【スカーレット】24週のあらすじネタバレ!骨髄移植に望みを/水野美紀・溝端淳平ら再登場も

スカーレット

【スカーレット】24週のあらすじネタバレ!

戸田恵梨香主演のNHK朝ドラ『スカーレット』第24週「小さな希望を集めて」が2020年3月16日から3月21日まで放送。

武志(伊藤健太郎)を救うため、骨髄移植に望みを託す喜美子(戸田恵梨香)。そんな中、ちや子(水野美紀)・圭介(溝端淳平)ら再登場も!

今回は朝ドラ【スカーレット】第24週のあらすじネタバレについて紹介します。

*見逃した方はNHKオンデマンドまたは新規無料トライアルありのU-NEXTで!(2020年3月現在の情報です)

朝ドラ【スカーレット】のキャストとあらすじ! 2019年度後期のNHK朝ドラは『スカーレット』 主演は女優・戸田恵梨香、…
朝ドラ【スカーレット】の視聴率と最終回ネタバレ! 2019年度後期のNHK朝ドラは、戸田恵梨香主演の『スカーレット』。 …
スポンサーリンク

【スカーレット】第24週のあらすじネタバレ

第24週のタイトル:小さな希望を集めて

あらすじネタバレ(1)

武志(伊藤健太郎)のためドナー適合検査を受けた喜美子(戸田恵梨香)だが、白血球の型が一致せずドナーになれないことが判明。落ち込む喜美子は大崎(稲垣吾郎)から同じ病を抱える患者と家族の会の話を聞くも、父親である八郎(松下洸平)の検査にかすかな望みをかける。照子(大島優子)や信作(林遣都)の家族も検査を受けてくれることに。そんな中、ちや子(水野美紀)から連絡が。一方、武志は病を友人たちに明かしたところ

出典ヤフーテレビ

あらすじネタバレ(2)

喜美子(戸田恵梨香)の頼みで家族や友人が、武志(伊藤健太郎)のためにドナー検査を受けてくれるも適合者は見つからない。そんな折、喜美子の元にちや子(水野美紀)が会いに来る。自身もドナー検査を受けたことを告げ、知り合いにも呼びかけるというちや子。喜美子にアドバイスも送る。一方、武志の病状は徐々に進行。大崎(稲垣吾郎)から喜美子は白血病患者の会を紹介してもらう。訪ねた会の代表は明るく振る舞っているが…

出典ヤフーテレビ

あらすじネタバレ(3)

武志(伊藤健太郎)のもとを、真奈(松田るか)が訪ねてくる。喜美子(戸田恵梨香)は作陶に夢中の武志に代わって、真奈と話をする。真奈は喜美子に武志への秘めた思いを明かす。そして休憩に入った武志にも真奈は気持ちを伝えて帰って行く。数日後、仕事で出かける喜美子に代わって、八郎(松下洸平)が武志を見守ることに。陶芸に励む武志を八郎が手伝っていると、武志が発熱。八郎は大崎(稲垣吾郎)に連絡するが雨が降り始め…

出典ヤフーテレビ

あらすじネタバレ(4)

発熱して休んでいた武志(伊藤健太郎)は、降ってきた雨にひらめき、製作中の皿のイメージを膨らませる。八郎(松下洸平)と駆けつけた大崎(稲垣吾郎)にアイデアを伝えていると、喜美子(戸田恵梨香)が帰宅。早速、武志が作陶を始め、大崎もその様子を見学することに。照子(大島優子)は家族と共に、武志に思いを寄せる。だが武志に再び異変が。一方、信作(林遣都)の家では、密かに大野(マギー)が薬を飲んでいて…

出典ヤフーテレビ

あらすじネタバレ(5)

喜美子(戸田恵梨香)は患者の会で知り合った親子に皿をプレゼントしようと病院を訪れる。しかし闘病中の子供の容体が急変。大崎(稲垣吾郎)の懸命な処置もむなしく、亡くなってしまう。ショックを受けた喜美子は八郎(松下洸平)に相談。以前、同室だった武志(伊藤健太郎)に伝えるかどうか悩んでいると、喜美子の大阪時代の知り合い、さだ(羽野晶紀)と圭介(溝端淳平)が訪ねてくる。驚く喜美子を前に武志と八郎に挨拶して…

出典ヤフーテレビ

あらすじネタバレ(6)

秋になり、喜美子(戸田恵梨香)は穴窯の準備に忙しい。武志(伊藤健太郎)の闘病が続く中、友人たちがドナー探しに奔走するも、未だ見つからない。落ち込む友人たちに八郎(松下洸平)は武志の思いを密かに告げる。体調が芳しくなく、アルバイトを辞めた武志はより一層、陶芸に情熱を燃やす。やがて窯焚きが終わり、喜美子も見守る中、作品を取り出してみると…一方、直子(桜庭ななみ)がスッポンを買って食べようとするが来客が

出典ヤフーテレビ

【スカーレット】第24週の事前レビュー

喜美子の大阪時代の知り合い、ちや子(水野美紀)・さだ(羽野晶紀)・圭介(溝端淳平)と続々と再登場する第24週。

武志(伊藤健太郎)の命は助かるのか、という展開はとても重いのですが、視聴者としては(SNSなどで発信はできますがもう撮影済みで)見守るしかできません。

モデルの方はいるものの、フィクションである本作。どういう結末を迎えるかは分かりませんが当時の状況を踏まえると厳しそうな予感がします…。

脚本の水橋文美江さんはインスタグラムでこう記しています。↓

陶芸家の道を歩きだしたことを表現するためには、どなたかの作品をお借りしなければなりません。あちこちから適当にというわけにもいきません。
.
喜美子の作品はすべて陶芸家の神山清子先生からお借りすることになりました。喜美子の作品イコール神山清子先生の作品です。
.
神山清子先生の最愛の息子さんは白血病と闘われたという経緯があります。
.
お借りした作品ひとつひとつに、息子さんへの深い愛情とその時々の思い出、いとしい出来事が込められていることを知りました。
.
それら大切な作品をお借りして喜美子の作品とうたっているからには、その思いにまったく触れずにいることは同じ物作りの端くれとして敬意に欠けることではなかろうか。チーフ演出の中島さん、内田Pと十分に塾考を重ね、出来る限りの配慮を胸に、私は覚悟を決めました。
.
第22週からは喜美子の人生の最終章「生きるということ」を描いていきます。
.
.
Lifeisn’t about waiting for the storm to pass
生きるとは嵐(辛苦)が去るのを待つことではない
It’s about learning to dance in the rain
どうしたら雨の中でも踊り続けていられるか

出典https://www.instagram.com/p/B9IRIwDFEdR/

「できる限りの配慮」をした「覚悟」とは一体。

史実と違いすぎるとモデルの方への配慮に欠ける、だから史実に乗っ取る覚悟を決めたのでしょうか。

それとも…。

ともかく、嵐(辛苦)の中、喜美子たちの踊り(言動?)を視聴者としては覚悟して見届けていきたいところです。

※アイキャッチ画像の出典:Amazon

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク