【やすらぎの刻~道】31話の視聴率とあらすじ!立ちションでこわれる愛がある!?

【やすらぎの刻~道】31話の視聴率とあらすじ!
倉本聰脚本『やすらぎの刻~道』31話が2019年5月20日に放送。
テレビ朝日開局60周年記念作品の帯ドラマ。「やすらぎの郷」の続編。
菊村(石坂浩二)の執筆する『道』から久しぶりに現実に戻る。サロンには悪いニュースと良いニュースが…。
31話の視聴率とネタバレあらすじと感想について。

【やすらぎの刻~道】全話ネタバレと最終回結末! テレビ朝日開局60周年記念作品。倉本聰脚本の1年に渡る超大作。『やすらぎの郷』…
スポンサーリンク

【やすらぎの刻~道】31話の視聴率

**

【やすらぎの刻~道】31話のあらすじ

【やすらぎの刻~道】31話のあらすじを紹介します。

『やすらぎの刻~道』31話・公式HPあらすじ

 菊村栄(石坂浩二)は、執筆途中のシナリオ『道』の登場人物の背景と履歴を整理しなおすことにした。
そんな中、栄は“マロ”こと真野六郎(ミッキー・カーチス)から、結婚寸前までいった前のコンシェルジュ・伸子から、ある“知らせ”が届いたことを聞く。マロは伸子となぜ破局したのか、その理由を語りはじめ

『やすらぎの刻~道』31話あらすじ・ネタバレ

執事中の『道』を改めて整理を始める菊村(石坂浩二)。村の背景、景色を細かく絵に描く。南アルプスや自然に囲まれた村など、細かな描写が映像として流れていく。
風景の描写が終わると、次に根来家の見取り図。そして、人物構成。鉄平との関係も。
ここに菊村の秘密兵器ともいうべき巻物が登場。
菊村が作り上げた巻物は、世の中の歴史がわかる優れもの。
巻物から、三平の歴をたどる。しのとであったのは14歳。そして、ついていない公平についても。公平(風間俊介)は、大正13年生まれと設定。

**

一息つきにサロンに行くと「大納言の様態が思わしくない」と聞く。そして、マロから「伸子は結婚するらしい」と聞く。伸子の相手は官僚だという。
マロと伸子との破局の原因は、洋式トイレのこと。立ちションするのを禁じられたという。トイレで座っておしっこをしていたが、我慢できなくなってきたマロ。トイレでタバコすったら、それも禁じられた。それが原因。つまり男としてのプライドの問題だとマロは語る。

そこに新コンシェルジュ・有坂エリ(板谷由夏)が挨拶にくる。エリがサロンにやってきたことは、大納言のニュースに反して“いいニュース”だった。

<続く>

【やすらぎの刻~道】31話の見どころ

やすらぐ風景

菊村が描く『道』の風景がそのまま映像として流れます。
豊かな自然。たっぷりと。公平らが生きた村が細かく描写されています。

撮影風景↓↓

【やすらぎの刻~道】31話の感想

・男子がトイレで座って用を足すのは増えています。立ちションはやっぱり古い世代!?
おしっこネタ、けっこうありますね。笑える人と笑えない人がいるようです。

「食事時なのにトイレネタが多くてげんなり」「トイレとかそんな方面の話が多いな」などのツイートも。

・31話の前半は『道』についての菊村のお話。シナリオを描いているつぶやきに、何気に最近のドラマの脚本についてふれています。どうやら菊村は現代ドラマのシナリオに納得がいかない様子。
これ、ドラマよね?倉本聰氏のご意見がなにげに入っている?と勘ぐってしまいました。
さて、いよいよ、新コンシェルジュ・有坂エリ(板谷由夏)が登場。菊村が恋するかもしれない。次回も気になりますね♪♪

記事画像:テレビ朝日公式ホームページ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク