【なつぞら】92話の視聴率とあらすじ!中川大志(坂場役)のプロポーズに大反響!

なつぞらアニメーション編子記事

【なつぞら】92話の視聴率とあらすじ!

広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』第92話が2019年7月16日(火)に放送されました。

中川大志(坂場役)のなつへのプロポーズにネットで大反響!ウッチャンも腰を抜かす!?

今回は【なつぞら】92話の視聴率・あらすじ・感想について。

朝ドラ【なつぞら(夏空)】のキャスト相関図とあらすじ!広瀬すず×岡田将生! 2019年度前期・NHK朝ドラは広瀬すず主演の【な…
【なつぞら】91話の視聴率とあらすじ! 広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』第91話が2019年7月15日(月)に放送されま…
スポンサーリンク

【なつぞら】92話の視聴率

『なつぞら』92話の視聴率は、20.6%!

(視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区)

【なつぞら】のネタバレ最終週最終回まで! NHK「朝ドラ」こと連続テレビ小説の第100作『なつぞら』が2019年4月~9月まで…

【なつぞら】92話のあらすじ

92話のあらすじ(事前情報)

なつ(広瀬すず)が会社から帰ると、風車で働き始めた夕見子(福地桃子)から、カウンターに座っている泰樹に似た風貌の男性を紹介される。彼こそが夕見子と東京にやってきた高山(須藤蓮)だった。なつ達は高山と会話をしようと試みるが警戒心が強く、打ち解けられない。翌朝、東洋動画に出社したなつは、下山(川島明)が原画を手伝うと聞かされる。下山は、仲(井浦新)と坂場(中川大志)の対立が原因だと言い…。

出典https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2019-07-16&ch=21&eid=13040&f=4681

92話のあらすじから事前レビュー

92話の見どころは、夕見子の駆け落ち相手・高山(須藤蓮)の本格登場!

打ち解けられないなんて、ますます夕見子が騙されてる疑惑が深まってしまうのでは?

いったいどんなシーンになるか注目です。

〈関連記事〉

【なつぞら】高山(須藤蓮)のネタバレ! 広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』に高山役で須藤蓮が第16週から登場! 実は…

92話のあらすじネタバレ

風車にて

高山の下の名前は昭治といった。夕見子によると、写真でみた泰樹(草刈正雄)が気に入って ひげを生やしているという。

咲太郎がさりげなく住所を尋ねても、高山は警戒して断った。

亜矢美がジャズのレコードをかけようとしても、高山はモダンジャズが好きだからと断った。

高山「新宿は今や、モダンジャスの街になりつつあります。それを知らなきゃ古いですよ。」

なつ「ちょっと。古いってどういうことですか。人それぞれ、大事にしているものがあるのは当たり前じゃないですか。それを人に古いと言われるのはおかしいですよ。」

高山「君はそれでも映画を作ってる人?音楽も映画も、時代によって変わっていくのは当然のことだべさ。それに気付かず、古いものに固執することを古いと言って何が悪いんだ。したけど、ダメとは言ってない。君の言うとおり人それぞれだからね。」

高山はジャズ喫茶へ行くことになった。夕見子によると、高山はある金持ちの跡継ぎでね、親の決めたいいなずけまでいるという。

〈東洋動画にて〉

なつは、下山から仲(井浦新)と坂場(中川大志)の対立を聞かされた。

坂場が、仲の考え方を古いと指摘し、大人のためにも作るべきだと提言したという。そうしなければ漫画映画は廃れる、と。

〈中庭にて:なつと坂場2人きり〉

なつは、坂場になぜそんなことを言ったのか問い詰めた。

坂場は仲の絵がカワイイと認めつつ、子供はいろんな感情を世界から受け取って生きていると思っていた。

坂場「僕も子どものころ、空襲に遭いました。焼け跡を一人で、家族を捜して歩き回りました。幸い、親も生きていましたが、あの孤独と、飢え死にしそうな絶望感を忘れることはありません。大人の冷たさを、子どもの卑しさを、 嫌というほど見せつけられました。でも反対に、見知らぬ人の愛も知ったんじゃないですか?そういう子どもの時の体験が今の僕やあなたを作っているんです。違いますか?だから…仲さんたちと違うものを作るのは 僕らの使命なんです。」

〈喫茶「リボン」にて〉

麻子が仲に「最後までやらせて下さい。みんなで決めたとおりに作らせて下さい。」とお願いしていた。

麻子「初めは私も疑ってました。坂場さんと奥原さんの熱意は本物です。あの2人はずっと先に向かってアニメーションのことを考えてるんです。」

仲「君がそこまで思うなんて…」

麻子「イッキュウさんは ともかくとして… 奥原さん… なっちゃんのことを最初に認めたのは仲さんじゃないですか。」

〈再度・中庭〉

坂場「僕はもっとあなたには仲さんたちとは違うアニメーターになってもらいたい。世界の表も裏も描けるような 現実を超えた現実を見せられる それを丸ごと、子どもたちに体験させることのできるようなアニメーターです。僕もそういう演出家になりたいと思っています。一緒に作ってほしいんです。」

なつ「一緒に…」

坂場「一生をかけても、あなたと作りたいんです。」

【なつぞら】92話の感想

中川大志(坂場役)のプロポーズに大反響な第92話。

仕事のことを言っているのかもしれませんが、「一生」「一緒に」のワードはまさにプロポーズです。

決起集会の際、風車で、あなたにとって愛は何か、となつに尋ねていたので進展がありそうだったのですが、まさに急展開。

坂場は宮崎駿がモチーフかとウワサされていますが、明確なモデルはいないはずなので、(なつや天陽のモチーフは明言されています)結婚して公私ともにパート-ナーになり、漫画映画を作り上げていく?あるいは仕事上で一生?

ともかく夕見子もなつにも、恋の季節が到来です。

※次回93話のあらすじと感想はコチラ

【なつぞら】93話の視聴率とあらすじ! 広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』第93話が2019年7月17日(水)に放送。 …

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク