2020年秋ドラマ
情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

【スカーレット】最終回の視聴率とネタバレ!いつもと変わらない特別回に視聴者涙!

スカーレット-2
出典Amazon

【スカーレット】最終回の視聴率とネタバレ!

戸田恵梨香主演のNHK朝ドラ『スカーレット』最終回が2020年3月28日(土)に放送されました。

放送後、最終回のような演出はなく“いつもと変わらない”特別が描かれた回に、多くの視聴者も感涙!

今回は朝ドラ『スカーレット』最終回の視聴率・あらすじ・感想を紹介します。

(動画配信はNHKオンデマンド、または新規登録で無料ポイントがもらえるU-NEXT。※配信は2020年3月時点の情報

【スカーレット】の視聴率と最終回ネタバレ!戸田恵梨香が陶芸家役 骨髄バンク設立は演じる?
朝ドラ【スカーレット】の視聴率と最終回ネタバレ!戸田恵梨香が陶芸家役 骨髄バンク設立は演じる??2019年度後期のNHK朝ドラは、戸田恵梨香主演の『スカーレット』。気になる、あらすじネタバレと視聴率を最終回までまとめます。今回は朝ドラ【スカーレット】全話の視聴率とあらすじネタバレ、最終回ネタバレなどについて。
スポンサーリンク

【スカーレット】最終回の視聴率

『スカーレット』最終回の視聴率は、20.5%!

最高視聴率は第12話の22.4%。期間平均視聴率は19.4%でした。

(視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区・リアルタイム)

【スカーレット】最終回のあらすじ

喜美子(戸田恵梨香)は武志(伊藤健太郎)と信楽の仲間とびわ湖に出かける。

「武志、ニッポンイチの湖や、よう見とけ、こっちの心も大きくなるで」喜美子は武志に声をけた。

4月。武志は百合子(福田麻由子)の娘・桜と桃と交わしたピアノの発表会を観に行くという約束を果たす。

武志は闘病しつつ作陶を続ける。そばでは喜美子も陶芸に励む日々を送る。

そんなある日。「ギューしたろうか、ギューしてええ」喜美子は武志に問いかける。

喜美子に強く抱きしめられる武志は、「幸せやで」と告げた。

「幸せか。幸せやな武志、幸せやあ」喜美子はより一層、力を込めて武志を笑わせた。

・・・2年後。武志は26才の誕生日を前に旅立った。

喜美子は武志の作品を大崎(稲垣吾郎)と共に見つめる。武志は作品を残した。作品は生きていた。

作品作りに挑戦する大崎(稲垣吾郎)。喜美子から釉薬(ゆうやく)の説明を聞いた後、大崎は武志が亡くなる3日前の話をする。

集中治療室で握手をした。目が少し開いて手が動いたから「大丈夫だよ」と握ったら、意外と力強くで、コチラもそっと握り返した…。喜美子は微笑んでその話を聞いた。

そして、ある日の昼食後。八郎(松下洸平)も喜美子を訪ねてきた。縁側でみかんを食べながら話をする2人。

八郎は、長崎に行って卵殻手(らんかくで)に挑戦するという。

喜美子は、「死なさへん、お母ちゃんが生かしたる」と武志に言ったことを「うちのエゴや」と嘆いた。「何とかしたかった。そんなの無理やのにな」

「あんなあ」八郎は話題を変えた。武志にお義父さんと居酒屋あかまつで飲んだ話をした。武志が産まれて嬉しかったことを話すと、「お母ちゃんに言うといて欲しい、俺を産んでくれてありがとう、…言わんでええ気恥ずかしい」って言っていたこと。

「言うてしもうた」「聞いてしもうた」喜美子と八郎は笑い合って、「また会って話ししような」「次会うときは陶芸家・十代田八郎か」「すぐ挫折して帰ってくるかも」「帰ってくんな、一生懸命やってこい」

信作(林遣都)はひとりで長崎に遊びに行くという。百合子はお母さんコーラスを始める。照子(大島優子)は野菜を喜美子に持ってくる。

そして今日も喜美子は陶芸に打ち込む。窯に薪を投げ入れる。炎は消えない。

【スカーレット】最終回の感想

SNSの反響は?

【スカーレット】クランクアップコメント

出典映画ナタリー

主演・戸田恵梨香さんのコメント

やりきりました。役を生きられたなと感じる作品が今までいくつかありましたが、喜美子という女性を生きることにまったく違和感がなく、無理がなくて、自然と家族と一緒に年を取ることができました。『スカーレット』は日常の小さな幸せがとてつもなく幸せなんだというテーマで描いていました。私自身も幸せで、撮影の約1年間が日常となっていました。その日常があしたからなくなると考えると不思議な感覚です。いまだに終わったなという感覚がありません。あすあさってもこの場所にいそうなほどです。自分にとって財産となる時間を過ごすことができました。笑顔で支えてくれたスタッフのみなさんに感謝です。

作品としては、喜美子に試練が続きます。けれど、本気で自分の人生を生きているひとりの女性の姿を通して、多くの人たちに力を渡せる作品になると思うので、力強い喜美子を見守ってもらえたらいいなと思います。「しあわせのかたち」っていうのは人それぞれ。喜美子が出すその答えを、楽しみ に見てもらえたらいいなと思います。

出典https://mdpr.jp/news/detail/1983689

松下洸平 役・松下洸平さんのコメント

 

この投稿をInstagramで見る

 

スカーレット、八郎!! 昨日無事にオールアップしました。 この1週間、出演者の皆様のクランクアップを見届け最終日までお芝居出来た事を心から嬉しく思います。 7ヶ月間で、30年間を生きました。 僕にとって八郎はもはや実在しております。 彼らの人生は続いていく。 妖精、あ、小人さんは30年の時を経てウチにやってきたよ。 (実際に撮影で使ったものを大事にとっておいてくれました。) 2枚目は持ち道具の皆様から。 おむすびと、新人賞の赤い器。 下駄は「家路に着くまで無事でありますように」と言うメッセージが込められているそうです。 全てのスタッフ様、監督、制作の皆様。 そして喜美子八郎。 僕を見つけてくれてありがとうございました。 明日からも是非ご覧ください。 #スカーレット #十代田八郎 #川原八郎 #biglove

松下洸平(@kouheimatsushita_official)がシェアした投稿 –

『スカーレット』は、戸田さんのコメントにあるように「日常の小さな幸せ」を静かに丁寧にすくい取ったような朝ドラ。

最終回になっても、主題歌とともにエンディングなど特別なことはしない。いつも通りのオープニング。しかし、それこそが特別な回。

まだ喜美子の炎は消えない、最愛の人が亡くなっても続いていく。そんな人生のリアルを表現しているかのような余韻が残りました。

スタッフ・キャストの皆様、半年間、お疲れ様でした。今後の活躍を期待しています。

スカーレット
この記事が気に入ったら
いいねしよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】