2021年冬ドラマ
番組情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

ドラマ【閻魔堂沙羅の推理奇譚】のキャストとあらすじ!中条あやみがあの世の裁判官に!

ドラマ【閻魔堂沙羅の推理奇譚】のキャストとあらすじ!中条あやみがあの世の裁判官に!

中条あやみ主演の『閻魔堂沙羅(えんまどうさら)の推理奇譚(きたん)』が2020年秋、NHKよるドラ枠(土曜23時30分)で放送!

閻魔大王の娘・沙羅(さら)はあの世の裁判官。生き返りを願う亡者に、誰に、なぜ、どのように殺されたかを解くことを条件として提示して…!?

今回はドラマ【閻魔堂沙羅の推理奇譚】のキャストとあらすじ、放送情報などについて。

※【閻魔堂沙羅の推理奇譚】の動画は、U-NEXTのNHKオンデマンドで配信中。(2020年11月現在)

スポンサーリンク

【閻魔堂沙羅の推理奇譚】のキャスト

中条あやみ(役:閻魔沙羅)

登場人物:閻魔沙羅(えんま・さら)…閻魔大王の娘。死者を天国に送るか、地獄に送るかを決めるあの世の裁判官。

キャスト:中条あやみ(なかじょう・あやみ)

中条あやみさんは、1997年2月4日生まれ。大阪府出身。
・2011年、「ミスセブンティーン」グランプリに選ばれる。(同時受賞に新川優愛、ほか)
・2017年の映画『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。
・連ドラ主演は『白衣の戦士!』(2019年4月 – 6月、日テレ)以来。NHKへのドラマ出演は主演作『56年目の失恋』(2020年7月11日)以来。

【中条あやみさんのコメント】

閻魔大王の娘役!初めて聞いた時いろいろな意味でビックリしました!いつかこのような特殊な役を演じてみたいと思っていたので、沙羅になれる事が楽しみです!台本を読んでいて、毎話それぞれの人間ドラマがとても楽しく思いました。 閻魔堂にやってきた亡者に対して沙羅が諭す言葉はとても大切な意味があり、ドラマを見ている方の心にも刺さると思います。

沙羅の毒っ気もあり天真らんまんなキャラクターを大事にして、キャスト、スタッフと一緒に力を合わせて楽しい作品を作っていけたらいいなと思います。

ぜひ、「死者復活・謎解き推理ゲーム」を一緒に楽しんで頂けるとうれしいです☆

https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/20000/431932.html

【閻魔堂沙羅の推理奇譚】のあらすじ

閻魔堂沙羅は、死者を天国に送るか、地獄に送るかを決めるあの世の裁判官。そんな彼女のもとにやってくるのは、誰かに殺され、現世に思いを残してきた亡者ばかり。生き返りたいと泣きつく彼らに、沙羅はこう言い放つ。

“自分の死の真相を突き止めるのが条件です”

亡者たちは生き返るために必死に推理を繰り広げるが、その中で事件の真相だけではなく、生前、自分が一生懸命生きてこなかったということを思い知る。そして生きる覚悟を固めることで己の人生を変えていく!

https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/20000/431932.html

【閻魔堂沙羅の推理奇譚】のゲスト

小関裕太(役:浜本尚太)

小関裕太
©NHK

登場人物:浜本尚太(はまもと・しょうた)…27歳の会社員。沙羅いわく“ヘタレ”。(第1話ゲスト)

死因:凍死
仕事:鶏肉専門の卸業「鶏賑」の営業マン。
性格:人はいいが要領が悪く、仕事では失敗ばかり。同期で出世頭の千原や後輩の岩田にいつもフォローされている。
プライベート:ひそかに会社のマドンナ・天野に恋心を抱いているが、告白する勇気もない。

キャスト:小関裕太(こせき ゆうた)…1995年6月8日生まれ。東京都出身。アミューズ所属。主なドラマ出演作は『わたしに××しなさい!』『半分、青い。』など。

小関裕太さんのコメント

『よるドラ』枠の作品はかなり攻めた内容が多くて、すごく好きでよく見ていました。なので『閻魔堂沙羅の推理奇譚』の出演のお話を聞いた時、「よるドラだ!」と、とてもワクワクしました。さらに、『よるドラ』の中でも特に『だから私は推しました』が好きだったので、演出を担当されていた渡辺良雄さんとご一緒できるということも楽しみでした。

オムニバス形式である今作ですが、現実世界とは別の、死後の世界。つまり「異空間」が舞台背景にあるので、「これは第1話で世界観のベースが出来上がっていくな」と楽しみでもありながら慎重になっていました。しかし、そんな緊張も束の間。制作陣が選ばれたロケーション、そしてワンシーンの中で昼と夜が入り混じっているという、時空間に囚われない大胆な環境設定のおかげで自然とこの世界観に飛び込めました。この作品も、攻めた『よるドラ枠』になること間違いなしです。ぜひ楽しみにご覧ください。

NHKより

賀喜遥香(乃木坂46)(役:向井由芽)

賀喜遥香
©NHK

登場人物:向井由芽(むかい・ゆめ) …17歳の女子高生。沙羅いわく“貧乏人”。(第2話ゲスト)

死因:撲殺
職業:学生(高校生2年生)
家族:父と2人暮らし。
経済状況:自称画家の父親はこれまで絵が売れたことがなく、定職もないため、由芽がアルバイトで家計をまかなっている。
備考:友達と遊ぶことはもちろん、スマホも持てずタピオカも飲んだことない。

キャスト:賀喜遥香(かき・はるか)…2001年8月8日生まれ。大阪府生まれ、栃木県出身。アイドルグループ「乃木坂46」のメンバーで、4期生の楽曲「I see…」ではセンターを務めている。ドラマは乃木坂46「4期生」総出演のドラマ『「サムのこと」「 猿に会う」』には出演しているが、単独では本作がドラマ初出演。

賀喜遥香(乃木坂46)さんのコメント

向井由芽役を演じさせていただきます、乃木坂46の賀喜遥香です。

もともとミステリー作品が好きだったので、このお話を聞いた時はとてもうれしかったと同時に、ものすごく緊張しました。

撮影現場では、スタッフさんをはじめ、共演者の方々にアドバイスをいただきながら撮影をさせてもらっていたので、とても温かい現場でした。

由芽ちゃんが一生懸命推理していく様子を、楽しんで見ていただけたらうれしいです!

NHKより

黒島結菜(役:澤木夏帆)

黒島結菜
©NHK

登場人物:澤木夏帆(さわき・かほ)…22歳の元バドミントン選手。沙羅いわく“臆病者”。(第3話・第4話ゲスト)

死因:交通事故死
前職:世界でも活躍したバドミントンのトッププレーヤーだった。
現在の仕事:小学生の臨時のテニスコーチ。
テニスのプレー:天才肌。努力と言うよりセンスだけで活躍。
引退の経緯:1年半前、ひざを故障したため引退。

キャスト:黒島結菜(くろしま・ゆいな)…1997年3月15日生まれ。沖縄県出身。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。 NHKでは『花燃ゆ』『アシガール』『いだてん〜東京オリムピック噺〜 』『スカーレット』などに出演。

黒島結菜さんのコメント

澤木夏帆役で出演いたします、黒島結菜です。
生きていると必ず出会うマイナスな気持ちと向き合うのは、つらく難しかったですが、信頼するスタッフさんのもと、楽しく演じることができました。夏帆の小さな成長を優しく見守っていただけるとうれしいです。

NHKより

R-指定(Creepy Nuts)(役:池谷修)

R-指定
©NHK

登場人物:池谷修(いけたに・おさむ)…30歳のゆすり屋。沙羅いわく“銭ゲバ”。(第5話ゲスト)

死因:不明
仕事:ゆすり屋。人の隠し事、弱みにつけ込み法外な料金を脅し取ってきた。
仕事の相棒:阿賀里
最近の心境:危ない橋を渡りながら多額のお金をため込んできたが、阿賀里と分けるのが惜しくなり、相棒が邪魔になった。

キャスト:R-指定(アールしてい)…1991年9月10日生まれ。大阪府出身。HIP-HOPユニット「Creepy Nuts」のメンバー。TBS日曜劇場『危険なビーナス』(2020年10月期)では主人公の亡き父を演じている。ドラマ出演は本作で2回目。

R-指定 さんのコメント

普段はラッパーとして活動していて、全く別ジャンルの仕事だったので、お話を頂いた時には「ホンマに!?」と思いました。 慣れない部分も多かったのですごく緊張しましたけど、周りの皆さんにも非常によくして頂き、一生懸命やりました。ぜひ、見て下さい!

NHKより

村上淳(役:武部健二)

村上淳
©NHK

登場人物:武部健二(たけべ・けんじ)…43歳の刑事。沙羅いわく“”。(第6話ゲスト)

死因:刺殺
仕事:大阪府警の刑事。
仕事ぶり:有能な刑事だが、事件を解決するためには手段を選ばない。確信した容疑者にはしつこく食らいつく。
部下:新人の森野の教育係を担当。(武部は森野に“毒”がないことから、彼は刑事に向かないと思っている。)

キャスト:村上淳(むらかみ じゅん)…1973年7月23日生まれ。ディケイド所属。NHKでは『八重の桜』『マチ工場のオンナ』などに出演。

村上淳さんのコメント

台本をいただき、この作品と対じできることを想像すると興奮しました。

そして大好きなスタッフたちがたくさんいるNHK大阪。演出の鈴木さんとのお仕事は初めてでしたが、共に丁寧にドラマを構築し合える時間となったのを“肌”が覚えているので、ユニークな作品に仕上がっていると思います。

みなさまにお楽しみいただけたら幸いです。

NHKより

牧瀬里穂(役:新山律子)

牧瀬里穂
©NHK

登場人物:新山律子(にいやま りつこ)…41歳。デザイナー。(第7話、第8話ゲスト)

死因:刺殺
殺人犯の母を持ち、極貧の生活を送っていた。
努力と才覚で大学を卒業し、現在は店舗デザイナーとして成功。
数年前に離婚。一人娘で中学生の美久との関係に悩む。
本人は覚えていないが、沙羅とは、浅からぬ因縁がある。

キャスト:牧瀬里穂まきせ りほ)…1971年12月17日生まれ。福岡県生まれ。ジェイアイプロモーション所属。映画『つぐみ』『四姉妹物語』ドラマ『二十歳の約束』などで主演を務める。90年代、宮沢りえ・観月ありさと共に「3M」と呼ばれ人気を博す。連ドラへは『まんぷく』(2019、NHK)以来の出演。

牧瀬里穂さんのコメント

台本をいただいて、とてもおもしろい設定であり、また考えさせられるストーリーだと思いました。そして役柄としてはこれまでに演じた事の無い役柄で、せりふもキツイ表現があったりと、果たして演じきれるのかと悩みましたが、やってみたいという気持ちの方が勝ちました(笑)

撮影時はまだ残暑厳しい時期でしたので体調を整えるのに苦労しましたが、ソーシャルディスタンスを保ちながら、スタッフの方々に助けていただきながら撮影をしたのもいい経験となりました。中条さんとは、今回初めてご一緒したのですが、イメージ通りのお人形さんのようなかわいらしい方でした。
だからこそクールな沙羅がぴったりだなと思いました。

一生懸命やっていてもうまくいかない、自分の想像通りの人生を歩めない。
というのは、みんなそれぞれあるかと思います。私自身もそうです。
そこに焦点を当ててずっと生きていくのか、それともまわりの優しさや自分の勇気を大切にして生きていくのかで、大きな違いがあると思います。
皆様の心に少しでも何か引っかかったり感じてくださったらうれしく思います。

NHKより

【閻魔堂沙羅の推理奇譚】の放送日

放送開始日:2020年10月31日(土)スタート。全8回。

放送局:NHK総合

放送日時:毎週土曜23時30分~(「よるドラ」枠)

※撮影は大阪府内にて6月26日からクランクイン。

【閻魔堂沙羅の推理奇譚】の見どころ

見どころ①前代未聞のミステリー!

あの世の裁判官である、閻魔大王の娘・沙羅(さら)は死者復活を賭けた推理ゲームを仕掛けます。

この不思議な設定こそが推理ドラマの常識外れを成し遂げることに。

なんと、被害者自身が、自分の殺人事件の真相を解決する、異色のミステリードラマなのです。

死の真相を探る点は、ドラマ化もされた「死役所」にも似ていますが、本作は推理劇を強調した作品。

さらに見どころ②としてあげたいのは、中条あやみが着こなす、美しく色あざやかでバラエティーに富んだ〝裁判官ファッション〟

ほか、ゲストも含めて共演者も楽しみですね。

【閻魔堂沙羅の推理奇譚】のスタッフ

  • 原作:木元哉多(きもと・かなた)『閻魔堂沙羅の推理奇譚』(講談社)シリーズ
  • 脚本:古家和尚(「イノセンス 冤罪弁護士」「行列の女神〜らーめん才遊記〜」ほか)
  • 音楽 :岩崎琢
  • 制作統括:出水有三
  • 演出 :渡辺良雄、葛西勇也、石川慎一郎、鈴木航
  • 制作・著作:NHK大阪放送局

※当記事アイキャッチ画像の出典:テンカラット講談社

閻魔堂沙羅の推理奇譚
スポンサーリンク
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】