【SEDAI WARS】5話のネタバレと感想!黒幕は翔太の他にいる?

2020年1月期にスタートした俳優・山田裕貴さん主演の連続ドラマ「SEDAI WARS」

初代大統領となった団塊世代の山尾茂(西岡徳馬)でしたが、強気な政策がアダとなって失脚、再び「SEDAI WARS」が開催されることに・・・。

波乱の展開となる「SEDAI WARS」5話のネタバレと感想をご紹介します!

朝ドラ「なつぞら」でブレイクした山田裕貴さんが主演を務める2020年冬のドラマ2作品のうちのひとつが「SEDAI WARS」で、もうひとつは…
スポンサーリンク

【SEDAI WARS】5話ネタバレ!

SEDAIWARSドラマ内画像出典元:SEDAI WARS公式㏋

【SEDAI WARS】5話のあらすじ

「SEDAI WARS」の勝者である団塊世代の茂が初代大統領となり、半年が経過していました。

茂は団塊世代の誇りにかけてモーレツに働きまくる政策を推し進めていましたが、休みなく働く毎日に国民の不満が爆発。

新しいリーダーとして全ての世代を引っ張っていくはずだった茂ですが、あっけなく大統領の座から転がり落ちます。

そんな中、もう一度「SEDAI WARS」が開催されるというニュースが流れ、国民たちは大喜び。

世間が再び開催される「SEDAI WARS」に沸き立つ中、ゆとり世代代表・柏木悟(山田裕貴)にはひとつの疑問が・・・。

2回目の「SEDAI WARS」を開催することを決めたのは一体誰なのかということでした。

【SEDAI WARS】5話のネタバレ

「SEDAI WARS」に参加し、前半戦で敗退して以降、自宅に引きこもっていたゆとり世代代表の玉川麻美(奥山かずさ)が、久しぶりに会社へ出勤してきます。

その姿を見て驚く悟に麻美は、「女は職場の花でいいんだって割り切ったら、逆に気が楽になった。団塊政権の全てが悪い訳じゃないみたい」と言います。

ロスジェネ世代の2人が悟の勤務する旅行代理店へ

そこへロスジェネ世代代表の白井優子(真飛聖)と黒田哲也(出合正幸)が、悟たちの勤務する旅行代理店にやって来ました。

2人の来店に驚く悟に2人は、優子に赤ちゃんが出来たことを報告し、赤ちゃんのためにいい気を貰いたいと旅行先の相談に来たのでした。

仲のいい2人を見た悟は、「お二人幸せそうですね。パパとママが逆ですが」と言う悟の発言に優子と哲也はどっちがママでどっちがパパなのかと仲良さそうに言い合いを始めます。

話が終わって帰る2人を見送る悟に優子が「今日は楽しかった」と言い、哲也も「悟くんといると自分のことを喋りたくなるの。不思議~」と言い、続けて優子が「話を聞いてくれるからかな。妊娠のこととか哲也のこととか、否定的なこと何も言わずにいてくれて、嬉しかった」と感謝。

哲也も「SEDAI WARS」の時、ミレニアル世代の西條萌(浅川梨奈)が、スケバンの格好をしている哲也に対して「キモい」と言った時にかばってくれたことに感謝していることを悟に伝えました。

会社に戻り、トイレから出てきた悟に焼け跡世代の後藤田勝(坂本長利)が「いつもと違うね」と声をかけます。

悟は後藤田に「おじさんにとって幸せってなんですか?人を幸せにしたいと思うことはありますか?」と質問。

「お兄さんはどう思うかね?」と返答された悟は、「・・・やぁ~」と言葉に詰まるのでした。

謎の男が登場

その頃、コミュニケーションアプリ「NTMY」のデータベースで、茂のことを検索する「謎の男」。

全然「NTMY」にアクセスしない茂に対して苛立ちが隠せない様子の「謎の男」は、ミレニアル世代の萌に連絡を取り、「状況を変えるために任務を与える。拒否したら全部が無駄になる」と萌に指令を出します。

働きに出る親を陰で見送るミレニアル世代の筧翔太(池田優斗)は、テーブルに用意されたケーキのローソクに火つけ、1人寂しく自分の誕生日を祝うのでした。

茂が発足した団塊政権が倒れる

団塊世代の茂が初代大統領になって半年が経つ頃。

経済的には上向いたものの、精神的、肉体的に疲れ切った国民が溢れ返り、98%という驚異の支持率を叩き出していた団塊政権の支持率も急激に低下し、大規模な弾劾デモが発生。

そんな中、秘書の藤原愛(長澤奈央)から収賄、公文書偽造の疑いで検察から取り調べがあるとこが伝えられ、間もなく検察が乗り込んできます。

身に覚えのない容疑に反発する茂でしたが、検察に連行されてあえなく失脚してしまいました。

再び開催される【SEDAI WARS】

茂が失脚し、「NTMY」のマスコットキャラクター「GEN(声・高山みなみ)」から団塊世代を除いたメンバーで「SEDAI WARS」がやり直されることが伝えられ、国民は歓喜します。

「SEDAI WARS」の開催に沸く旅行代理店の社員の中、ゆとり世代代表のひとりである麻美は、「私はパスかな。『SEDAI WARS』はもう懲り懲り」と参加を辞退。

大統領を追われ、肩を落として商店街を歩く茂の姿を目にした団塊世代の小川清(鈴木正幸)は、その姿に頭を下げるのでした。

想いを果たせなかった茂は、妻の仏壇の前で「今度こそ地位も名誉も全て失ってしまった」と落胆します。

悟のもとを訪れた優子と哲也は、「子供の幸せのためにやれることはやっておきたい」と「SEDAI WARS」の参加に乗り気です。

そこへバブル世代の大谷修(岡田浩暉)がやってきて困惑するロスジェネ世代の2人。

修は「SEDAI WARS」に参加すべきかどうか悟に相談に訪れたのでした。

お互いの近況を報告し合い、産まれてくる子供の名付け親まで名乗り出る修と打ち解けるロスジェネ世代の2人。

そんな3人の姿を見た悟は、「これが幸せってことか」としみじみ実感するのでした。

【SEDAI WARS】の参加者たちに接触する悟

そして、再び開催されることになった「SEDAI WARS」に、誰が開催することを決めたのかという謎を気にし始める悟。

会社のトイレから出てくるといつものように後藤田と出会う悟、後藤田に「誰が今回の『SEDAI WARS』開催したんだと思いますか?」と質問します。

そんな悟の質問に後藤田は、「みんな誰が優勝するかきになっているのに、兄さんは違うね」と言ってその場を去るのでした。

「SEDAI WARS」に参加するかどうか確認するため、他のメンバーにメッセージを送る悟。

ミレニアル世代の萌は、学校の屋上で前総理・安藤直樹(大友康平)が亡くなった時のことを考え、「誰か助けて」と考え込む中、悟からのメッセージを受信しますが、一瞬考えてメッセージを開くことはありませんでした。

一方、ミレニアル世代の翔太は、机の上に置かれた5万円と「何日か戻れません、お金置いておきます」と書かれたメモを見て冷めた表情をした後、バブル世代の鈴木香織(横山めぐみ)の現在地を確認します。

香織は、家を出て行こうと荷物を持って団地の前に出ると、引きこもりの娘が追いかけてきて「おい!勝手に家出て行くのかよ」と引き止められますが、「ママね、ママを卒業するの」と言って娘と言い合いをしている中、翔太が現れました。

翔太に気がついた香織は翔太に声をかけますが、香織が翔太の肩に手をかけた瞬間に翔太は香織を突き飛ばして走り去ってしまいます。

その際に翔太が大事にしている「GEN」のストラップが落下。

そこへ悟が現れて香織に声をかけ、香織は「『SEDAI WARS』に参加して、人生を変えたい」と言い、翔太が心配だから様子を見てきて欲しいと悟に伝えました。

自宅に戻った翔太は必死に「GEN」のストラップを探しますが、なかなか見つかりません。

そこへ翔太を心配した悟が自宅に来て慌てる翔太。

【謎の男】の正体は翔太?

悟は翔太の部屋で、壁に貼られた「GEN」の絵やゴミが散乱した状況を目にします。

絵のことについて翔太に話しかけると、翔太は逆上して悟を部屋から追い出しました。

悟は、翔太の大事にしている「GEN」のストラップを探し、ストラップを見つけた悟は「やっぱり翔太くん。どっかで見た気がするんだよなぁ~」と意味深な発言。

その後、深刻そうな顔でバブル世代の修のもとを訪れました。

黒幕は翔太の他にいる?

第4話のラストで「GEN」の絵が貼られた「謎の男」の部屋が描写されていましたが、第5話で部屋のレイアウトや壁に貼ってあった「GEN」の絵から「謎の男」はミレニアル世代の翔太のようですね。

捻りを加えて「謎の男」の正体は、萌の弟だったみたいな感じになるのかなとも予想していましたが、ド直球に翔太でした。

全10話構成だとするとまだ半分なので、翔太を黒幕にするのは早い気もしますし、個人的には翔太の父親か母親が黒幕ではないかと思っています。

翔太の父親か母親は、総理や大統領に近い人物で、総理の行動の把握や大統領の汚職をでっち上げられる秘書の愛と協力し、茂を失脚に追い込み、理想の社会が実現するよう「SEDAI WARS」と政権を裏から操っていると考えました。

大人気のコミュニケーションアプリ「NTMY」を開発したのは翔太の父親か母親で、翔太がマスコットキャラクター「GEN」のストラップを大事にしているのはそのためではないでしょうか。

父親か母親から「SEDAI WARS」の開催に協力するように言われた翔太は、ミレニアル世代の萌と協力して「SEDAI WARS」を開催するよう総理や議員を誘導したと予想。

今後、どんな展開になっていくのかストーリー内容が気になりますし、新しいキャストがシークレットゲストとして登場するかも気になります。

【SEDAI WARS】5話の感想!

「SEDAI WARS」を観た視聴者の方たちの反応としては、「回が進むごとにどんどん面白くなっていく」、「この先の展開が気になる」と言った声がありました。

どういう展開になっていくのか気になる要素が多くて、先が気になりますよね!

まとめ 黒幕は本当に翔太?

今回の記事では、ドラマ「SEDAI WARS」5話のネタバレと感想などをご紹介しました。

回が進むごとにどんどん面白くなっていきますし、気になることもどんどん出てきますね。

「SEDAI WARS」の開催を裏から操っている黒幕の正体も気になりますが、個人的にはロスジェネ世代・優子の子供が誰の子なのかがすごく気になっています。

次回は、「SEDAI WARS」の開催をするように仕向けた「NTMY」の女神の正体が明らかになるようです。

「SEDAI WARS」の次回以降のストーリー展開も気になります!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク