【シャーロック】7話の視聴率とネタバレ!タイトルの演出に悶絶する視聴者が続出!

シャーロック3

月9ドラマ【シャーロック】7が11/18(月)に放送されました。

犯罪捜査専門コンサルタントと、とある事件で出会った精神科医である相棒が、難事件を解決していくドラマとなっています。

少年が探す行方不明になった老人の正体とは?

今回は、【シャーロック】7話の視聴率とあらすじネタバレ、感想についてご紹介。

見逃してしまった方は、FODプレミアムにて視聴できます!

スポンサーリンク

【シャーロック】7話の視聴率

シャーロック7話

【シャーロック】7話の視聴率は9.9%。

10%台にあと一歩というところで及ばず…。

【シャーロック】7話のあらすじ

~【シャーロック】7話のあらすじ~

誉獅子雄(ディーン・フジオカ)若宮潤一(岩田剛典)が、いつものようにもめている。自分のスイーツを食べたと怒る若宮に、獅子雄が証拠を出せと反論。すると獅子雄は、若宮自身が食べたことを習慣としての固定概念から失念したのではないかとさえ言い出す。獅子雄は自分が小学生の時にクラスで起きた盗難の例を話した。教師が固定観念から行った犯人探しを覆して真実を突き止めたと話す獅子雄に、若宮はイヤなガキだとため息。

そんな時、羽佐間虎夫(山城琉飛)という少年が訪ねて来た。虎夫は獅子雄に依頼に来たと告げる。だが、獅子雄は若宮に任せて奥の部屋へ。仕方なく若宮が、獅子雄として虎夫の依頼を聞く。虎夫の依頼は行方不明になった祖父、寅二郎(伊武雅刀)探し。虎夫は河川敷で、寅二郎が持ち歩く小袋を発見していた。本気で取り合おうとしない若宮に、虎夫は本物の獅子雄を出せと迫る。すると、うそを見抜いた虎夫に、若宮より賢そうだと獅子雄。そして、小袋の中を確認した獅子雄は、寅二郎は危険人物かもしれないと、虎夫に発見場所へ案内するよう促す。

小袋の発見場所には、3人分の足跡が残されていた。しかし、途中で2人に。タイヤ痕もあることから、寅二郎は2人組に襲われ車で連れ去られたと推測される。だが、付近のホームレスたちは不審な車は見なかったと証言。獅子雄と虎夫は、寅二郎が行方不明当日に出かけたデイサービスの介護施設へ向かう。

【シャーロック】7話の感想まとめ

私も「今回は若宮がタイトルの演出なんだ…」と素直に思ってしまいましたが、そんな訳は無くとってもいい演出でしたね。

このタイトル演出を楽しみにしている方はもちろん多く、皆さん毎回見逃さないように必死ではないですか?(私は必死です)

次回以降もいつタイトルが書かれるのか、必死になりながらも楽しみにしていきましょう!

次回の第8話は11/25(月)21時~の放送となりますので、お見逃しなく!!

記事内の画像・動画出典:シャーロック  公式HP

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク