2021年冬ドラマ
番組情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

【澪つくし】15話のあらすじネタバレ感想!さんまが沢口靖子のお尻を触る!

【澪つくし】15話のあらすじネタバレと感想! さんまが沢口靖子のお尻を触る!

入兆での修行は予想以上にみじめなものだったが、健気に頑張るかをる。

初放送当時話題になった明石家さんまのセクハラシーンとは?

【澪つくし】15話のあらすじネタバレと感想について!

スポンサーリンク

【澪つくし】15話のあらすじネタバレ

【澪つくし】15話のあらすじネタバレです。

前回のあらすじネタバレはこちら↓↓

ハマのしつけという名のイジメが始まる

かをる(沢口靖子)を手代たちに紹介するハマ(根岸季衣)。かをるの行儀見習いを仕切るのは自分だと言う。

小畑(高品格)は、かをるを赤ん坊の頃から知っているが素直に育ち、銚子高女を出た才媛。今更行儀見習いなんてしゃちほこばることはない。旦那の血を受け継いでいるというが、ハマはお嬢さんは律子だけといい、聞き入れない。「どうか我慢を」と言う梅木(柴田恭兵)。

夕食をとる久兵衛たち。かをるはしばらく台所で別に食べるという。一緒に食べればいいのに、という英一郎。

ハマは入兆のことをよく知るためにかをるに台所修行から始めるという。

でもかをるは凹んではいなかった。ただひどい扱いに戸惑いは感じていた。

みねと早苗とごはんを食べるかをる。

かをるは入兆の娘で格が違うという早苗たちに、自分の母・るいももとは入兆の女中だったと打ち明ける。

実家にお金を送らないといけないし、年季奉公だから結婚もできないという早苗たちに、久兵衛が女中にも結婚の世話をしてくれるのではないかと楽観的なかをる。

前にいた下働きのおばさんは、ハマと大げんかをして辞めたという。ハマがやってくる。かをるに律子の世話係を申付ける。

それはさすがのかをるにも堪えた。血を分けた姉の付き女中をしなければならないのは辛い。

弥太郎がかをるにセクハラ!

入兆など醤油屋の職人たちは、自分の仕事が終わればいつでも帰ってよいというシステムだった。

給料は安いが、広敷にはいつでもごはん、味噌汁、漬物が用意してあって食べ放題。

かをるは広敷に母屋に持っていくごはんをとりにくる。

弥太郎(明石家さんま)は「いいケツしてんな」とかをるのお尻を触るとかをるは驚いて悲鳴をあげる。

台所では、皿に残っていた醤油を捨てたことでハマに怒られるかをる。残った醤油はぬかみそに混ぜろといわれる。

玄関の掃除をしているかをるを見て涙ぐむるい。

ハマのお古まで着せられたかをるを不憫に思う。

かをるは、何事も修行、修行、お母さんが昔やってたのと同じことをしてるだけ、と明るく振舞ってみせる。

千代の容体と律子の帰宅

千代のところに医者が往診にくる。あまり病状がよくないという医師に、カネに糸目はつけないからいい治療法があったらよろしくと頼む久兵衛。

律子(桜田淳子)が帰ってくる。あらためてかをるを紹介する英一郎。律子はろくに挨拶もしない。不安を覚えるかをるだった。

【澪つくし】15話の感想とまとめ

さんまは、最初沢口さんの尻を触るふりだけをしてたけど、沢口さんの演技に納得がいかないディレクターが、最後には尻を掴むようさんまに指示。 さんまちゃんこれに怒る。

さんまさんが気遣って触るフリだけにしてたのに沢口さんの反応が今ひとつやったからって掴めって指示された言うアレな。でも掴んでなかったな。何テイクとったのは。

弥太郎のダイレクトセクハラ!
あきらかに尻だけ別撮りでさんまには触らせない!

さんまがお尻を触っただけでは沢口靖子がうまく演技ができずに、監督から「つかめ」と言われたという例のシーンですが、掴んでいるようには見えませんでしたね。

そしてハマのしつけという名のイジメがスタートします。かをるは堪えていけるのでしょうか?

澪つくし
スポンサーリンク
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】