2020年秋ドラマ
情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

【なつぞら】102話の視聴率とあらすじ!なぜ雪次郎(山田裕貴)は雪月へ帰ったの!?

なつぞらアニメーション編子記事

【なつぞら】102話の視聴率とあらすじ!

広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』第102話が2019年7月27日(土)に放送されました。

なぜ雪次郎(山田裕貴)は雪月へ帰ったのか、演劇への情熱は何だったのか、そもそも雪次郎の乱のパートは必要だったのか、ネットがざわつきました。

今回はそんな問題回【なつぞら】102話の視聴率・あらすじネタバレ・感想について。

朝ドラ【なつぞら】のキャスト一覧・相関図とあらすじ!広瀬すず主演!
朝ドラ【なつぞら】のキャストとあらすじ!2019年度前期・朝ドラは広瀬すず主演の【なつぞら】(夏空-なつぞら-から改題)岡田将生・松嶋奈々子・地元北海道のTEAM NACSメンバーら豪華出演者でおくる話題作!今回は本作『なつぞら』の気になるあらすじ・キャストをご紹介。 朝ドラの愛称で親しまれる連続テレビ小説『なつぞら…
【なつぞら】のネタバレ最終週最終回まで!なつ(広瀬すず)と坂場(中川大志)の夢はあの「火垂るの墓」!
朝ドラ【なつぞら】の最終回ネタバレ!映画主演多数の若手女優・広瀬すずがNHK朝ドラ『なつぞら』ヒロインで、老若男女に知れ渡る“国民的女優”へ駆け上がる!?今回は朝ドラ第100作の【なつぞら】(2019年4月-9月放送)のネタバレあらすじを最終週・最終回までまとめます。 【なつぞら】の最終回をネタバレします。 時は、…
スポンサーリンク

【なつぞら】102話の視聴率

『なつぞら』102話の視聴率は、21.2%!

(視聴率はビデオリサーチ調べのデータ、関東地区)

【なつぞら】102話のあらすじネタバレ

昭和38年12月。なつ(広瀬すず)たちの作ったテレビ漫画『百獣の王子サム』の放送が日曜の夕方に始まる。

十勝の柴田家では富士子(松嶋菜々子)や剛男(藤木直人)、そして泰樹(草刈正雄)も、なつの活躍を喜んでいた。

照男の長男・ちー君もなつの作ったテレビ漫画が好きだという。

しかし東洋動画のテレビ班には問題がある、もちろんあの人、演出の坂場(中川大志)だ。制作進行との言い争いが絶えないのだ。

なつが間に入り、ケンカシーンを土の煙でモコモコと覆う案を出す。さらに星を出したあと伸びてるトラを出すという表現も提案。

暴力を振るう場面を子どもに見せない表現でもあり一石二鳥だ。さらにその分、丁寧に描きたいシーンには時間をさける、と大好評な案だった。

その頃、帯広の雪月に、大きなカバンを抱えた雪次郎(山田裕貴)が現れた。

雪次郎は菓子屋に戻るために帰ってきた。逃げではなく、捨ててきたのだ。

その後、雪次郎は天陽のアトリエを訪問。雪次郎はなつに追いつけないことは嘆いた。

天陽は「競争じゃないべ。人生は。」と励ます。

新宿「風車」では、雪次郎の話しになっていた。蘭子は「心から辞めろって言ったわけじゃないのに…。」と言う。

亜矢美が「彼はそれも分かってましたよ。分かったから辞められたんだと思います。」とフォローした。

「雪次郎君。あれからじっくり考えて気付いたそうです。自分は開拓者になるなら 演劇じゃなく菓子屋だって。」なつは彼の真意を伝えた。

(ナレーション)ああ なつよ…降り積もる雪がやがては解けるように時間は過ぎてゆくだろう。そこに残るのは思い出か、愛か…。来週に続けよ。

【なつぞら】102話の感想

なぜ雪次郎(山田裕貴)は雪月へ帰ったの!?

なぜ雪次郎(山田裕貴)は雪月へ帰ったの!?

その意味が分からない視聴者が多数でした。

たしかに演劇に燃えていたし、前回で本気で辞めろと言ってないことも分かったのに…。

そもそも雪次郎は「川村屋」の修行を辞めるパートがありました。なので、今回はいわば「雪次郎の乱2」。

劇団員たちと思いをぶつけ合い、蘭子と共演していく夢を貫いたのですが、夢破れました。

そなん「雪次郎の乱」はアニメーションと(一見すると)関係ないので、雪次郎パートの不要論が上がっています。

しかし、その意義をフォローするツイートも…

雪次郎は逃げたのでなく「捨てた」と父に語っていました。

これって、なつが漫画映画でどこに力を注ぐか決断したことに似ています。

格闘シーンを思い切って煙にして、いわば「捨てた」なつ。

新しいことをしていくには、捨てることなど判断が必要。

つまり「なぜ雪次郎(山田裕貴)は雪月へ帰ったのか」の答えのヒントには、なつが語っていた「開拓者」がキーになります。

雪次郎にとっては、演劇を捨てて新ジャンルに挑戦することが、一番大変で開拓精神が必要なことだったのです。(菓子店を親から継ぐことが楽だから、逃げたのではなくて…。)

雪次郎と蘭子、アニメーションパートのシビアな対比!

第17週では、「ゆきぞら」と言われるほど雪次郎の話しが多かったのですが、

なつが新しいジャンル=テレビ漫画で捨てながら挑戦していることと対比されて…

雪次郎が(蘭子のための)演劇から新しい挑戦ができなかった、つまり蘭子を捨てられなかったことも描かれました。

それでも、挫折しても人生は続いていくので、今度は雪次郎が新しい挑戦(=菓子職人)のために演劇を捨てたという展開。

坂場となつが高めあう関係ですが、(十分、尺がなかったので推測ですが)おそらく蘭子と雪次郎が馴れ合いな関係だったのでしょう。

本作は夢を追うこと、とともに開拓者のシビアさも描かれていると思われます。

ただ、天陽が言うように「人生は競争でない」ので、雪次郎が番長たちと再会してアマチュア演劇を楽しんでくれたらいいな、とも思います。

※前回101話のあらすじと感想はコチラ

【なつぞら】101話の視聴率とあらすじ!蘭子(鈴木杏樹)の罵倒の切ない余韻が台なし!?
【なつぞら】101話の視聴率とあらすじ!広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』第101話が2019年7月26日(金)に放送されました。今回は【なつぞら】101話の視聴率・あらすじネタバレ・感想について。雪次郎:俺は蘭子さんが好きです。蘭子:こんな所に呼んじゃったから何か勘違いさせちゃったのかしら?雪次郎:これは…俺の勘
なつぞら
スポンサーリンク
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】