2021年冬ドラマ
番組情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

【七人の秘書】4話のネタバレと感想!菜々緒がカッコいいけどビンタ&蹴りナシで物足りない!?

【七人の秘書】4話のネタバレと感想!菜々緒がカッコいいけどビンタ&蹴りなしで物足りない!?

この記事のポイント
  • 【七人の秘書】4話の視聴率
  • ターゲット
  • あらすじネタバレ
  • 感想
スポンサーリンク

【七人の秘書】4話の視聴率

【七人の秘書】4話の視聴率はわかり次第お知らせします。

【七人の秘書】4話のターゲット

【七人の秘書】4話のターゲットはこのカスたち!

金井勇太(役:山根警視正)

山根警視正…品行方正なキャリアを装っているが、実は盗撮マニア。父親は粟田口(岸部一徳)の後援会会長。

木下ほうか(役:北島剛次)

北島剛次…警視庁警務部長。出世のためなら、都合の悪い事件はもみ消す。不二子のお茶がいつもぬるいとケチをつける。

レギュラーキャストはこちら↓↓

【七人の秘書】4話のあらすじ

【七人の秘書】4話のあらすじです。

JK盗撮に怒りを爆発させる不二子(菜々緒)

長谷不二子(菜々緒)が秘書をしている警視庁警務部長・北島剛次(木下ほうか)のもとに、警視正・山根幸四郎(金井勇太)のスマートフォンと、そのスマホでスカートの中を盗撮された女子高生・小杉映子(永瀬莉子)の被害届が届く。

山根が財務大臣・粟田口十三(岸部一徳)の後援会会長の息子だと知った北島は、粟田口に恩を売るため、この被害届をもみ消してしまう…。

そんな中、帰宅途中の映子が見知らぬ男たちに襲われる。たまたま通りかかった都知事秘書・風間三和(大島優子)は得意の剣術で映子を助けると、萬敬太郎(江口洋介)のラーメン店「萬」へ連れていく。

映子を襲ったのは山根(金井勇太)が脅し目的で雇った男だった。

映子は三和に、警察に「被害届が出ていない」と言われたこと、それ以降誰かに見張られていることを打ち明ける。英子はさらに警察から過去の万引きをネタに退学を仄めかされていた。

話を聞いていた北島の秘書・長谷不二子(菜々緒)は、スマホの持ち主も盗撮犯も山根と確信。事件を隠蔽した警察組織に大激怒。「これ以上怖い思いをしたくない」と、泣き寝入りしようとする映子を「一度逃げたらずっと逃げるようになる。悪いことをしたのはあんたじゃない。戦わなきゃダメ」と諭し、一緒に戦うことを誓う。

不二子(菜々緒)の過去

不二子(菜々緒)は警察内部でひどいセクハラを受けていたが、逃げなかった。それでも捜査一課を外され、警務課に異動させられた。

ラーメン屋「萬」に不二子が初めてきたのは、異動になった日だった。ラーメンを食べながら泣く不二子に萬は声をかける。「ラーメンがおいしいと思える人生を送れ。腹一杯食べれればたいていのことはどうにかなる」。

東都銀行常務秘書・望月千代(木村文乃)ら秘書たちは山根を懲らしめることに…!

盗撮マニアの常習性を利用して、山根が映子を盗撮した通勤ルートに罠をかける。オトリは三和と東都銀行頭取秘書・照井七菜(広瀬アリス)。山根がまんまと七菜を盗撮するが、現場を撮影して騒ぐはずの五月(室井滋)が、なぜか自分の後ろの男が盗撮したと騒ぎ始める。

捕まえた盗撮犯は「萬」に連行され、秘書たちの取り調べを受ける。盗撮マニアが盗撮をやめられない理由は2つあるという。

1つはスリル、もう1つは仲間に褒められることだという。さらにマニアは盗撮した画像は絶対削除しない。

マニア情報を得た秘書たちは、スポーツジムで山根のスマホの画像データをコピーしようとするが、スマホに画像は保存されていなかった。

萬(江口洋介)は、山根が紙で、つまり印刷した写真を保存している可能性があるといい、秘書たちはその可能性に賭けることに。

不二子は、北島警務部長(木下ほうか)と橋下警視総監の会食をある日程に設定し、山根にも伝える。

【七人の秘書】4話のネタバレ

【七人の秘書】4話のネタバレです。未視聴の方は閲覧ご注意を!

不二子(菜々緒)が山根(金井勇太)に仕掛けた罠とは!?

11月9日、会食の日。手土産を買って会食に向かう山根を不二子が止める。会食が延期になったと伝える。

「使えないやつ、飛ばしてやる」と不二子を罵倒して盗撮マニアが集まる「シークレット会」に参加する山根。「教授」と呼ばれる山根は盗撮写真を自慢げに見せ、仲間たちから褒められる。

誰かの「警察だ」という叫びで逃げる一同。山根は、店やホテルのスタッフに扮した秘書たちに誘導される。行き着いた先はなんと会食の場だった。

「会食をキャンセルして何をしている」という北島。「延期って言われた」と山根が言い訳していると警官が「ここに盗撮犯が逃げ込んだ」と入ってくる。盗撮画像の入っているタブレットを「押収したもの」と山根はごまかそうとするが、タブレットのカバーに入っていた七菜の盗撮写真には、お尻隠したバッグについていたチャームのミラーに山根がしっかり写っていた。

北島はうっかり「自粛しろと言ったのに」と山根に言う。警視総監は、ミラーに写った山根だけでなく、北島の呟きも見逃さなかった。

結果、山根と北島は懲戒免職になる。

今回の作戦が成功したのは、盗撮画像を押さえるつもりでコピーした山根のスマホデータにスケジュール表があり、その日に盗撮マニアの集まりがあると知った不二子が、警視総監の会食の場を同じホテルの別のレストランに設定しておいたからだった。

今回の依頼人はJKだから無報酬、萬がラーメンをみんなに奢った。映子は犯人逮捕のニュースを見て友人と心置きなく出かける。

みんなが帰った後、萬と話す千代。まだまだ千代の兄のスープには追いつけないという萬だが、千代はもう追い越しているのかも、と言う。

おいしいラーメンを作っていた千代の兄はいったいどうして失踪してしまったのか…。

一方、粟田口(岸部一徳)のもとには、謎のライター・黒木(坂口拓)が、逮捕された山根は粟田口の後援会会長の息子とかぎつけてスクープ記事を書くと言いにくる。粟田口はその写真の中に萬(江口洋介)の姿を見つけ、「おもろいもん見せてもろた」と写真を全部買い取ると言った。

【七人の秘書】4話の感想

【七人の秘書】4話の感想です。

不二子(菜々緒)がかっこいいけど、今回はビンタ&蹴りは封印!?

不二子さんのエピソードはとても良かった。最初に萬さんのラーメン屋に来て、戦うことを決めた不二子さんかっこよかったなぁ!菜々緒さんやっぱかっこいいなぁ!そして、粟田口よ、粟田口!やっぱ萬さんとなんかあんだね!楽しみだなぁ!!

菜々緒ファンなのもそうだし、なんか今回の回は見ているだけで胸が痛い

菜々緒の髪アップにしたときの生え際、石原さとみ並みに不自然に見えるの、あたしだけ?

気になりました!妙に黒々してませんか?

菜々緒様がかっこよすぎて…
あのクズ共全員〆たい…

暴力担当の菜々緒チャンが今日は珍しくビンタしてない。毎週ビンタしてくれないとなんか物足りない

菜々緒。回し蹴りしろよ。

今回は不二子(菜々緒)がメインの回。ものすごくいやらしいセクハラを受けてきたからこそ、セクハラはとくに許せないんですね。

菜々緒の回なのに今回は「ビンタ」とか「蹴り」は封印!?

今回のターゲットは警察の上司だったから、不二子が暴力振るうわけにはいかないか…。覆面などをしても絶対に正体がわかってしまう、抜群のスタイルと身のこなしだし。

盗撮も重い罪ですが、今回の話も仕返しもわかりやすくてスカッとしました。

木下ほうかは終盤までネチネチと生き残りそうな気がしていましたが、意外とあっさり退場(笑)。メインターゲットは金井勇太だったので、木下ほうかに対する「スカッとジャパン」感は薄くて残念。

そして粟田口と萬の因縁がだんだん明らかになっていきそうですね。

【七人の秘書】5話は11月19日(木)よる9時から放送、三和(大島優子)メイン回です。お見逃しなく!

七人の秘書
スポンサーリンク
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】