【やすらぎの刻~道】233話のネタバレと感想! ニタニ(里見浩太朗)の正体が明らかに!

テレビ朝日【やすらぎの刻~道】233話のネタバレと感想!
菊村(石坂浩二)は、宿で知り合ったニタニ(里見浩太朗)に案内をしてもらうことに……。
倉本聰脚本【やすらぎの刻~道】233話が2020年3月6日に放送。
テレビ朝日開局60周年記念作品の帯ドラマ。「やすらぎの郷」の続編。
【やすらぎの刻~道】233話のネタバレあらすじと感想について。

この記事の目次
1.【やすらぎの刻~道】233話のあらすじ・ネタバレ
2.【やすらぎの刻~道】233話の見どころ
3.【やすらぎの刻~道】233話の感想

【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末! テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰脚本の1年に渡る超大作。『やすらぎの郷』の続編。…
【やすらぎの郷】(2017年4月~9月)の続編。 「帯ドラマ劇場」【やすらぎの刻~道】(やすらぎのとき ~みち)がスタート。 テレビ朝日…
スポンサーリンク

【やすらぎの刻~道】233話のあらすじ・ネタバレ

【やすらぎの刻~道】233話のあらすじ

【やすらぎの刻~道】233話のネタバレ

男と意気投合した菊村(石坂浩二)。

満州生まれだというその男は“ニタニ”と名乗った。

祖父が満蒙開拓団に入っていて、戦後に引き上げてきたのだと話す。
10年前に来た時と違っていて驚いたという菊村に、若者が出て行ってしまった、とニタニ。
「限界集落に興味がありますか?」
ときかれ、興味があるというと、案内すると言う。
菊村は、ニタニに

**

翌朝。

仲居の駒子(西尾まり)が朝食を運んでくると
「駒子さん?」
と問いかけ、ゆうべの夢を思い出す。

**

ニタニが迎えにきてくれ、菊村は集落へ行った。

忘れ去られた村は突然、現れた。
雪景色の中に無人の家がある。
団らんがあったであろう家は放置され朽ちかけていた。
菊村が描いていた小野ケ沢がよみがえる感覚。
そこには、子供の声もない。
しのも公平も荒木の姿もなく、“死んだ村”だった。

「無残なもんでしょう」
とニタニ。

「昔、あそこは桑畑だったんですよ」
と遠くを指さす。

そして、ニタニは、蚕の話を始める。
「繭玉になり、取り出して鉄窯の中でゆであげ……」
と言いかけ
「つまらん話ですな」
と言う。
「いえ」という菊村。

菊村は、資料で知り得た知識よりも、ニタニの体験談のほうがずっとためになると思うのだった。

ふたりでおにぎりを食べながら、現在のテレビの話をする。

「今は「やすらぎの郷」に住んでいて、かつての俳優たちが住んでいる」
と言う菊村は、郷に住んでいる面々の名前をあげ
「内緒にしておいてくれ」
と言う。

**

見学を終え、菊村はニタニにお礼をいい別れることに。

その時、
「実は私、先生にはとんでもないお世話になっているんです」
とニタニ。

「なんでですか?」
という菊村に
「実は、私、先生の偽物なんです」
と告白してきた。

ニタニは、刑事が捜している菊村のフリをしていた詐欺師だった。

「でも、もう二度とやりません」
と言い、ニタニは去っていった。

**

菊村にホッピーから電話があった。
マロ(ミッキーカーチス)危篤に陥ったという電話だった。

<続く>

【やすらぎの刻~道】233話の見どころ

ニタニ(里見浩太朗)と限界集落へ

ニタニと山梨を巡る菊村先生。
里見浩太朗さんの出演回。ツーショットです。

【やすらぎの刻~道】233話の感想

なんと、詐欺師だったいうニタニ。なんとなくそんな予感もしてましたが、里見浩太朗さんが詐欺師というのも意外でした。
ラストにホッピーから電話。マロはとうとう!?
次回は、悲しみの話になりそうです。

アイキャッチ画像:https://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginotoki/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク