【やすらぎの刻~道】130話のネタバレと感想!壮絶体験のモモ(ルリ子)とウメ(まりこ)は何歳?

2019年10月4日の放送【やすらぎの刻~道】130話のネタバレと感想!

しの(清野菜名)の生家に、満州から帰還したモモ(浅丘ルリ子)とウメ(加賀まりこ)が住むことになり、公平(風間俊介)はジャガイモを持っていくのだが。
モモとウメの年齢が気になる!?【機の音】と繋がる130話。
倉本聰脚本の戦後・昭和22年の日本は……。

スポンサーリンク

【やすらぎの刻~道】130話のあらすじ・ネタバレ

【やすらぎの刻~道】130話あらすじ

昭和22年春、満洲から帰還した、ひと組の姉妹――モモ(浅丘ルリ子)とウメ(加賀まりこ)が、空き家になっていたしの(清野菜名)の生家に入居してきた。
夕方、公平(風間俊介)が食料を届けに行ったところ、突然、妹のウメが取り乱し…!?

https://www.tv-asahi.co.jp/yasuraginotoki/story/0026/

【やすらぎの刻~道】130話ネタバレ

満州に行った人々の情報は全く入ってこなかった。そんな中、満洲から帰還した、モモ(浅丘ルリ子)とウメ(加賀まりこ)がしのの実家・空家に住むことになる。
公平(風間俊介)は、じゃがいもを持って訪問したのだが、妹のウメはわけのわからぬことを言い、閉じこもってしまった。
姉のモモは、ウメに「大丈夫」だというが、ウメはとまどいを隠せない。
そこに「どうしたんですか」と松岡夫人(横山めぐみ)がやってくる。

**

松岡夫人は、モモから聞いた話を公平にする。

戦争が終わった。満蒙開拓団の中で何かがおかしいということになり、本部に問い合わせにいったら、もぬけのから。
親しくしていた満人から「逃げろ」と言われたという。

モモは松岡夫人に
「いきなりロシア人がなだれこんできて、抵抗したじいちゃんがいきなり殺された。
みんなで隠れたがソ連兵が張り込んできて、略奪された。
ロシア兵に捕まり、何も出来ないまま、両手・両足を押さえつけられて……」
といい、泣いていたと。

松岡夫人はさらにモモの話を続ける。
気づいたら、家族は誰もいなくて、金目のものはなくて、ただ、モモとウメだけがボロキレみたいに残された。以来、ウメは神経がおかしくなってしまった。

**

根来家。

公平は、しの(清野菜名)と妹らに話す。

子供全員、蛮人に売られた。
二人は森に隠れながら、歩き、そして、何日目かにやっと引き上げ船に乗れたという。

軍は真っ先に逃げたという。
どこも同じ目にあったそうだ。
中にはソ連軍が来る前に、集団自殺した者もいるという。

**

話が広まり、村では、老人たちが寺にあつまり念仏を唱えた。

そして、数日後。
あの日、やってきたジープが再びやってきた。

「幸子さん、遊びに来ました」
とジョーナカジマ。
「どうぞ、どうぞ」とチョコレートなどを土産にくれる。

そして身の上話をする。

ジョーには妹がいるという。
「会いたいねぇ、僕」と。

祖父は熊本の生まれ。本当は日本人なのだが、アメリカで育ったジョーはアメリカ人。
「戦争始めたとき、悲しかった」と。
でもアメリカ人だから、自分から志願して兵隊に入ったという。

ふたりの会話をこっそり聞いていた公平。

「幸子が何かされないかと心配だった」

<続く>

【やすらぎの刻~道】130話の見どころ

モモ(浅丘ルリ子)とウメ(加賀まりこ)が登場!

【やすらぎの刻~道】の始まりの頃に、冴子らが話した【機の音】の話がここで繋がります。
菊村(石坂浩二)が【道】を執筆するきっかけになったお話ですね。

【やすらぎの刻~道】130話の感想

満蒙開拓団の話はあまりにも辛く惨いものです。モモとウメの体験は、心に深い傷を負うものです。このような女性は多くいたのでしょう。
それはさておき、SNSで話題なのがモモとウメの年齢など。演じているのが浅丘ルリ子さんと加賀まりこさん。むむ?と思うところもありますが、ここは、目をつぶり気にしないでいくのがよろしいかと思われます。
131話の予告から。
公一兄ちゃんが戻ってきますね。さらに、しのと公平の夫婦問題にメスが!?
かなり楽しみです。土日が入るので、放送は月曜日です。お見逃しなく。

【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末! テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰脚本の1年に渡る超大作。『やすらぎの郷』の続編。…

記事画像:テレビ朝日公式ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク