【ノーサイド・ゲーム】4話の視聴率とあらすじ!まさか佐々(林家たま平)に泣かされるとは!

ノーサイドゲームtop

【ノーサイド・ゲーム】4話の視聴率とあらすじ!

大泉洋主演のドラマ『ノーサイド・ゲーム』第4話が2019年8月4日(日)に放送されました。

放送後、控えで失敗もしてしまったラグビー部員・佐々(林家たま平)に視聴者がまさかの泣かされて…!?

今回は【ノーサイド・ゲーム】4話の視聴率・あらすじネタバレ・感想について。

動画は、パラビで配信あり。※当ページの情報は2019年8月4日時点のものです。
ドラマ【ノーサイド・ゲーム】のキャストとあらすじ! 2019年7月期のTBS日曜劇場は【ノーサイド・ゲーム】 大泉洋主演…
【ノーサイド・ゲーム】の視聴率と最終回ネタバレ! 大泉洋主演のTBS日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』(2019年7月7日‐9月)…
スポンサーリンク

【ノーサイド・ゲーム】4話の視聴率

【ノーサイド・ゲーム】4話の視聴率は、10・6%!

4回連続で二ケタ視聴率をキープです。

(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)


なお、HBC北海道放送での第4話の視聴率は、番組最高の17・0%をマークしています。

(視聴率はビデオリサーチ調べ、札幌地区)

【ノーサイド・ゲーム】4話のあらすじ

ある日、本社に呼び出された君嶋(大泉洋)はプラチナリーグ勝利を滝川常務(上川隆也)に報告するが、滝川は厳しい口調でラグビー部に否定的な言葉を重ねる。それを聞いた君嶋は気を引き締めて更なる勝利と集客を誓う。そして君嶋は以前のツテを使いアストロズにビジネス誌の取材を持ってきた。レギュラー選手たちが写真を撮られている脇で、佐々(林家たま平)たち控え選手は雑用をこなしながら自分も取材されたいと闘志を燃やす。

しかし、トキワ自動車府中工場で深刻な問題が発生した。佐々のせいで数千万円分の取引が破談になったというのだ。彼の言動が「府中グリーンカントリークラブ」の責任者・青野(濱津隆之)の機嫌を損ねたことが原因らしい。佐々は肩を落とし、ラグビー部員たちも白い目で見られることに…。

さらに君嶋にとってショックなことが起きた。あのカザマ商事買収案が取締役会議を通過したのだ。そしてこの件は何者かにリークされ、正式契約を待たずに世の知るところとなった。さらに買収を手がけた滝川は不採算部門のリストラも考えているらしい。君嶋は窮地に立たされる。

出典https://www.tbs.co.jp/noside_game_tbs/story/s4.html

アストロズの取材の情報を知ったサイクロンズのGM・鍵原誠(松尾諭)は、雑誌の記事内容を差し替えさせた。

さらに佐々が「府中グリーンカントリークラブ」の責任者・青野(濱津隆之)の機嫌を損ね、9000万もの取引が破談。

破談になったのは佐々のせいではなかった。逆に青野は佐々の熱意によって、アストロズの試合を自腹で観戦するという。

ラグビー部を辞めようとする佐々に君嶋が「みんな信頼してる。アストロズには君が必要だ」と声をかけた。

さらにメンバーたちも集まり「早く着替えろ」と練習に誘った。

そして試合当日。青野も応援にかけつけている中、アストロズの快進撃はつづく…。

【ノーサイド・ゲーム】4話の感想

【ノーサイド・ゲーム】4話のまとめ

【ノーサイド・ゲーム】4話は、佐々(林家たま平)に泣かされた視聴者が多かったようです。

愚直な人物であり、退社も覚悟しながら、仲間に迎えられるラスト。

とても熱い回でした。

スポーツを通した仲間っていいいものですね。

今後は大泉洋と上川隆也との戦いも盛り上がっていきそうで、さらに楽しみです。

※当記事のアイキャッチ画像の出典:https://www.tbs.co.jp/noside_game_tbs/story/s4.html

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク