【テセウスの船】6話の視聴率とネタバレ!心(竹内涼真)の証拠奪われるポンコツぶりが話題!

テセウスの船-06
出典:TBS

ドラマ【テセウスの船】6話の視聴率とネタバレ!

竹内涼真主演のドラマ【テセウスの船】6話が2020年2月23日に放送されました。

田村心(竹内涼真)が犯人の証言を録音!

しかし、その証拠を奪われる相変わらずのポンコツぶりが話題に!?

今回は【テセウスの船】6話の視聴率とネタバレについて。

※動画はパラビで配信あり。(2020年2月現在)

出典TBS ドラマ【テセウスの船】のキャストとあらすじ! 2020年1月期のTBS日曜劇場は、竹内涼真主演のドラマ【テセウス…
出典TBS ドラマ【テセウスの船】の視聴率と最終回ネタバレ! 竹内涼真主演のドラマ【テセウスの船】(TBS、日曜21時)が2…
スポンサーリンク

【テセウスの船】6話の視聴率

【テセウスの船】6話の視聴率は13・2%!

自己最高の数字となりました。

(視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区・リアルタイム)

【テセウスの船】6話のネタバレ

6話のあらすじ

田村心(竹内涼真)にとって唯一の希望だった、父・文吾(鈴木亮平)の無罪の証言者・松尾紀子(芦名星)が、木村さつき(麻生祐未)によって殺害された。姉の村田藍(貫地谷しほり)の話から音臼小事件の真犯人はさつきではないかと疑うが、さつきの元に毒入りのジュースが届く……。そして、事件を嗅ぎ回るなという警告が!
それでも心は由紀(上野樹里)と協力して、事件の真相へと迫っていく。木村みきお(安藤政信)に渡されたさつきの手帳と、文吾の記憶をヒントに事件の真犯人へと辿り着く手掛かりを得る。しかし、それは心を陥れる真犯人の罠だった。そして、ついに真犯人から心に招待状が届く! 心は命と引き換えに真犯人に会いにいくことを決意する。

出典https://www.tbs.co.jp/theseusnofune/story/ep6.html

6話のネタバレ(1)

さつきは病院内で毒殺された。そんな中、心のもとに21人の人物が倒れている絵が届く。真犯人からの警告か?

さつきの自宅には数々の奇妙な絵があった。中身がカラの青酸カリも発見される。

みきおの情報から、さつきを殺害した「小柄で小太りで眼鏡をかけている男」を捜す心と由紀。。

心は友人の話しとして由紀にプロポーズをした時のことを話す。海岸で、由紀が祖母の形見の指輪を無くした。2人で捜したがみつからない。心は「あきらめないで」と叱られた。そして指輪がみつからない中、心は婚約指輪を由紀に渡した。

文吾の弁護士から呼ばれて仙台の拘置所へ向かった心。

文吾は、金丸刑事は証拠をつかみかけた為に殺害されたとみている。当時の森刑事によると、金丸が三島明音ちゃんの首の痣(あざ)の形がどうやったらこうなるのか、疑問に思っていたという。

森刑事は亡くなっていたが、奥さんに頼んで、当時の資料を見せてもらう。確かに三島明音の首には痣があった…。

心は、小太りの男を聞きこむ中、田中正志にたどり着く。しかし彼は自宅アパートで殺害された。第一発見者のため事情聴取されたが、防犯カメラから疑いが晴れた心。

6話のネタバレ(2)

そして真犯人から心に絵がまた届く。みきおにも見せた。

その絵には音臼小の慰霊碑があり、明日の日付(3月8日)と「END」という文字もある。音臼小事件は明日完結する。血の涙を流す人物も描かれていて、「これは俺だ。犯人が呼んでるんです」と推理した心。みきおも怒りを露わにして付き添うというが、心は一人で真犯人に会いにいく決意をする。

夜。心は由紀を呼び出して、タイムスリップした男の話しを告げる。これは超・特ダネです…。

その男は平成元年、21人殺害犯の息子として生まれた。以降、逃げ続けた男だったが、彼の妻に背中を押されて父の事件と向き合った。そしてタイムスリップした。笑顔の家族に会って、男は事件を食い止める決意をした。

しかし現代に戻ってきた男は最悪の未来が待ち受けていた。しかし亡くなったはずの妻に出会った。浜辺でイケてないプロポーズをした時、大笑いした妻は「ありがとう、こちらこそよろしく」と言ってくれた人。彼女の笑顔で前を向けたこと。

由紀「その男性は心さん。その妻は私。違いますか?」

心は婚約指輪を由紀に見せた。『YUKI to SHIN』と刻印された指輪だ。

心「ありがとう、信じてくれて」

由紀「たしかに超・特ダネ。でも記事に書けません。私の胸にしまっておきます」

一人で真犯人に会って、それが済んだら「今度は俺が鍋を作る」と心は約束した。

由紀「心さん、また会えますよね」

心は頷(うなず)いて立ち去る。今度会えたら、また一緒に生きていきたいと思う心。

6話のネタバレ(3)

翌日。心が慰霊碑の前に着くと、車イスに乗った木村みきおもやってきた。

犯人が来たらどうするのか、問われた心は「自首させて罪を償わせる」と告げる。

すると、立ち上がったみきおがナイフで切りかかってきた。腹を切られた心…!?

三島明音の首の痣は子供の手だったのだ。

心に馬乗りになって、みきおがナイフを振り上げようとした時、サイレンが聞こえてきた。

警察を呼んでいたのだ。みきおの告白は録音していた心。「解決編はココからだ」

そんな中、また白い霧に包まれて…

時は1989年3月10日。あと2日で音臼小事件が起きる。そして木村みきおが犯行を告白した録音機器が少年・みきおの手に渡っていて…!?

【テセウスの船】6話の感想

心(竹内涼真)の証拠奪われるポンコツぶりが話題!

心(竹内涼真)さんのポンコツぶりは健在で、視聴者からもツッコミの嵐!

あんな手負いの状態で証拠を突きつけるとは!

その場で奪われるかと思いましたが、平成元年で取られてしまったのですね。

どこまでもツイていない男です。(笑)

第7話は平成元年パート、2020年3月1日(日)よる9時放送です。乞うご期待!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク