2020年夏ドラマ一覧2020年秋ドラマ一覧

【シロクロ】6話の視聴率とネタバレ!狂気のあずさと直輝(横浜流星)のベッド写真がヤバイ!

【シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う】6話の視聴率とネタバレ!狂気のあずさと直輝(横浜流星)のベッド写真がヤバイ!

偽パンダのせいで死刑囚殺しの濡れ衣を着せられたミスパンダ(清野菜名)。

Mr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)はパンダの殺処分を命令。

ピンチに陥った飼育員さん(横浜流星)に秘策はあるの?

直輝との関係をレンに詰め寄るあずさが怖いけど、うらやましい!

今回は、【シロクロ】6話の視聴率とあらすじネタバレ、感想について!

スポンサーリンク

【シロクロ】6話の視聴率

【シロでもクロでもない世界で、パンダが笑う。】6話の視聴率は7.7%!前回より1.0%アップしました。

【シロクロ】6話のゲスト

6話のゲストは5話に引き続き、高橋努、江口のりこ、結木滉星、三倉茉奈

高橋努(役:ハブ刑事)

警視庁捜査一課の敏腕刑事。

江口のりこ(役:マングース刑事)

警視庁捜査一課の敏腕刑事。ハブ刑事と仲が悪いため、マングースと呼ばれる。

三倉茉奈(役:中延恭子)

7年前のボンドショッピングモール爆破事件で弟を亡くした被害者遺族。犯人の浜口に憎悪を抱いている。

結木滉星(役:中延陽一)

7年前のボンドショッピングモール爆破事件で弟を亡くした被害者遺族。犯人の浜口に憎悪を抱いている。姉とともに空手の有段者。

【シロクロ】6話のあらすじ

【シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。】6話のあらすじです。

直輝(横浜流星)が偽パンダの正体を追う

ミスパンダが浜口死刑囚を殺害した容疑で指名手配され、ミスパンダと行動を共にする飼育員さんも警察に追われる。

真犯人は偽パンダと飼育員。直輝(横浜流星)は犯人の正体を突き止めようとするが、Mr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)は、「一度失敗した人間との接触はリスクが大きい」ため、今後の関係を断つと直輝に宣言。ミスパンダの殺処分を命じる。

門田(山崎樹範)が殺されたことに大きなショックを受けるレン(清野菜名)。レンにとって門田は唯一自分の話を聞いてくれる味方だったのだ。

春男(升毅)と佳恵(椿鬼奴)は心配で仕方がない。レンは“助けてください”というメールを直輝に送る。

偽パンダと飼育員は中延姉弟?

その頃、警察では、捜査一課長の山野辺(高橋ジョージ)が三津谷(高橋務)と坂下(江口のりこ)にミスパンダと飼育員の逮捕を急がせていた。

神代(要潤)は、7年前のショッピングモール爆破事件で弟を亡くした遺族・陽一(結木滉星)と恭子(三倉茉奈)を訪ねる。

神代が「浜口が殺されてどう思いました?」と聞くと、陽一は「浜口を殺してくれたミスパンダには感謝しています」と答える。

神代と直輝が待ち合わせしていた喫茶店に三津谷と坂下が現れ、ミスパンダたちの情報をくれるよう協力を要請する。

三津谷と坂下が去ってから、爆破事件の被害者遺族のインタビュー内容など資料を直輝に渡す神代。

テレビのニュースでは、佐島法務大臣(佐藤二朗)がミスパンダを指名手配していることを発表。

あずさ(白石聖)がレン(清野菜名)に詰め寄る!

直輝から「もう会えない」というメールを受け取って落ち込むレン(清野菜名)のところにあずさ(白石聖)がやってくる。

レンを取材したい、というが本当は直輝と手を切らせるために来たのだった。

あずさは、直輝の婚約者だといい、2人のラブラブな写真をレンに見せる。さらにショックを受けるレン。

婚約者がいる人と抱き合ったとき、どんな気持ちでしたか? などと詰め寄る。

ごめんなさい…。と謝るレンに、どういうつもりで謝っているのかとなじるあずさもまた、泣き出していた。

心配する佳恵に、「私、ひとりで盛り上がっちゃって…」と悲しむレン。

爆破事件の意外な真犯人とは?

陽一と恭子には、浜口が殺害された時間にアリバイがない。

直輝は警察の追手を逃れながら、偽ミスパンダと偽飼育員さんの正体を探る。

神代から得た情報で陽一と恭子に対する疑惑を深めた直輝は、「人殺ししましたよね?」と直接迫る。

しかし陽一と恭子は直輝の顔を見ても誰だかわからないこと、腕も怪我していなかったと感じた直輝は、真犯人は別にいると考える。

神代は直輝の依頼で、爆破事件について再調査を始める。

その頃、陽一と恭子は三津谷と坂下に冤罪を着せる方向で取り調べを進めていた。

神代は、山野辺の部下でもと警官の岩城の自殺に不審な点があると直輝に報告。

岩城は爆破事件の捜査を担当していたが、辞職してから自殺。警官になる前は化学薬品メーカーに務めており、爆弾を作れたかもしれない。

直輝(横浜流星)がMNC佐島(佐藤二朗)に宣戦布告

加賀と佳恵は、レンを励ますために、いつか店を継いでもらいたいと話す。囲碁は加賀が、料理は佳恵が教える。

2人のあたたかさに涙を流すレン。

MNC佐島に「シロクロ つける」と宣戦布告した直輝は、レンのいる囲碁喫茶へ。

最後に、ちゃんと話がしたい。

レンは、直輝のおかげで前向きになれたと礼をいい、お別れを告げる。

さよなら。

そんなレンに、直輝はふたたび催眠をかけるのだった。

【シロクロ】6話のネタバレ

【シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。】6話のネタバレです。未視聴の方は閲覧ご注意を。

パンダがゴリラを人質に!

パンダチャンネルでは、パンダ平和党を掲げるミスパンダが佐島ゴリラ大臣を拉致している動画が流される。

ミスパンダがゴリラを脅すナイフは浜口殺害の凶器で、拉致監禁している場所が岩城が自殺した化学工場だと知った山野辺(高橋ジョージ)は、内々にハブ刑事・三津谷とマングース刑事・坂下を向かわせる。

ミスパンダは、熱々のおでんをゴリラ大臣に差し出す。すると三津谷と坂下がやってきて銃口をミスパンダに向ける。

パンダがこんにゃくを落とした瞬間、三津谷と坂下は床に敷かれていた大きな布で包まれる。

その頃、神代は岩城の実家を訪れ、岩城の母(朝加真由美)に、岩城を追い詰めたのは警察。真実を話すように説得する。

ミスパンダがジャイアントパンダクイズで真相を暴く

ミスパンダ(清野菜名)は、パンダを撃とうとしたのは、浜口殺害の凶器を持っていると知ったから、浜口が殺されたのは冤罪がバレるといろんな人に怒られるから、と暴露。

さらにその場所=大黒ふ頭の廃工場は、ある警察官が自殺した場所であること、偽パンダと飼育員を装って浜口を殺した犯人、中延姉弟に罪を着せようとしたのが三津谷(高橋努)と坂下(江口のりこ)であることも明らかにする。

パンダが帰ろうとすると、佐島が「久しぶりだな、パンダに会うのは」と謎の言葉をかける。

おでんの鍋がのった台を倒してしまい、床で燃える炎を見て怯えるミスパンダ。山野辺(高橋ジョージ)の指示で廃工場に駆けつけた警官たちがパンダを捕まえようとするが、佐島は三津谷たちを捕まえるのが先だ、とパンダを逃す。

実は直輝が佐島にミスパンダを助けてくれるように土下座していたのだった。

全日テレビでは、神代がつかんだスクープを放送。岩城の母が、ボンドモール爆破事件の犯人は息子であると謝罪する動画を流す。

捜査一課長室では、佐島が山野辺を待っていた。8年前には世話になった。浜口殺人事件の凶器を差し出し、もう警察にまかせておけない、と持ち帰ろうとするが、山野辺に8年前のコアラ男誘拐事件のことを持ち出され、凶器は山野辺に渡す。

パンダチャンネルの配信を終え、直輝と待ち合わせしていたミスパンダは、なぜか記憶を取り戻していた。

あなた、誰ですか? どうして私はこんなところにいるんですか?

ミスパンダは、私は川田リコだと名乗る。

【シロクロ】6話の感想

【シロクロ】6話の感想です。レンに迫るあずさが怖い、あずさと直輝の写真がヤバイと話題に!

婚約者と名乗り、レンに詰め寄るあずさの狂気、怖かったですね。あずさはメンヘラの可能性があるので、これからもっと怖くなりそうです。

あずさと直輝のベッド写真流出に、横浜流星ファンからは「写真が欲しい」「顔だけあずさと差し替えたい」など、うらやましがる声が多く上がりました。

【シロクロ】6話のまとめ

8年前のコアラ男誘拐事件、7 年前のボンドモール爆破事件に警察の闇が見えてきました。

次回は、門田殺害事件、バンガロー放火事件、コアラ男の正体がわかるということですが、これから先は警察と佐島の闇を直輝が暴いていくことになりそうです。