【ホームルーム】3話のネタバレと感想!秋田汐梨の狂気の演技に恐怖する視聴者が続出

人気俳優の山田裕貴さんが衝撃的なド変態教師を演じるサイコラブストーリードラマ「ホームルーム」

愛田凛太郎(山田裕貴)とは別に桜井幸子(秋田汐梨)をイジメる犯人を特定できない中、クラスの不良グループに幸子が監禁される!

今回の記事では、「ホームルーム」3話のネタバレと感想をご紹介します!

この記事では、ドラマ「ホームルーム」のあらすじやキャストなどをご紹介します。 朝ドラ「なつぞら」でブレイクした山田裕貴さんがド変態のス…
スポンサーリンク

【ホームルーム】3話のあらすじ

ホームルームドラマ内画像出典元:ホームルーム公式㏋

トイレに仕掛けられていた監視カメラの映像を確認しようとしている時、何者かに後ろから襲われた生徒会長の白鳥奈々(大幡しえり)。

倒れていた奈々を発見した凛太郎は、病院に付き添って襲った犯人を見たかどうか優しく確認しますが、犯人を見ていないという返答で、結局のところ犯人は分からないまま。

凛太郎に優しくされたと勘違いした奈々は、病院から退院してすぐに凛太郎に告白しますが、凛太郎は「他に守りたい人がいる」と突き放します。

凛太郎のことが気に入らない不良グループのリーダー・竹ノ内忠(若林拓也)は、凛太郎のことを陥れるため、ウソの手紙を団地のポストに投函して凛太郎を呼び出そうと計画。

しかし、手違いによって手紙は幸子の手に渡ってしまい、その内容を凛太郎が書いたものと思い込んだ幸子は待ち合わせの場所へ。

凛太郎ではなく幸子が現れたことに驚く不良グループでしたが、竹ノ内は予定を急遽変更し、幸子を監禁します。

幸子の親友・丸山のぶ代(富田望生)とともに幸子のことを探す凛太郎ですが・・・。

【ホームルーム】3話ネタバレ!

ホームルームドラマ内画像出典元:ホームルーム公式㏋

いつものように幸子が寝ている間に部屋に忍び込み、怪しい行動をとる凛太郎。

生徒会長の奈々が襲われたどさくさに紛れて持ち去られた監視カメラのことが気になっている様子。

自分に落ち着くように言い聞かせ、監視カメラをどうするか考える凛太郎。

幸子の歯を磨いて狂気の表情を浮かべるラブリン

監視カメラのことで頭がいっぱいになり、声のボリュームが上がる凛太郎でしたが、幸子が起きそうになって落ち着きを取り戻しました。

一旦、冷静になった凛太郎は、寝ている幸子の口に優しく歯ブラシを当てて歯を磨きます。

「安心しろ桜井。俺たちの幸せを脅かす奴は絶対に見つけ出す。そしてじっくりと教えてやる。本当の恐怖ってやつを!」と狂気の表情を浮かべる凛太郎。

不良グループのリーダー・竹ノ内の計画が始動

クラスの不良グールのひとりである乾康太(渡辺碧斗)が竹ノ内の指示を受け、凛太郎を尾行して突き止めた団地のポストへ手紙を投函。

ゲームセンターでたむろする竹ノ内たち不良グループ。

手紙を投函した乾は「今時、手紙って回りくどくね?」と質問しますが、竹ノ内は「手紙は自宅も知られてるっていう恐怖に直結すんだよ」と返答します。

翌日の朝、ポストに投函された手紙を発見する幸子。

実は、不良グループが凛太郎を尾行して突き止めた団地は、凛太郎が夜這いに訪れた幸子の自宅でした。

手紙の内容は「あなたに伝えたいことがあります。明日、金曜日の放課後、屋外用倉庫で待ってます」というもの。

登校中にこの手紙を読んでいると、後ろから図書委員長の矢作健(綱啓永)が声をかけてきて、慌てて手紙を隠す幸子。

幸子が図書委員の仕事のことについて矢作と話していると、凛太郎が横をボロボロの自転車で走り去っていき、幸子は話の途中で凛太郎のことを追いかけます。

【鉄の女】白鳥の告白

病院を退院し、学校に登校してきた生徒会長の奈々を発見した凛太郎は、「おおっ!白鳥。もう大丈夫なのか?」と声をかけ、過度な運動以外は大丈夫と言う奈々に対して、「さすがタフだな。『鉄の女』は」とからかいました。

「その呼び名はやめて下さい」と嫌がる奈々に対し、軽く謝った後に肩をポンポンと叩いて「あんま無理すんなよ」と立ち去ろうとする凛太郎。

そんな凛太郎に奈々は、「私はあなたを許しません!どうしてくれるんですか?こんなに私の秩序を乱しておいて。責任を取って下さい!」と叫びます。

そんな奈々の姿を柱の陰から恐ろしい顔で睨みつける幸子の姿が。

監視カメラも持っていない、犯人の顔も見てない奈々に用はないと、「すまん白鳥。俺には他に守りたいやつがいるんだ」と冷たくあしらいます。

その凛太郎の姿を見た幸子は、「守りたいやつ」とは誰か考え込み、いつものようにホームルームで犯人探しをする凛太郎が、犯人を説得する際に書いた黒板の「幸」の字を見て凛太郎からのシークレットメッセージととる幸子。

幸子が竹ノ内たち不良グループに監禁される

ウソの手紙を抱きしめて嬉しそうに舞い上がる幸子は、意気揚々と待ち合わせ場所の屋外倉庫に向かいます。

凛太郎ではなく、幸子が現れたことにあたふたする不良グループでしたが、リーダーの竹ノ内は計画変更。

倉庫内にうまく幸子を誘い入れることに成功します。

一方、用事があると幸子から言われてひとりで帰るのぶ代を発見した凛太郎は、気になって声をかけました。

すると、のぶ代は幸子の様子が変だったことを凛太郎に伝え、もしかするとまたイジメられているのではないかと心配するのぶ代。

監禁した幸子を裸し、凛太郎が来たらそのまま抱きつかせ、その姿を乾がスマホで撮影して、脅しの材料にしようというのが竹ノ内の作戦。

「私、帰ります」とその場を逃げ出そうとする幸子の手を掴んで、乾に脱出を阻止されてしまいました。

のぶ代は校舎の中を探し、凛太郎は学校の敷地内を探している途中、屋外倉庫の方から物音を聞いた凛太郎は慌てて倉庫に向かいます。

嫌がる幸子の身ぐるみを無理やり剥がそうとする不良グループたち。

そんな不良グループの行動を倉庫の小窓から覗き見る凛太郎でしたが、監視カメラを持っているのではないかと気にして飛び込めない凛太郎は考えます。

抵抗を続ける幸子に痺れを切らした竹ノ内が、幸子の頬を平手打ち。

大ピンチの幸子のもとにほうきを持った矢作が現れ、「もうすぐ先生たちも来るぞ!ホントだぞ!」と脅すと、不良グループはその場を去って行きました。

助けに入るに入れない凛太郎が図書室のPCに匿名でメールを送り、それを見た矢作が助けに来てくれたのでした。

凛太郎以外の幸子へのイジメは自作自演

いつものように凛太郎の授業を受ける幸子ですが、その表情はどこか寂しそうです。

放課後、図書室にいる矢作のもとを訪れた幸子は、屋外倉庫で助けてくれたことへの感謝を伝えます。

すると矢作が、幸子がトイレで水をかけられた日、校庭の片隅に何かを埋めている幸子の姿を目撃したと言ってきました。

その埋めた物とは、血の付いた監視カメラ。

実は、水をかけられたのも自作自演で、自らバケツに水を汲んで被り、生徒会が監視カメラをトイレで発見したことを保健室の先生・椎名恵(山下リオ)から聞いた幸子は、自分の姿が映っている監視カメラを慌てて回収し、映像を観ようとしていた奈々を後ろから襲ったのでした。

カメラを埋めている姿を目撃した矢作をその場に置いてあった坂本龍馬の置物で殴ろうとする幸子。

しかし、矢作はお弁当にいたずらされたのではないかと心配しているだけでした。

一安心する幸子に矢作は「もう、警察に行くべきです」と説得。

そんな矢作に「委員長!私いま頭の中グチャグチャで」と言い、その場から走り去ります。

そんな中、謹慎処分を受けていた問題児・夏目ゆあ(横田真悠)が学校へ戻ってきました。

幸子も異常な愛情を抱く狂気の人だった!

「ホームルーム」2話の内容を観て、幸子自身がイジメを演出している犯人ではないかと思っていましたが、やはりラブリン以外の幸子のイジメは、自作自演だったようですね。

白鳥奈々を襲って監視カメラを奪ったのは、保健室の先生・椎名恵ではないかと予想していましたが、この予想は外れていました。

ラブリンの狂気だけでなく、幸子の狂気も明らかになってきましたね。

第3話のラストに登場した問題児・夏目ゆあの存在も気になりますし、次週はラブリンの奇行が幸子にバレちゃうぽいです。

個人的には、このピンチをラブリンがどんな方法で乗り切るのかが、次週以降の気になるポイントとなっています。

幸子のイジメの犯人は分かってしまったので、この先はラブリンを学校から追い出そうとあの手この手を使ってボロを出そうとするゆあとラブリンの対決という構図になるのですかね。

どちらにしてもこの先のストーリー展開が気になります!

【ホームルーム】3話の感想!

「ホームルーム」を観ている視聴者の方たちの反応としては、幸子の豹変ぶりに驚く声が多数ありました。

生徒会長をパイプ椅子で殴ったり、図書委員長まで坂本龍馬像で殴ろうとしたり、幸子の狂気が表に現れた回でした。

まとめ 幸子の狂気が明らかに!

今回の記事では、ドラマ「ホームルーム」3話のネタバレや感想などをご紹介しました。

第3話は、幸子の狂気が明らかになった回でしたね。

生徒会長の告白を陰から見ていた時の幸子の顔や生徒会長を殴る時の顔は、まさに狂気でした。

個人的には、図書委員長がかわいそうだと思いましたし、委員長が坂本龍馬像で撲殺されたらどうしようとある意味ドキドキしていました。

次回は、ラブリンの異常な行動が幸子に見られてしまうようですし、今から次週が待ち遠しいです!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク