2020年夏ドラマ一覧2020年秋ドラマ一覧

【わたし、定時で帰ります。】7話の視聴率とあらすじ!吉高由里子(結衣)と父の両方に共感!

わたし定時で帰ります。

【わたし、定時で帰ります。】7話の視聴率とあらすじ!

吉高由里子主演のTBS火曜ドラマ『わたし、定時で帰ります。』第7話が2019年5月28日に放送されました。

結衣の親が離婚で嵐の予感!

放送後、吉高由里子(結衣)と父の両方に共感の声が!?

今回は【わたし、定時で帰ります。】7話の視聴率・あらすじネタバレ・感想について。

動画は、パラビで配信あり。※当ページの情報は2019年5月28日のものです。
【わたし、定時で帰ります。】のキャストとあらすじ!吉高由里子TBSドラマ初主演!
ドラマ【わたし、定時で帰ります。】のキャストとあらすじ! 2019年4月16日(火)スタートのTBS・火曜ドラマは『わたし、定時で帰ります。』(毎週火曜22時) 吉高由里子がTBS連ドラ初主演を務める“ワーキングドラマ”...
スポンサーリンク

【わたし、定時で帰ります。】7話の視聴率

【わたし、定時で帰ります。】7話の視聴率は、10.3%!

前回と横ばいで、二ケタ視聴率の好調キープです。

(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)

北海道地区の視聴率

HBCテレビ(北海道放送)で放送された第7話の視聴率は、12.9%!

主人公・結衣(吉高由里子)の母親が旅行していた温泉が、北海道登別市にある「登別温泉」でした。

(視聴率はビデオリサーチ調べ、北海道地区)

【わたし、定時で帰ります。】の視聴率と最終回ネタバレ!吉高由里子の恋と仕事の結末は?
【わたし、定時で帰ります。】の視聴率と最終回ネタバレ! 吉高由里子主演のTBS系火曜ドラマ『わたし、定時で帰ります。(わた定)』(2019年4月‐6月)が放送されました。 定時に帰るニューヒロインがブラックな上司やモンス...

【わたし、定時で帰ります。】7話のあらすじ

7話のあらすじ(公式サイトより)

酔っぱらって「(結衣のことを)今でも好きですよ」と言った晃太郎(向井理)に、絶句する結衣(吉高由里子)とフリーズする巧(中丸雄一)。
その日の帰り道、結衣に突然実家の父・宗典から「お母さんが家出した」と連絡が入る——。
結衣が急いで実家に帰ると、母・美園から「離婚してほしい」というメッセージが送られてきてから、連絡を拒絶されているという。
一方、福永から予算に見合わない新規案件が制作4部に舞い込んできて…。

出典https://www.tbs.co.jp/watatei/story/

7話のあらすじネタバレ(番組本編より)

〈晃太郎の告白の結末と家族問題と友情〉

晃太郎は結衣に告白したことを覚えていなかった。

巧に謝罪した晃太郎は、結衣にも仕事関係の上で好きと弁解する。

結衣は仕事中、一人になった父からアレコレ連絡がくるので、定時を忘れて仕事し、あわてて帰る。

中華料理屋で持ち帰りにして実家に行こうとする結衣。

そこへ賤ヶ岳(内田有紀)三谷(シシド・カフカ)が心配して来店、話しを聞いてくれた。

〈結衣の実家にて〉

巧でなく晃太郎の肩をもつ父の言葉に、結衣は「うるさい!」とつい言ってしまう。

仕事人間で家庭を大事にしない、そんな父のようにはならないと告げて、結衣は実家を出た。

〈会社にて〉

福永の無理な案件を審査に上げてみるように、と結衣は福永に勧められる。

赤字大嫌いな管理の鬼・石黒(木下隆行)が審査を通さないと結衣は思っていた…。

〈ある日〉

会社の結衣に、結衣の実家の煙で近所の人から連絡がくる。火事ではなかったが気が滅入る結衣。

その日の夜。賤ヶ岳・三谷が結衣の実家へ来て、料理を手伝う。結衣の仕事ぶりも褒めて、結衣の父に伝える。

時代が違うんだな」と父・宗典(小林隆)は結衣に告げた。

父が焦がしたハンバーグは結衣と母が好きなものだ。結衣も言い過ぎたと謝罪する。

そして母・美園(山下容莉枝)が家出から帰宅。温泉に行っていたという。

すかさず仲をとりもとうとする結衣。

美園は「温泉つかってたらどうでもよくなっちゃった」とあっけらかん。「次は一緒に行こうね」と夫に話しかけた。

…結衣は、無事に親の離婚問題を切り抜けた。

が、福永は無理な案件を通そうと企んでいた。担当者が会社のメインバンクの頭取の息子で・・・。

【わたし、定時で帰ります。】7話の感想

吉高由里子(結衣)と父の両方に共感の声!

【わたし、定時で帰ります。】7話のまとめ

吉高由里子(結衣)と父の両方に視聴者から共感の声が上がりました。

父と娘。どちらか一方の意見に偏らない展開が心地よく…

しかもお母さんが温泉につかってスッキリしてしまう、ポップなラスト。

それでもこの日、やりきれない、理不尽な殺傷事件があったこの日にはちょうど良いテイストだったようです。

1話・2話で結衣が助けた同僚たちが、結衣のピンチを助けてくれるのも、人のあたたかさを感じさせました。

父と娘、夫と妻が互いにわかりあえた第7話は、少しきれい事かもしれません。

それでもおおむね好評で、希望的なストーリーだったと受け取られたようです。