2020年秋ドラマ
情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

【刑事7人シーズン5】3話のネタバレと視聴率!死体行方不明事件の真相..海老沢も?

#3 消えた死体の謎・・・!-鍵を握る4年前の”ある失踪”の秘密

テレビ朝日2019年夏の刑事ドラマはロングランに突入した「刑事7人 シーズン5」です。

第3話では現場から消えた死体の謎、4年前に発生した行方不明事件の真相に挑みます。

今回の記事では「刑事7人シーズン5」第3話の視聴率とネタバレなどをお伝えします。

【刑事7人】シーズン5のキャストとあらすじ!4の二つの大失敗は改善なるか?
2019年夏のテレビ朝日「水9枠」の刑事ドラマが「刑事7人」シーズン5に決まりました。 シーズン5というロングランとなり東山紀之演じる刑事・天樹悠らがパワーアップして帰ってきます。 一方、シーズン4では大失敗と言われている二つの不満点がありました。 「刑事7人」シーズン5のキャストとあらすじなどをまとめました。
【刑事7人シーズン5】の視聴率一覧と最終回ネタバレ!4の謎と伏線は解決なるか?
2019年夏、テレビ朝日水9の刑事ドラマに「刑事7人」が帰ってきます。新たに発足された「専従捜査班」に加わった主人公・天樹悠(東山紀之)達が凶悪事件に挑み、前シリーズの謎は解明されるのでしょうか?今回の記事では【刑事7人シーズン5】の伏線や視聴率・ネタバレを最終回までお届けします。

「刑事7人シーズン5」を視聴するには?

「刑事7人」シーズン4・5ともに「U-NEXT」で配信中です。レンタル作品となりますが加入特典の600ポイント、毎月の継続で受け取れる1200ポイントを支払いに当てることが出来ます。

※シーズン5の最新話は放送後、時間が経ってから配信開始となります。
※シーズン4は1話324円(7日間)‎、全10話まとめてだと2160円(14日間)2020‎年‎6月‎‎30‎日 23:59まで、‎シーズン5は1話324円(7日間)‎、2020‎年‎3‎月‎31‎日 23:59まで配信予定。
※本ページの情報は2019年8月23日時点のものです。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

スポンサーリンク

【刑事7人シーズン5】3話のネタバレと視聴率

【刑事7人シーズン5】3話の視聴率は11・0%でした。

【刑事7人シーズン5】3話のあらすじ

家の中に血まみれの女性の死体があるという通報を受け、制服警官が現場に駆けつけると、死体は消えていた! しかし、現場には、血痕と死体を運び出したときに付いたと思われるスーツケースの車輪の跡が残されていたため、専従捜査班が臨場することに。現場検証の結果、防犯カメラが壊されているうえに、部屋中の指紋も拭き取られていたことがわかる。

現場は、飲食店を経営する神崎裕一(浜田学)の自宅で、第一発見者は、裕一の妻・美穂(瀬戸カトリーヌ)。美穂は、死んでいたのは夫の愛人・森円香だったと断言する。なぜ愛人がこの家で殺されていたのか…、疑問を感じた天樹悠(東山紀之)ら専従捜査班。水田環(倉科カナ)青山新(塚本高史)が裕一に話を聞いたところ、現在神崎夫妻は別居中で、この家には誰も住んでおらず、この日、円香を交えた三人で、慰謝料や財産分与など離婚について話し合いをする予定だったという。

裕一の部屋を調べていた天樹は、引き出しに挟まっていた特徴的な花柄のハンカチに何か引っかかるものを感じ、鑑識に照合を依頼する。

翌日、法医学教授・堂本俊太郎(北大路欣也)の鑑定で、裕一が提供した円香の毛髪と現場に残されていた血痕のDNAが一致。堂本は、採取された血痕の量から円香が生存している可能性はゼロと断定する。

さらに、天樹がこだわっていた花柄のハンカチから検出されたDNAが、4年前の未解決事件の被害者のものと一致!

この事件は、当時、こつ然と姿を消した山下栞(咲坂実杏)の自宅から、血痕とスーツケースを引きずった跡が見つかり、さらに部屋中の指紋が拭き取られていたというもの。共通点が多いことや、ハンカチが裕一の部屋から見つかったことから、天樹は今回の事件との関連性を確信する。

まず4年前の事件を調べ直そうと、天樹らは4年前の事件を目撃したスナック経営者・田宮映子(櫻井淳子)に会いに行く。そんな中、今回の事件の被害者・森円香という女性は偽名で、この世に存在しないことが判明! 事態はさらに混迷を極めることに…。

引用:テレビ朝日「刑事7人」公式サイト

【刑事7人シーズン5】3話のネタバレ

証言

取り調べを受ける美穂。美穂と裕一との仲は冷え切っており、「裕一は自分の財産目当てで結婚したのだろう」と語る。彼女も愛人がおり話し合いの前にその男の元にいて犯行時刻に自宅に行くことは不可能だった。また、凶器の包丁には3つの星のマークが付いていたと証言する。

天樹と野々村は失踪した栞の実家を訪ね両親に話を聞く。社会勉強として1人暮らしをさせ、料理教室に通わせていたがある日当然連絡が取れなくなってしまった。母親がアパートに向かうと血痕だけが残されていたのだという。当時付き合っていた男性がいたがそれが裕一だったかは分からないとのことだった。

青山と水田は裕一の店に行き話を聞く。裕一にはアリバイが無く、店の包丁が一本無くなっていた。そして、店の包丁には3つの星のマークが付いており凶器と特徴が一致していた。これにより裕一は任意同行と取り調べを受けることになる。

天樹と野々村はさらに4年前の事件の目撃者である映子から話を聞く。映子は栞が男と言い争いをしていたことを目撃しており、裕一であるかどうか確かめに行くことを約束する。

そして、「遺体が遺棄された場所が特定されてかも知れない」と連絡が入る。

追い詰められた裕一

目撃された白い車の足取りを追うとある池にたどり着き、スーツケースの跡もあった。遺体は発見されなかったが被害者の血が付いた包丁が発見され、そこから裕一の指紋が検出された。

「嵌められたんだ」と否認する裕一だったが、映子は4年前に栞と会っていたのは裕一だろうと証言する。

飲み屋で片桐正敏(吉田鋼太郎)も交えて事件を整理する。天樹はあまりにも裕一に不利な状況に進んでいることに疑問を持つ。

過去の調査

天樹は過去の資料から栞のアパートに残されていた血は致死量ではなかったことを突き止める。そして、堂本に頼みごとをする。

一方、青山と水田は栞が通っていた一月の月謝が20万円もする料理教室へと向かい講師の中山由莉(池津祥子)から当時の事を聞く。栞のことは覚えていたが裕一のことは知らなかった。

水田は4年前の生徒のリストを借りていくことにする。そして、当時通っていた川本紀子という人物は偽名であったことを突き止める。

堂本からも連絡が入る。堂本には円香の現場に残っていた血液を再び調べてもらっていて、血は別々の日のもので少なくとも5回は刺されないと現場の量にはならないのだという。

そして、天樹はある神社を訪れていた。不自然な血・謎の人物…天樹の中で全てが繋がった。

事件の真相

天樹は映子の元を訪れ、酒を飲み交わしながら真相を語りだす。

今回の事件の被害者・森円香と4年前に料理教室に通っていた川本紀子は同一人物で、その正体は映子だった。

映子は裕一に殺されたと見せかけるために予め抜いていた自分の血を現場にばら撒き偽装殺人を作り、4年前の事件の再調査をさせるために栞のハンカチを現場に残していた。

天樹は映子が神社のオリジナルである安産のお守りを持っていたことから映子の経歴を調べ、真相にたどり着いていた。

全てを話す映子ー

映子は25年前は準看護師で1人の女の子を産んでいた。が、育てることはできず施設に置き去りにしていた。

15年前に結婚を考えた男性と出合ったが、その時にはもう子供を産めない体になっており、結婚も破談してしまう。寂しさから自分の娘を探しだす。その娘こそ山下家の養子となった栞だった。

他人として近くで娘を見守っていた映子。4年前に栞と裕一が言い争いをしていたところを目撃、その後、栞は行方不明になってしまう。

警察には話したが埒が明かず自力で探す映子。1年ほど前に裕一を発見、森円香として近づいていた。そして、栞の復讐として殺人事件をでっち上げてその罪を裕一に着せようとしたのだ。

真の真相

映子は栞を殺したのは裕一と思っていたが真犯人は別にいた。

 

 

 

 

栞を殺した真犯人は料理教室の講師・中山由莉(池津祥子)だった。

水田たちは裕一が4年前に開業したレストランの資金の出所を調べ上げており、それを突きつけられた裕一が全てを自白していた。

由莉と裕一は金に困っており、グルだった。由莉は料理教室に通う金持ちの娘の情報を裕一に提供、裕一はターゲットから金を巻き上げると由莉に分け前を渡していた。4年前に栞を結婚詐欺でだまし大金を得ていたのだった。全てに気付いた栞は由莉を警察に突き出そうとしていたが口封じに殺害されてしまったのだった。

全ての真相を知った映子。栞のハンカチは川本紀子として料理教室に通っていた時に貰ったもので、この時結婚を考えているとも聞かされていた。

復讐に失敗し映子は「何一つ出来ずに…バカな女よね…」泣き崩れてしまう。映子を連行する際、天樹は「その前に会いに行きませんか。娘さんが眠る場所へ。」と優しく問いかけるのであった…

【刑事7人シーズン5】3話の感想とまとめ

切ない結末

今回の事件は少し複雑でしたが、理不尽に娘を奪われた母親の復讐の物語でした。最後は復讐を遂げることが出来ず何ともいえない切ない結末でした。

また、娘は幸せの絶頂の中、不幸に叩き落され最期は非情な人間に理不尽に命を奪われてしまいました。

前回の曜日殺人といい第5シーズンは重い話が多いですね。

海老沢さん…

消えた死体の謎、4年前の行方不明事件の真相が今回のメインでしたが、海老沢(田辺誠一)も出番がなく行方不明でした。シーズン4も出番が無い回があり懸念していたのですが早々と無かったのは残念でした。

「刑事7人」とタイトルであり、手分けして捜査をするのですから少しでも全員の出番が欲しいところです。

第4話は高校生とSNSという現代的な事件です。

そして、次回は海老沢が過去に担当した事件にも繋がるメインの回のようです。

この記事で使用している画像の引用元:テレビ朝日「刑事7人」公式サイト

刑事7人シーズン5
スポンサーリンク
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】