ると梅木(柴田恭兵)がついてくる。梅木はかをるが惣吉に会いにいくのではないかと勘ぐっていたが、お父さんの命令じゃないなら帰ってと言われ、引き下がる。かをるは糸を買いに行くといって律子に言われた木賃宿へ。

武藤を呼び出すと出てきたのはやはり水橋だった。

遣いを終えると、律子が「あなたは大きなことをしたのよ、そのうちにわかる。水橋さんは指導力があって労働者を助ける人。その人を助けることは労働者を助けることになる。ねぇ同志」と言う。

なぜか涙があふれてくるかをる。自分と惣吉さんも、律子と水橋もみんな苦しい…。今はそれだけしかわかりません…。

【澪つくし】52話の感想とまとめ

かをるが心配でついついていったのに、久兵衛の指示でもないのにどうしてと言われて引き下がる梅木(柴田恭兵)がカワイイ!「気持ち悪い」という意見もありましたが…。梅木の恋心がだんだん表現されてきて面白くなってきました。

そして律子と水橋が接近して、またトラブルが起きる予感!

<<51話 53話>>

澪つくし
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】