【集団左遷】9話の視聴率とあらすじ!福山雅治のツメが甘くて総ツッコミ!?

集団左遷視聴率記事

【集団左遷】9話の視聴率とあらすじ!

福山雅治の主演ドラマ【集団左遷!!】第9話が2019年6月16日(日)放送。

ここでは【集団左遷!!】9話の視聴率とあらすじをまとめます。

ドラマ【集団左遷!!】のキャストとあらすじ! 2019年4月21日スタートのTBS系・日曜9時のドラマは【集団左遷!!】 …

【集団左遷!!】の動画はパラビで配信!本ページの情報は2019年6月16時点のものです。

スポンサーリンク

【集団左遷!!】9話の視聴率

『集団左遷!!』9話の視聴率は、10.1%!

2話連続で二ケタ視聴率の好調キープです。

(視聴率はビデオリサーチ調べ・関東地区)

【集団左遷!!】の視聴率と最終回ネタバレ! 【集団左遷!!】は、福山雅治が主演を務める、銀行を舞台にした平成最後の下克上ドラマ…

【集団左遷!!】9話のあらすじネタバレ

片岡(福山雅治)は、懸命の調査で横山専務(三上博史)の裏金づくりを暴き出した。

しかし藤田頭取(市村正親)の裏切りで、証拠のリストから横山の名前は消されてしまっていた。

藤田頭取がダイバーサーチとの提携のカギを握る横山との取引に応じたと考えられる。

憤る片岡は、不正の新たな証拠をつかむべく、再び動き出す。

その頃、横山は国会議員・島津和幸(石丸謙二郎)に謝礼を渡していた。島津は元金融担当相という肩書きを持ち、銀行と関わりの深い金融庁に顔が利く有力な政治家だ。

そして、三友銀行と巨大外資ダイバーサーチとの提携会見にて、9500人のリストラを敢行すると発表がある。

横山・藤田によって始まった「集団左遷」に、片岡や隅田常務(別所哲也)は反対するがかき消される。

そんな中、滝川(神木隆之介)木田美恵子(中村アン)ら元部下たち、元蒲田支店メンバーが立ち上がる。「三友を正しい銀行にしましょう!

片岡は、「梅ちゃん」こと梅原・支店統括部部長に接触。しかし梅原は、横山が副頭取になるため逆らえない。

宿利(酒匂芳)に問い詰めた片岡は、横山がお金を動かすとしたら顧問料だとわかり、滝川たちに調査を依頼する。

しかし片岡たちの行動が横山にバレる。しかも梅原が関わった人物を調査するよう命じられた。

片岡は、滝川たちの調査を中止すると決めた。そこへ梅原が黒革の手帖を持ってきた…政治家・島津への裏金の証拠だった。

役員会の日。片岡と隅田は証拠をつきつけて横山に退陣を求めた。

しかし横山の副頭取就任は承認されてしまい…。

【集団左遷!!】9話の感想

福山雅治のツメが甘くて総ツッコミ!?

【集団左遷!!】9話のまとめ

松本清張の『黒革の手帖』のような不正の証拠をつかんだ片岡(福山雅治)。

しかし、ツメが甘く、横山は副頭取になってしまいました。

次回の最終回では、片岡たち元蒲田支店のメンバーが勝利して、スカッとすることができるのか?注目です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク