【やすらぎの刻~道】111話のネタバレと感想!東京は燃え公一(佐藤祐基)には赤紙が!

【やすらぎの刻~道】111話のネタバレと感想!
倉本聰脚本【やすらぎの刻~道】111話が2019年9月9日に放送。
公平(風間俊介)やしの(清野菜名)が東京大空襲のことを知ったのは4日後のことだった……。
テレビ朝日開局60周年記念作品の帯ドラマ。「やすらぎの郷」の続編。
【やすらぎの刻~道】111話のネタバレあらすじと感想について。

【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末! テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰脚本の1年に渡る超大作。『やすらぎの郷』…
スポンサーリンク

【やすらぎの刻~道】111話のネタバレ

【やすらぎの刻~道】111話のあらすじを紹介します。

【やすらぎの刻~道】111話ネタバレ

やすらぎ体操

**

戦争の内容を執筆する菊村(石坂浩二)。

大空襲を受けた東京は、焼け野原へ。

あの日、下町大空襲の夜。
それを防空壕で見ていた菊村。

その時は事実を知らず、事件の全容を知ったのは戦争が終わってからのこと。
当時は、B29は130機と報道された。

**

事件の一方が村に知らされたのは、それから4日後のことだった。

根来家に、東京から男が来る。
浅草から来た男は立田の3兄弟の親と逃げたという。
しかし、両親は死んだと。

「立田の親父は燃えた。
泣き叫ぶかみさんの手をひいて川に逃げた」
しかし、川に逃げ込んでも燃えている人間であふれていたという。

立田の兄弟・立田秋夫(狩野見恭兵)、春彦(三谷麟太郎)、夏夫(山田刃)はそれを聞き、行方不明に。

「駅に行ったのでは」という公平(風間俊介)。

駅に向かおうとする荒木に「わしも行こうか」と声を掛ける公一(佐藤祐基)。

すると荒木(須森隆文)は
「こんなときなんだけど」
と公一に赤紙を渡す。

公一に届いたものだ。

**

公平、伸子(井上希美)、幸子(木下愛華)、しの、剛。

公平は
「ニキビや青っ洟も戦争に行った」と話す。
女だけじゃ無理だと嘆く妹たち。

公平、剛を膝の上に抱き
「早くおっきくなれ。
わしらを助けてくれ」

**

公一、松岡家にいる。

公一は松岡の息子に立田兄弟のことを許してやれ、と言う。
立田の両親が死んだことも伝える。

帰り際……。

「それで奥さん、せっかく親しくしてもらいましたが……。
赤紙が来ました。わしも戦地です」
と伝える。

**

(公平・ナレーション)

行方不明の立田兄弟は見つからなかった。
警戒警報が村に鳴り響いた。

<続く>

【やすらぎの刻~道】111話の見どころ

東京大空襲

菊村(石坂浩二)の執筆で、大空襲の様子が放映されます。
実際の映像も。怖いです。短い時間ですが、戦争の惨さが伝わります。

【やすらぎの刻~道】111話の感想

戦争の恐怖が伝わる映像が流れました。
村に伝わったのが4日後とは。今では信じられません。なんたって今はスピード報道。報道も競争の時代ですから。
とうとう公一兄ちゃんに赤紙が届きました。どうか無事で戻ってきて欲しいです。
公平の足の負傷は、大成功だと思っていいのかも。剛が大きくなりました。
公平もしっかりと父の顔です。

今日は月曜日。「風間俊介Day」
朝の「ZIP!」昼の「やすらぎの刻~道」、そして夜は月9「監察医 朝顔」です♪

記事画像:テレビ朝日公式ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク