映画【劇場】のネタバレ感想と結末考察!松岡茉優と山﨑賢人の愛にホロリ、ぽろぽろ

映画【劇場】のネタバレ感想と結末考察!
又吉直樹の小説【劇場】の実写化映画【劇場】が2020年7月17日より、劇場とAmazonプライムで公開されました。
永田(山﨑賢人)沙希(松岡茉優)の切ないラブストーリーの結末は?
びっくりの結末から永田と沙希の愛を深堀り!
映画【劇場】のネタバレ、感想、結末考察を紹介します。

劇場
「劇場」沙希(町田啓太)と永田(山﨑賢人)

2020年7月17日、全国のミニシアターを中心に劇場公開。
同日よりAmazonプライム・ビデオにて独占配信。(2020年7月現在、最新情報は公式サイトでご確認ください)

スポンサーリンク

映画【劇場】の内容

高校時代の友人・野原と劇団「おろか」で脚本家兼演出家を担う永田(山﨑賢人)。
永田の作品は不評で劇団員からも見放された永田は、演劇と理想に悩み、孤独を感じていた。
そんなある日、渋谷で沙希(松岡茉優)と出会う。永田は、珍しく積極的に自分から声を掛ける。
この日から二人の恋が始まった……。

映画【劇場】のネタバレ

永田(山﨑賢人)の心の声
「いつまでもつだろうか」
から物語は始まります。
「いつまでもつだろうか」は、所々でふと漏れる永田のつぶやきとなっています。
物語は永田の心の声がふんだんに流れていきます。
(以下、<>内は永田の心の声。)

永田(山﨑賢人)と沙希(松岡茉優)の恋の始まり

劇場
劇場


画廊を覗きこむ永田(山﨑賢人)
そこに、画廊を覗く女性(沙希・松岡茉優)
永田と目が合い、軽く会釈するが、すぐに立ち去る。
永田は追いかける。
「靴、同じ」
と足を差し出すと、二人して黒のローカットスニーカー。
何気ないナンパでもあるがお金のない永田は
「本当は涼しい場所で飲み物でも、でも僕はお金がないので、またいつか会えたら……」と言う。

結局、永田はその女性とカフェに。
アイスコーヒーをおごってもらう。
女の名は沙希。青森出身。女優を目指して高校卒業後、上京。
沙希に何をしているか訊ねられ、永田は
「芝居の本とか書いてます」と答える。

<僕の憂鬱の根源は演劇にある>

高校時代。
永田は野原(寛一郎)と出会う。
野原は、音楽、映画、文学、格闘技に詳しく、触発された永田は、シナリオを書くようになり、それを野原に見せるようになった。
高校を卒業した二人は上京し劇団「おろか」を設立。しかし、客足はわずか。公演のたびに酷評。

そんなことを沙希には語れず、永田は棚にあるお酒の話にすりかえる。
この日、連絡先を交換して渋谷駅で別れる。

<いつまでもつだろうか>
永田は不安と格闘。

**

ある日、劇団「おろか」の劇団員に呼び出される。
永田の脚本は不評なようで、この時、劇団員の3人が辞めてしまう。
永田はそれでも脚本を書き続ける。

<自分は何のために演劇をやっているのか。
意味はある。しかし、そこに理由はつけれらない>

野原からのアドバイスに従い、永田は沙希にメールをする。
『明日、渋谷に家具を見に行きます。もし、暇だったらついて来てくれませんか』
なんと沙希はOK。そして、渋谷で待ち合わせ。

沙希は同じ速度で歩いてくれる。
永田は、それが嬉しかった。

**

「その日」の脚本ができ、公演をすることになる。
女役を沙希に頼むことにする。

永田は沙希に脚本を見せる。
すると、沙希は涙をこぼし「感動した」と言う。
そこで、永田は女役をやってほしいと頼む。
こうして沙希は永田と野原とともに舞台に立つことになる。

永田の脚本「その日」は、沙希の芝居もうまく好評を得た。
公演の打ち上げでは、沙希の演技は称賛される。

下北沢の公演以降、定期的に公演を行うが、沙希を起用することはなかった。
稽古日が増え、日雇いのバイトにも行けず、貧乏になっていく。
永田は沙希のアパートに転がりこむ。
こうして二人の生活が始まる。

永田(山﨑賢人)と沙希(松岡茉優)の暮らし

永田はやましいことがあるとブロックを持ち帰る。
沙希はそのたびに笑う。

沙希の誕生日。
永田が財布をプレゼントすると沙希は声をあげて泣いた。
永田は、感情に従順な人間を尊いと思うようになる。
互いに影響され、好きな音楽も共有するようになる。

沙希のところに母から小包が届く。
「お母さんがね、半分は知らない男に食べられるの嫌だって言ってた」
と言うと
「俺、沙希ちゃんのオカン嫌いだわ」
と永田は、不機嫌になり沙希を責める。

沙希は「お母さんのこと、悪く言わないで」と母を庇い、そして、永田に「ごめんね」と謝るのだが、永田は散歩だと外に出ていく。

永田は、自分の態度を悔いながら、沙希に謝ることができない。

永田が目覚めると沙希から「ごめんね」とメモがある。
ご飯の支度もしてあり、それを食べる。

<沙希は、徹底して僕に甘かった>

沙希が学校の友達と話していると遠くで待つ永田。
沙希から
「永くんてさ、他の人といるとき、別人みたいだね」
と言われる。
沙希はディズニーランドに行きたいというが、永田は行きたくないという。
永田は心の底で「自分なんかと行っても楽しくない」と思っている。

お金がなくて、外食もできない二人は、アパートが“安全な場所”だった。
沙希は舞台衣装を作り、永田はお面を作る。

<二人で徹夜をして作業をする時間が好きだった>
沙希が笑う顔をみると、永田は、自分のシナリオが上等に思える。

永田は家賃も払わず、好きな物を買うことに後ろめたさはあるものの我慢はしない。外食をし本を読む。

ある日、沙希は学校の男子からバイクを貰ってきた。
「永くんも乗る?」と沙希は永田にヘルメットをかぶせる。
永田はその男子に嫉妬する。
バイクに乗る永田は無邪気な沙希に腹が立つ。それは自分への腹立たしさでもある。沙希が止めるようにふざけていても、バイクを止めることをしない。
散々、バイクを乗り回して、部屋に戻ると沙希は
「どうして、止まってくれなかったの?」と。
沙希は
「永くん、たまに何を考えているかわからないときがある、どう接していいかわからないときがある」
と打ち明ける。

永田はバイクを自分で壊し「運転していて壊れた」と嘘をつく。
その日から、沙希は学校に行かなくなってしまった。
永田は沙希に学校に行くように言い、沙希は卒業をした。

沙希は、昼間は洋服屋で働き、夜は居酒屋でバイトをする。それでも、永田の生活は変わらない。仕事をせず、ゲームをして散歩をし、演劇のことだけを考える。

沙希は永田に光熱費だけ払ってほしいと言うが、永田は
「ここ沙希ちゃんの家やし。人の家の光熱費を払うのがわからん」
と言い訳をし、結局、光熱費は払わないままに過ぎる。

**

ある日、野原と「まだ死んでないよ」という劇団の公演を観に行く。
永田は感動し涙をこぼす。“次元が違った”と感じる。
「まだ死んでないよ」を主催する小峰は同じ年だと知り嫉妬する。

青山(伊藤沙莉)と再会

「おろか」にいた青山(伊藤沙莉)と再会する。
青山は演劇関係の記事などを書いていて、仕事をひとりで捌けず永田に「記事を書いて欲しい」と依頼してきた。
その日、永田はたこ焼きを買って帰る。
沙希から「なんかいい事あった?」と。
たこ焼きを買うときは、嬉しいことがある、と沙希。
永田は否定するが、沙希は「あたしね、結構、かしこいとこあるからね」とポツリという。
永田は沙希が笑うように一生懸命だ。その時間が続くことを願っていた。

**

沙希は新しい部屋を探し出すが、永田は気が進まない。
ひとりで執筆をしたい、と思い始めたから永田は、一人暮らしをすることを計画する。
創作をするとき、沙希の存在が邪魔だと感じるようになったのだ。

そして、永田は、沙希のアパートを出ていく。
家具や本はそのまま置いておいて、という沙希の希望を聞き入れ、永田は高円寺のアパートに布団だけを持ち込み、暮らし始めた。

壊れていく沙希(松岡茉優)

青山に誘われ演劇関係の人間と飲むようにもなる。
評論家に逆らう発言をして青山に注意された帰り、永田は沙希のアパートに行く。

劇場
【劇場】

寝ている沙希を起こす。
沙希は目を閉じたまま話をする。
疲れる飲み会の席には「もう行かない方がいい」といい、
「なぁ、ここは安全か」
と訊く永田に
「ここが一番安全です」
と。
ベッドに横たわる沙希の隣に寝る永田。
「手、繋いでって言うたら明日も覚えてる?明日忘れてくれるんなら繋ぎたいと思って」
永田は手を繋ぐことを恥ずかしいと思っている。
沙希は手を繋いでくれ、そっと、永田を抱きしめる。

この時、永田は“守られていたの僕のほうだった”と気づいた。

**

青山は沙希のことを知っていた。
沙希の彼氏が「最低だ」と噂していたら、それが永田だったと笑って話す。
その話を聞くと、永田はバカにされたと思う。
沙希に「俺のことバカにしてる」と怒る。
沙希は「馬鹿にしてない」と言うが、永田は怒りがおさまらない。
この日から、永田は沙希の部屋に行かなくなる。

沙希からメールが来ても会いに行かない。それでも、お酒を飲むと気が大きくなり会いに行く。

ある夜、永田が部屋に行くと沙希は
「私、お人形さんじゃないよ」と言う。
その日から夜中に行くと沙希がいないこともあり、家にいても酒に酔っていることが増えていった。

**

店長と舞台を観に行ったという沙希。
永田はそこに怒りを感じる。
「俺のは観にこないのに」と責める。
この件で言い争いになり、沙希は「私のことバカにして」と言い出し
「永くんさ、私がほかの人のお芝居褒めたら嫌な気持ちになるでしょ。だから、気をつかってたんだよ。永くんさ、私のこと一度も褒めてくれたことないんだよ」
さらに沙希が観劇した舞台を
「すっごい面白かったよ!」と言い、永田はモノにあたり散らす。

「永くんおかしいよ。私、27歳になるんだよ。地元の友達、みんな結婚してさ。こんなの私だけだよ。適当に遊んでたっていい。ここに帰ってくるから許せてたんだよ。何考えてんのかわかんないよ」
沙希は泣きながら永田を責めた。

**

<いつまでもつだろうか>

再び、沙希のアパートに行くと沙希はまた飲んでいた。
永田がお面をかぶってふざけても、沙希は笑わなかった。

**

沙希からメールが来たが返信をしないでいたら、再びメールが来ていた。
それでも返信しないでいた永田は、ある日メールを開く。
メールには「花見をしよう」とあった。

沙希のバイト先を訪ねると、田所(浅香航大)から「沙希は店長と帰った」と言われ、店長の家の場所を聞く。
ここで、永田は小峰と対面した。
「いつか、また舞台やってくださいね」と言う小峰(井口理 (King Gnu))と握手をして別れた。

桜の下を自転車で

店長の家の外に沙希の自転車がある。
永田は沙希が出てくるまで自転車のベルを鳴らし続ける。

「帰ろうか」
沙希は何も言わず、自転車の鍵を永田に渡す。
沙希を荷台に乗せ、永田は走り出す。
沙希は無言だ。
「ここ右に曲がったら交番があるよ。見つかったらお尻あげて……。
最近、本当にみんな幸せになったらいいって思うよ。
初めて会ったとき、沙希ちゃんのこと神様だと思ったよ。
みんな、うまくいかんねぇ。俺の才能が足りないからね」

永田はひとりでずっとしゃべる。沙希は何も言わないが永田の背中に頬を寄せる。
「桜を見にいこう」
満開の桜の下を自転車を走らせる。

**

梅雨に入った頃から、沙希は酒の量が増え、永田が会いにいくと布団をかぶって泣いていた。
「久々に外に行ったら、美容師に声を掛けられて、名刺をグイグイ押し付けられた。断ったら、色々言われちゃった」
永田は名刺を見て電話をし、抗議を始める。
「もう、いいの」
と沙希は言うが、永田は「そいつに会いに行く」と雨の中、出ていく。

そこに青山から電話があり、永田は青山と野原と会う。
二人から沙希と別れるように言われるが、永田は「人の意見を聞けない病」だと。
「最後に笑えたらいいと思ってる」と告げ、沙希の元に帰る。

**

沙希はまた飲んでいる。
「飲み過ぎるな」と永田。
沙希は上機嫌。
沙希の好きなアイドルグループのDVDを見つけた永田は
「一緒に見よう」とDVDを二人で見る。

沙希
「永くん、あたしもう東京ダメかもしれない」
「そっか」
「永くん、ひとりで大丈夫?」
「俺は大丈夫やで」
沙希は青森に帰ると。
「ごめんね」
「別に謝ることじゃないでしょ」

どこまでが現実、どこまでが演劇か

沙希はアパートの荷物をそのままにして実家に帰った。
沙希は青森で働くことに決め、永田は沙希の荷物を整理する。

<いつまでもつだろうか、次に不安が押し寄せてくるのはいつだろうか>

一度、整理した荷物を再びもとに戻した永田。
沙希がやってきて、二人で荷物を片付ける。
二人でやった舞台の台本を開き二人で台本を読み始める。
途中から台本にないセリフを永田が言い始め、次いで沙希も言う。

「俺は迷惑ばっかりかけた。夜の仕事もさせたくなかった。俺の収入が安定していればな」

沙希は永田に変わらないことは悪いことじゃない、自分が時間とともに変わってしまったんだ、と。
そして、永田に感謝の言葉を口にする。
「永くんと会えて本当に嬉しかった。私はずっと諦めるキッカケを探してた。永くんのおかげで東京を楽しい気持ちで歩けた。永くんがいなかったら、もっと、早くに帰ってた。だから、ありがとう」

永田
「演劇ができることって何だろう。そしたらさ、全部だったよ。演劇でできることは現実でもできる。だから、演劇がある限り、絶望することはないんだ。
だから、今から俺がいうことはある意味本当のことだし、全部本当のことね。

沙希ちゃんは実家に帰る。そして元気になる。
俺は認められるかもしれない。お金もいっぱい貰える。そしたら、沙希ちゃんも元気になってるから、おいしものを食べよう。旅行に行こう。露天風呂に入ろう。海外で一緒にテーマパークに行こう。沙希ちゃんの好きなもの、全部、買ってあげる。そうだ、財布、買ってあげるよ」

ここでアパートの仕掛けが取り外され、二人は舞台の中央に。
「ルーフバルコニーの大きな家に住もう……」
永田は夢をふくらませ、話す。
「一番、会いたい人に会いに行く。こんな当たり前のことが何でできなかったんだろうね」

衝撃のラストシーン

客席にもうひとりの沙希がいる。
「ごめんね」
涙を流す。

場内は暗くなる。
そして……。

「ばぁあ、ばぁあ」
スポットライトが永田に。
永田がお面をかぶり「ばぁあ」を繰り返す。

「沙希ちゃん、ほら、それじゃダメだって」
客席の沙希が泣きながら笑う。

舞台は拍手に包まれる。
舞台には「おろか」のメンバーと沙希がいる。

会場は明るくなり、全員が退席。
客席にひとり残る沙希が席を立ち、舞台を見つめ、そして劇場は空っぽに。
スクリーンに「劇場」

<完>

映画【劇場】の感想

映画【劇場】の結末考察

結末以外は、又吉直樹さんの【劇場】がそのまま映像化されています。日々の小さな出来事から、永田と沙希の心が流れていきます。
ラブストーリーというと性描写があることが多いですが、それがないのが逆にいいです。激しくはなく、とてもリアルに感じる。
永田は自分を責めながらも沙希を愛し、沙希は永田を愛しながら不安になる。
二人の切ないラブストーリーは、余韻を残し胸が痛くなります。
山﨑賢人さんが全くこれまでと違う男を見事に演じています。そして、松岡茉優さんが演じる沙希の必死さがたまりません。
自転車で桜を見る場面、そして、ラストの永田のセリフは感動。
映画は、この物語が舞台で演じられているラストです。
永田は沙希との物語を舞台にし、成功をした。それを沙希が青森からやってきて観ている、と捉えています。沙希が涙を流して「ごめんね」というそれは、永田とともに生きられなかった「ごめん」なのだろうと思います。
映画ならではのラスト。最後に舞台が映り【劇場】と出ることで、永田の舞台を観劇していた感覚になりました。

記事内画像:映画【劇場】公式サイト

映画
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】