【仮面ライダーゼロワン】8話のネタバレと感想!滅が変身、正体発覚で物語りは急加速!

第8話「ココからが滅びの始まり」

【仮面ライダーゼロワン】8話が放送されました。看護師ヒューマギアと前回からの「ヒューマギアの自我」がテーマです。

そして、いよいよ滅(砂川脩弥)に変身しゼロワンの強大な敵として立ちふさがります。その正体も発覚してゼロワンの物語は急速に加速して行きます。

今回の記事では急展開をみせた【仮面ライダーゼロワン】の8話のネタバレと感想などをお伝えします。

テレビ朝日の2019年の仮面ライダーは「仮面ライダーゼロワン」に決定しました。 次世代を担う注目のイケメン俳優・高橋文哉が令和…
令和最初の仮面ライダーである【仮面ライダーゼロワン】がいよいよスタートしました。「令和 = ゼロワン =AI」ということで人工知能と…
スポンサーリンク

【仮面ライダーゼロワン】8話のあらすじ

或人(高橋文哉)は定期健康診断のために国立医電病院にやってきていた。ここでは白衣の天使ましろちゃん(大後寿々花)をはじめ多くのヒューマギアが働いていた。イズ(鶴嶋乃愛)によると「病院は最もヒューマギアが働いている場所、また、個人情報を扱うのでセキュリティは万全です。」という。

或人は病院で同じく健康診断を受けていた諫(岡田龍太郎)と偶然出くわす。「健康管理も仕事のうちだ」としながらもヒューマギアが多い現状に不満げだった。そして、先の戦いからヒューマギアに自我が芽生えることの危険性を改めて危惧する。

バックアップで復活した暗殺ちゃん(松村龍之介)は看護師ヒューマギアを暴走させようとするもセキュリティが高くて失敗する。それを受けて滅(砂川脩弥)は「強力な戦力が必要だ」と迅(中川大輔)にエイムズの唯阿(井桁弘恵)を狙うように指示を出す。

その唯阿は新たに開発された自立駆動型ヒューマギア統率兵器ギーガーの開発とテストを行っていた。ギーガーがあれば暴走したヒューマギアを一気にコントロールできるのだ。だがそこに迅と暗殺ちゃんが襲撃してくる。

暗殺ちゃんはドードーマギアに変身、唯阿もバルキリーに変身して迎え撃つがAIによって学習し、進化した力に苦戦してしまう。その間、迅はギーガーに接近、滅はエイムズが開発した新たな武器を奪ってしまう。連絡を受けた或人と諫が駆けつけるも仮面ライダ迅にバルキリーは敗れてしまっていた。「お前らの目的は何だ!」という諫の問いに滅は「全てはアークの意志だ」とだけ答えて去っていってしまうのだった。

【仮面ライダーゼロワン】8話のネタバレ

白衣の天使ましろちゃんに自我が?

大事をとって病院で治療を受ける唯阿。「ヒューマギアに頼りすぎるな」と主張する諫にましろちゃんは「脳の診断をしたほうがいい」と勧める。これはましろちゃん自身が判断した結果であり、自我が芽生えようとしていた。

或人はましろちゃんをイズに調べて貰う。が、特に異常は見られず「シンギュラリティでも無い限り自我が芽生えることはない」という。「シンギュラリティ、人知を超えた技術革新」と唯阿と諫がやってくる。「自我が芽生え人間に危害を加える可能性がある以上、処分すべきだ」と2人は主張、それに対して或人は「暴走は滅亡迅雷.netのせいだ」と必死に庇う。

襲撃と衝撃の事実

そんな中、滅亡迅雷.netはギーガをハッキングし病院を襲撃する。そして、ギーガを使ってましろちゃんらヒューマギアを次々と暴走させていく。「お前らはなぜ人間を襲うんだ!」という諫に対し滅はヘッドバンドを取り、

「我々は人間ではないからだ」

とヒューマギアであることを見せ付けるのだった。

或人、諫、唯阿はゼロワン、バルカン、バルキリーに変身し滅亡迅雷.netを迎え撃つ。ゼロワンはドードーマギアと一騎打ちとなる。戦いを分析したイズのサポートでバイティングシャーク→フリージンブベアー→フレイミングタイガーと次々とフォルムチェンジしてドードーマギアを撃破する。

「全てを破壊する」とバルカンはトリロバイトマギア達を次々と破壊、バルキリーは仮面ライダー迅と対峙していた。そこに滅がやってきて、

「今日こそが革命の日」

と仮面ライダー滅に変身する。

仮面ライダー滅が12年前のデイブレイクの首謀者だと知ったバルカンは戦いを挑む。「お前らだけは許さない、12年前、俺の人生を狂わせた!」と怒りのままに攻撃を加えていく。が、仮面ライダー滅にはまったく効かず返り討ちにされてしまう。

「やめろーーー!!」とゼロワンが加勢しようとするも間に合わずバルカンは強烈な一撃を食らい倒れてしまう。変身も強制解除され、そこには頭から血を流し瀕死の諫が倒れていたのだった。

【仮面ライダーゼロワン】8話の感想とまとめ

仮面ライダー滅が登場

仮面ライダー滅は本格的にゼロワン達の前に姿を現しました。モチーフはサソリでその強力な一撃はパワー特化のバルカンを軽く凌駕しました。早くも絶望的な状況です。(ちなみに目的を宣言する時に高らかに掲げていた日本刀は使わなかったですね。)

ちなみに第4話でも話題になりましたが演じているスーツアクターは多くの平成ライダーでスーツアクターを務めた高岩成二です。平成のレジェンドが令和の新世代の強力な敵として立ちふさがるのは熱いですね。

滅の正体発覚で物語は加速する

第8話にして滅の正体がヒューマギアであることが判明します。ずっとヘッドバンドで耳を隠していたのはこのためだったんですね。

「人類滅亡へのカウントダウン」と滅亡迅雷.netが大きく動き出しました。まだ、2019年10月の半ばなのに歴代の仮面ライダーシリーズでは後半戦に突入したかのような展開の早さです。

また、「滅は誰が作ったのか?」という新しい謎も出ました。話に出てきた”アーク”という人物が裏にいるのでしょうか?

重傷を負った諫の運命はどうなるのでしょうか?10/27放送の第9話に続きます。

この記事で使用している画像の引用元:テレビ朝日「仮面ライダーゼロワン」公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク