【やすらぎの刻~道】33話の視聴率とあらすじ!苦し紛れのセリフがラストを飾る

【やすらぎの刻~道】33話の視聴率とあらすじ!
倉本聰脚本『やすらぎの刻~道』33話が2019年5月22日に放送。
テレビ朝日開局60周年記念作品の帯ドラマ。「やすらぎの郷」の続編。
エリの話って何?菊村先生は浮かれすぎ!?
33話の視聴率とネタバレあらすじと感想について。

【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末! テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰脚本の1年に渡る超大作。『やすらぎの郷』…
スポンサーリンク

【やすらぎの刻~道】33話の視聴率

**

【やすらぎの刻~道】33話のあらすじ

【やすらぎの刻~道】33話のあらすじを紹介します。

『やすらぎの刻~道』33話・公式HPあらすじ

 新たに入ったコンシェルジュ・有坂エリ(板谷由夏)とバー『カサブランカ』で会う約束を交わした、菊村栄(石坂浩二)。ところが、ウキウキ気分で向かったところ、白川冴子(浅丘ルリ子)、水谷マヤ(加賀まりこ)、真野六郎(ミッキー・カーチス)がすでにカウンターに陣取っていて…。
さらに、栄たちは理事長の名倉修平(名高達男)から、深刻な相談を持ち掛けられる…。

『やすらぎの刻~道』33話あらすじ・ネタバレ

カサブランカには、冴子(浅丘ルリ子)とマヤ(加賀まりこ)とロク(ミッキー・カーチス)がいた。

エリ(板谷由夏)はカサブランカに写真を持ってきた。
エリの母・幸子と菊村の妻・律子の女学校の頃の写真とパーティーの写真。
若き日の律子の写真に興奮気味の菊村。
エリの幼少期を思い出し“昔会った少女がこんな素敵な女性になっていた”と思う。

そんな菊村(石坂浩二)の姿を見て、「栄ちゃん、いまときめいているでしょう」と冴子にからかわれる。
このとき、マヤからの情報でエリがバツイチだと知った。

**

呼び出された4人。

理事長の名倉修平(名高達男)は、大納言に身寄りはなく、身近なのは4人(菊村、ロク、マヤ、冴子)だけ。だから呼び出したのだという。

「大納言はもう危ない。
尊厳死について訊かれ、書類を取り寄せたが、そのときには大納言は判断できる状態ではなかった。

延命治療に疑問を持っている。
延命はできるがそれは人道的ではないと思っている」とも。

そして、名倉は決意を語る。
「これ以上、大納言を苦しめたくはない。延命治療を終わりにする」ということだった。

大納言に会うことになった4人。
朦朧とした意識の中、大納言は「いかにも」と言った。
それは、セリフを忘れたときに大納言が言ったセリフだった。その「いかにも」で大納言は一躍有名になったのだった。

**

カサブランカで語りあう4人。
大納言が『「いかにも」だけは忘れていかなった』としみじみとロクがいうと、冴子、マヤ、菊村が深く頷いた。

<続く>

【やすらぎの刻~道】33話の見どころ

やすらぎの刻名言

尊厳死について語る名倉(名高達男)のセリフ。重みがあります。

【やすらぎの刻~道】33話の感想

大納言の別れを惜しむ声や尊厳死についての感想も。

「やすらぎの刻~道」33話は、尊厳死についてを考える時間をもらったと思う。生まれたときから死に向かっているのが人生。延命については賛否両論あるだろうけど、大納言は苦しかっただろうし、これでいいんだと感じるのでした。
それにしても、菊村先生。エリに会うからとコロンつけすぎたり、うかれたり。恋はこれから始まるのかしら?年の差恋愛ってどうなんだろう。気になる♪♪

記事画像:テレビ朝日公式ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク