2021年冬ドラマ
番組情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

【仮面ライダーゼロワン】36話のネタバレと感想!最大の敵アークゼロ登場で垓は蚊帳の外?

【仮面ライダーゼロワン】36話のネタバレと感想!

【仮面ライダーゼロワン】36話からいよいよ最終章に突入、最強の敵アークゼロが誕生します。

一方で垓(サウザー)が蚊帳の外状態になっている気がしますが大丈夫でしょうか?。

今回の記事では【仮面ライダーゼロワン】の36話「ワタシがアークで仮面ライダー」のネタバレと感想などをお伝えします。

 
スポンサーリンク

【仮面ライダーゼロワン】36話のネタバレ

ネタバレ1 諫の悩み

或人(高橋文哉)は飛電製作所だからこそ作れるAIについて考えていた。すると若い女性に混ざって占いの行列に並んでいた諫(岡田龍太郎)を発見する。

諫は亡くなっていたと思っていた家族が生きており、「連絡をしていないことを心配していないか?」、「今更会いに行って問題ないか」と心配していた。

イズ(鶴嶋乃愛)は占い師ヒューマギア・東品川の母(上村依子)を紹介し占ってみる。「忘れた方がいいかもしれない」という東品川の母に対して、諫は「こういうのじゃねんだ。」とモヤモヤは消えなった。

そんな諫の様子を見ていた或人は「話を聞いてくれるだけでもいいんじゃないか?」と思いつく。

ネタバレ2 アーク復活

「人類の滅亡はすでに決まっている。」

滅亡迅雷.netの4人のシンギュラリティポイントのデータでアーク(CV速水奨)は復活を果たした。

復活したアークは動き出し巻き込まれた亡(中山咲月)は故障してしまう。アークはアークゼロドライバーへと姿を変える。

滅(砂川脩弥)に取り付いて器として完全に意識を乗っ取ってしまう。

迅(中川大輔)と唯阿(井桁弘恵)はその姿に驚愕しつつも仮面ライダー迅、バルキリーに変身する。

アーク「裏切っていたことは分っていた。」

アークは迅が裏切っていたことを感知しており仮面ライダーアークゼロに変身する。

仮面ライダーアークゼロはデータにある武器を瞬時に作り出し2人を圧倒、その力は圧倒的で唯阿は変身解除におい込まれてしまう。

迅はなんとか唯阿を救助して病院へと運び込む。

迅「僕は正義を叶えるよ。」

と意識の無い唯阿に囁く。

一方、亡を修理する雷(山口大地)のもとにやってきたアークは「迅は必ず帰ることになる」とする。

ネタバレ3 友達型AI

或人は博士ボット(六角慎司)の力を借りて、飛電製作所では初めてとなるオリジナル人工知能を開発する。

友達型AI合いちゃん(CV:M・A・O)はヒューマギア型ではなったが或人の理想としては十分だ。或人は「話を聞いてもらえれば」と諫にアイちゃんを渡す。

「会ってみれば」というアイちゃんの助言を受けて諫は家族が住み家へと向かう。そこには両親と兄弟が仲良く暮らしていた。

諫は一目見れただけでも満足で安心し、モヤモヤは消えていた。

一方、ザイアの垓社長(桜木那智)は「武力には武力で対抗する」という考えの下、飛電インテリジェンス名義でレイドライザーの一般販売を発表する。

或人は「人とAIが未来を繋げる」という飛電インテリジェンスの理念に反するとして福添副社長(児嶋一哉)に電話で反対を訴える。

だが、福添副社長は今はあくまでも垓の下で働いており「仕方がなんだ」と或人を突き放してしまう。

ネタバレ4 最強の敵仮面ライダーアークゼロ

或人と諫、イズは連絡を受けて唯阿の見舞いに行く。唯阿の口からアークの復活と迅と何をしようとしていたのかが語られる。

  • 迅はアークを敵とみなして地上に誘き寄せた後に倒そうとしていた
  • アークの復活には亡の力が必要で唯阿に諫との分離を依頼した
  • 「アークを倒せばザイアも止められる」とも考え唯阿は手を組んだ
  • 滅をアークの器にしようとした

だが、アークの力は予想以上で滅は完全に乗っ取られてしまった。

唯阿「私のせいだ…」

「止められる相手ではない…」

唯阿は責任を感じあまりの恐怖から泣き出したしまう。

それでも或人はデイブレイクタウンに向かいアークを止める決意をする。諫もともに向かうことにして「助けになれば」と唯阿にアイちゃんを渡す。

向かう最中にアイちゃんのおかげで諫は「普通であることの幸せ」を感じていた。

デイブレイクタウンに到着し仮面ライダーアークゼロが2人の前に立ちはだかる。

或人はゼロワンメタルクラスタホッパーに諫もランペイジバルカンに変身しする。2人は全力の攻撃で仮面ライダーアークゼロを押し切り、変身解除に追い込む。

が、爆煙の中から現れたのはアークゼロドライバーを装着した迅だった。アークは迅の体を乗っ取っていた。

アークは再び滅の体に戻ると仮面ライダーアークゼロに変身、今度は全力で攻撃を仕掛けていく。

その圧倒的な力の前でゼロワンは反撃することすらも出来ず、攻撃を浴びるしかなかった。

【仮面ライダーゼロワン】36話の感想とまとめ

アークの復活と仮面ライダーアークゼロの誕生

【仮面ライダーゼロワン】36話ではいよいよ最終章に突入し最強の敵・仮面ライダーアークゼロが誕生しました。

スーツアクターはライダー界のレジェンド高岩成二さんです。

  • 変身前:砂川脩弥さん
  • 声(CV): 速水奨さん
  • スーツアクター:高岩成二さん

これだけ見ても最強です。

ちなみに仮面ライダーアークゼロのスペックを比較してみるとゼロワンメタルクラスタホッパー、ランペイジバルカンと大差は無いです。

ただ、公式サイトのアークゼロドライバーの説明には「マージンブロック:前例のない事態に対応するために用意されたさらなる進化への余地。」とありました。

仮面ライダーアークゼロは今後、強化・新フォルム搭乗させる気満々のようです。

垓は何をしている?

仮面ライダーアークゼロが登場しましたが垓(サウザー)との決着は付いていません。

垓はレイドライザーを兵器として売り出すという当初の目的を果たそうとしています。

が、或人達は既に仮面ライダーアークゼロとの戦いへと向かい垓(サウザー)が蚊帳の外状態になっています。

仮面ライダーアークゼロは滅亡迅雷.netの器とし、諫と唯阿のチップにも干渉できます。このままレイドライザーが乗っ取られて大惨事を引き起こしそうです。

垓(サウザー)がいいところなく終わってしまっている気がしますが、今後見せ場はあるのでしょうか?。

【仮面ライダーゼロワン】37話では仮面ライダーアークゼロが本格的に動き出します。

さらに亡がついに仮面ライダーに初変身して滅亡迅雷.netライダーが勢ぞろいします。

2020/7/5(日)9:00~の放送をお楽しみに。

特撮
スポンサーリンク
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】