【やすらぎの刻~道】133話のネタバレと感想!公平(風間俊介)が正真正銘のパパになる!

【やすらぎの刻~道】133話のネタバレと感想!

ニキビとハゲと再会した公平(風間俊介)。
村が様変わりする中、しの(清野菜名)は二人目の男の子を出産する。

倉本聰脚本【やすらぎの刻~道】133話が2019年10月9日に放送。
テレビ朝日開局60周年記念作品の帯ドラマ。「やすらぎの郷」の続編。
【やすらぎの刻~道】133話のネタバレあらすじと感想について。

【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末! テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰脚本の1年に渡る超大作。『やすらぎの郷』の続編。…
スポンサーリンク

【やすらぎの刻~道】133話のあらすじ・ネタバレ

【やすらぎの刻~道】133話あらすじ

【やすらぎの刻~道】133話ネタバレ

ニキビ(関口アナン)と再会した公平(風間俊介)。
ニキビは風呂に入っていて、裸で抱き合う。

青っ洟は死んだという。
ニキビは、無理して明るくふるまうのだが、
「そんなことより青っ洟はどうした」
公平の叫びにニキビは号泣する。

風呂からあがり、ニキビはこれまでのことを話す。

満州では、男たちはいきなり徴集された。
全員借り出された。
青っ洟もハゲも一緒だった。
負けたという報道があり、逃げたが、武器が違う。
あっという間にソ連軍に占領され、抵抗したやつはほとんど殺された。

みんな一度は日本に帰れると甘い希望をもっていた。
だが、貨車に乗せられた。
何日も運ばれ、トイレもないから垂れ流し。

日本とは別の方向に運ばれ、強制労働に就いた。
異常な寒さの中、凍った木を手斧で切っていく。
体の弱いのはどんどん倒れて行く。
そして、青っ洟も倒れてしまった。

1日の食事は黒パン3個。
青っ洟が死んだと知ったのは何日かあとだった。

「ここにいるのが俺は信じられない」とニキビ。
そして、ハゲ(両角周)がやってきて、公平とハゲは抱き合う。

**

ラジオから歌が流れる。
『異國の丘』

**

小野ヶ沢は忘れさられた村になってしまった。

疎開してきた人は帰っていった。
そこに農地改革があり、田畑の地図はガラリと変わった。

そんな中、しの(清野菜名)は男の子を生む。
名前をリュウと名付けた。

松岡一家も東京へ帰って行った。

公一(佐藤祐基)は1通の手紙を松岡夫人宛に残したらしい。

「奥さんには本当にお世話になった。
でも、わしはもう奥さんの前に顔を見せられない」

「戦地で人を殺した。
罪を犯した人間だから、もう会えない」
ということを告げた手紙だった。

<続く>

【やすらぎの刻~道】133話の見どころ

村は変わり、松岡夫人(横山めぐみ)は東京へ

【やすらぎの刻~道】133話の感想

ニキビとハゲの生還は嬉しいことですが、青っ洟の死は悲しいものです。満州の話も耳をふさぎたくなるような内容。公一の心の傷はとても深く、てっきり松岡夫人といい感じになると思っていたので、かなりガッカリ。
でも133話はおめでたいこともありました。公平がパパになりました。
しかも、しのは3人目もおめでたらしい。「公平、頑張るな」と思った133話でした。

記事画像:テレビ朝日公式ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク