【やすらぎの刻~道】最終回のネタバレと感想!菊村(石坂浩二)が待つ律子の合図は?

テレビ朝日【やすらぎの刻~道】最終回のネタバレと感想!
菊村(石坂浩二)の原稿が何者かによって流出!
いったい誰が?菊村は怒りにかられ、犯人さがしをするのだが……。
1年の超大作・倉本聰脚本【やすらぎの刻~道】最終回が2020年3月27日に放送。
テレビ朝日開局60周年記念作品の帯ドラマ。「やすらぎの郷」の続編。
【やすらぎの刻~道】最終回のネタバレあらすじと感想について。

【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末! テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰脚本の1年に渡る超大作。『やすらぎの郷』の続編。…
【やすらぎの郷】(2017年4月~9月)の続編。 「帯ドラマ劇場」【やすらぎの刻~道】(やすらぎのとき ~みち)がスタート。 テレビ朝日…
スポンサーリンク

【やすらぎの刻~道】最終回のあらすじ・ネタバレ

【やすらぎの刻~道】最終回のあらすじ

【やすらぎの刻~道】最終回のネタバレ

蒟蒻亭乙葉(笹野高史)は、菊村(石坂浩二)が書いたシナリオのコピーを読んだという。
それは、ロク(橋爪功)から回ってきたという。

金庫にコピーを入れるのを手伝ったスタッフ、奈々(東松史子)一馬(平野勇樹)に聞きに行く。
金庫には触れていないというので、菊村はエリ(板谷由夏)に頼んで慌てて金庫を開けてもらい、そこで、興奮しながら、緑(草刈民代)とエリに、シナリオが読まれていることを説明する。

逆上した菊村は犯人さがしをする。

まずは、ロク。
ロクは自分が公平の役だと嬉し気。
ロクは冴子(浅丘ルリ子)から回ってきたと言う。
冴子はしのが自分の役だと言い、マヤ(加賀まりこ)から回ってきたと言う。
マヤに「原稿を持ち出したのか」と言うが、マヤはマヤでしのの役は自分だと言い……。

そこに、緑とエリが駆けつけてくる。

「原稿を読まれたことは、裸を見られたようなものだ」と怒りが収まらない菊村。

尊厳を無視された気がした菊村は、ひとり部屋に引きこもる。
原稿を見直そうと思うが、空腹で頭が回らない。
ドアをノックする音も無視しながら、3日が経ち、4日目の朝が来た。
ノックの音がなくなったかと思ったら、窓ガラスが割られた。
そして、秀次(藤竜也)らが入ってきた。シェフがトーストを届ける。菊村はがっついて食べる。

秀次は事情を把握しており、現在、犯人さがしをしているという。
奈々はやってない、一馬もやっていない、と。

そして、菊村にシナリオ【道】がいかに「やすらぎの郷 La Strada」の住人に夢を持たせたかを語り始める。

「みなさん、役者の稼業を辞めていると思っているだろうけど、だれもが、今一度注目される機会を待っている。それが消えてしまった。憐れだと思いません?
その魂に火がついたんです。先生の作品なら、出させてもらいたい、みんなそう思っていたんです。これは、凄いことです。みんな、先生に期待しているんです。みんなこのままじゃ終わりたくないんです。
凄いことじゃないですか。ねぇ、先生。許してあげてください」

菊村は、秀次の言葉が沁みた。

**

理事長・名倉(名高達男)からカサブランカに招かれた菊村。

原稿ができあがったお祝いだと乾杯をする。

「謝らなくちゃいけないことがあるんです」
と名倉。
なんと、金庫から原稿のコピーを持ち出しコピーしたのは名倉だった。

マヤと話をしてどうしても見せてあげたくなったのだ、と。
菊村は
「もういいことです」
と、名倉のことを許す。

「実を言うと、シナリオを書き終えて、こうしてお祝いしてもらうのは初めてだ」
と告白する菊村。
「撮影が終わればお祝いもあるが、シナリオが終わった時点ではお疲れ様で終わりだ」
と、話す。

そこに、冴子とマヤがやってきた。
マヤが強引に原稿を見せてもらった、と謝り、冴子は「私が」と二人が謝る。
菊村は「もういい」と二人を招く。
そして、二人とも乾杯をする。

**

その晩、夢を見た。
それは、しの(風吹ジュン)公平(橋爪功)が「先生、おめでとう」と乾杯をする夢だった。

**

原稿騒ぎが収まったとき、マロ(ミッキーカーチス)の娘が手紙を持ってきた。

マロの手紙
「先生、まだ生きてるのか。俺は死んじまった。
マヤもお嬢も相変わらずだろう。
お前にひとつ頼みがあるんだ。お前の書いてるシナリオ、俺の出番があっただろうけど、付き合ってやれなくてごめん。それより、お嬢らを出してやってくれ。
台本を映像化しないことはわかってる。けどよ、あいつらに台本を見せてやってくれ。夢を持たせてやってくれ。夢を見てるうちに死んじまうよ。
頼むよ。こっちで待ってる。またスケベな話をしよう」

**

菊村は原稿を持ち、車を走らせる。

「原風景というのは最後に自分が帰りつきたい景色」
とロクの言葉が浮かび、そして……

【道】の名場面を思い浮かべる。

公平(風間俊介)がイノシシに追いかけられ、しの(清野菜名)に恋をする。公次(宮田俊哉)の出征、りん(豊嶋花)との別れ、三平(風間晋之介)の死、しのと公平の結婚、ニキビ(関口アナン)、ハゲ(両角周)、青っ洟(若林元太)……。

公平(橋爪功)としの(風吹ジュン)のもとに翔(菅谷哲也)が。除夜の鐘の思い出。剛(田中哲司)、ニキビ(山本圭)、ハゲ(ミッキーカーチス)、しのぶ(清野菜名)、竜(駿河太郎)、詩子(渡辺早織)……。

【郷】での出来事を思い出す。

マロ(ミッキーカーチス)、秀次(藤竜也)、めぐみ(松原智恵子)、ロク(橋爪功)、冴子(浅丘ルリ子)、マヤ(加賀まりこ)、桂木夫人(大空眞弓)、玉子(いしだあゆみ)、誠(吉岡秀隆)……。

それぞれの出来事が走馬灯のように……。

**

菊村は墓参りに。

「律子、やっと完成したよ」
と原稿を置く。

「ずっと、ここにいるよ。もう、暇なんだ。お前がこれを読み終わるまで、ここで待つよ。読み終わったら合図をしてくれないかな。枯葉を転がしてくれてもいい、この花を揺らしてくれてもいい、青い空に小さな雲を浮かべてくれてもいい。なんでもいいから、合図をしてくれないか。それまでここで待ってる」
と墓石の横に座る。

青い空に一枚の葉が舞う。

「完」

【やすらぎの刻~道】最終回の見どころ

【道】の名場面

公平(風間俊介)がイノシシに追いかけられ「ついてない」という冒頭場面から、戦争、結婚、そして、平成になり、令和になるまでが、中島みゆきさんの歌声とともに流れます。

マロからの手紙

いつもふざけているマロからの手紙。笑いたくなるような中に、「やすらぎの郷 La Strada」のメンバーを思いやる、あったかい内容です。

【やすらぎの刻~道】最終回の感想

1年、欠かさずに見てきたドラマが終わりました。
菊村先生のシナリオは、「やすらぎの郷 La Strada」のメンバーの夢と希望。
そして、倉本聰先生のシナリオのドラマ【やすらぎの刻~道】は、ほっと一息つく“やすらぎの時間”でした。
色々なことがたくさんありました。エンドロール、若き日の公平(風間俊介)らに会えて嬉しくもなり、泣ける場面もあり……。
菊村先生、お疲れ様。律子の感想が聞きたいですね。
感動のラストでした。

2019年4月8日にスタートした【やすらぎの刻~道】。
春に始まり、ひと回りして春が来ました。
来年もまた春が来ますように♪♪

アイキャッチ画像:【やすらぎの刻~道】公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク