2020年秋ドラマ
情報まとめ
2020年秋ドラマ
視聴率ランキング

【家政夫のミタゾノ3】4話の視聴率とネタバレ!川栄李奈の推理はコナンより勝る!?

【家政夫のミタゾノ3】4話の視聴率とネタバレ!
金曜ナイトドラマ『家政夫のミタゾノ3』4話が2019年5月10日に放送。
松岡昌宏(TOKIO)が演じる最強家政夫・ミタゾノと新米の光(伊野尾慧)萌(川栄李奈)が裁判官宅へ。ミタゾノが覗き見る隠された秘密とは…。ミタゾノが裁判に!衝撃のリーガル編!?
パワーアップした『家政夫のミタゾノ3』第4話視聴率とあらすじと感想について。

【家政夫のミタゾノ3】の視聴率と最終回ネタバレ!女装の理由が●●過ぎると炎上?
家政夫のミタゾノ3の視聴率と最終回ネタバレ。主演TOKIOの松岡昌宏、川栄李奈と伊野尾慧出演の同ドラマの初回から最終回までのあらすじと視聴率一覧。最終回ネタバレでミタゾノの正体について。金曜深夜ドラマ枠の過去視聴率など、視聴率予想、初回から最終回まで随時更新予定。過去同作品の視聴率も。

 

スポンサーリンク

【家政夫のミタゾノ3】4話の視聴率

【家政夫のミタゾノ3】4話の視聴率は、7.4%でした。

【家政夫のミタゾノ3】4話のゲスト

【家政夫のミタゾノ3】4話のゲストを紹介します。

玄角厳吾  キャスト:山崎一

どんな不正も絶対に許さない、温情など一切なしの厳しい裁判官。

家庭でもかなり厳しい。

玄角優美子  キャスト:中島ひろ子

玄角の妻

玄角正子  キャスト:矢作穂香

玄角の娘

玄角公平  キャスト:田中奏生

玄角の息子

【家政夫のミタゾノ3】4話のネタバレあらすじ

【家政夫のミタゾノ3】4話のネタバレあらすじを紹介します。

光(伊野尾慧)たちが裁判官宅へ

ミタゾノ松岡昌弘)、伊野尾慧)、川栄李奈)の派遣先は不正を絶対に許さない“正しい裁判官”玄角厳吾(高橋一)宅。
家政婦を雇ったのは妻の優美子(中島ひろ子)。勝手に家政婦を雇ったことに激怒する玄角は、3人を追い返そうとする。その時、クレヨンで「クソ裁判官一家」といたずら書きされたシーツが発見され、手際よくクレヨンを消すミタゾノをみて、玄角は三人を雇うことに。

玄角が扱っている事件は、証拠不十分な宝石強盗事件。
その日、玄角のもとには「玄角の不正をにぎっている。裁判は有罪を下せ」というメールが届いていた。

玄角夫婦には、娘・正子、息子・公平がいる。三人は玄角に逆らえず、各々が秘密を持っていた。

実は、シーツの落書きは公平が犯人。それをすぐに見破ったミタゾノ。
公平は「お父さんには言わないで」願い出る。ミタゾノは口止めの変わりに、公平に家事を手伝わせる。

妻の優美子は、弁護士と浮気をしている。「ぎっくり腰」で家政婦を雇ったはずだが、実は浮気をしたいがための嘘。病院へ行くというのは、弁護士と会うための口実だった。

萌(川栄李奈)が事件を推理

川栄李奈)が掃除をしていると、血痕のついた正子のバットを見つける。
ミタゾノ松岡昌宏)、伊野尾慧)、萌がバットを見て推理しているところへ玄角が帰宅。
慌てて三人が隠れると、玄角はバットを見つけて隠してしまう。

ミタゾノの作為で正子の携帯を見てしまう玄角。そこには、事件のあった宝石店の前にいる正子の姿が。さらに、正子のパソコンを盗み見たり、電話を盗み聞きする玄角は、もしかしたら「正子が事件にかかわっているのでは」と疑る。

正子を疑っているのは玄角だけではない。萌も正子を疑っている。

家族が揃う夕飯時。
ミタゾノが正子の部屋の前でネックレスを見つけたという。
Jのイニシャルがあるネックレス。
それは正子のものだった。

Jというのは、強盗事件のあった宝石店「ジュエリーショップ」の頭文字では?
萌も玄角も、ますます、正子を疑っていく。

ミタゾノ(松岡昌宏)が証人に!

宝石強盗事件の裁判。

川栄李奈)と伊野尾慧)は傍聴席にいる。

裁判中、弁護人が証人を呼ぶと、そこには、ミタゾノが!
玄角の妻、娘、息子もミタゾノに呼ばれて傍聴にくる。

ミタゾノ松岡昌宏)が証人になったことで、事件の全容が明らかになる。

証拠だという携帯電話の写真から、妻・由美子の浮気が発覚。しかも、相手は事件を扱う弁護士。
公平がいたずら書きの犯人だということも玄角に知られる。
そして、正子の秘密も明らかになっていく。
正子は女子プロレスラーになるのが夢。バットの血痕は正子のもの。練習で血豆をできたからだった。
さらに、Jの文字のネックレスは、女子プロレスラーの正子の名前が「ジャスティス」だったから。

脅迫メールを届けていたのは、検事。
事件がなかなか解決しないから脅迫をしていたのだ。

これで一件落着、と思いきや、玄角が赤ちゃんプレイで楽しむ姿がスクリーンに映しだされる。
「変体裁判官」となじられる玄角をかばったのは息子の公平。

本当は裁判官になりたいという公平。妻も正子も厳しい玄角にうんざりしていたと話す。
「常に正しい裁判官になるのが苦しくて誰かに甘えたかった」と謝る玄角。
「不正を隠すために被告人に有罪をしようとしていた」と告白し、法廷を汚したことを詫びた。

すべてが明らかになり感動をした犯人が「俺がやりました」名乗り出て、裁判は終わった―。

【家政夫のミタゾノ3】4話の見どころ

『家政夫のミタゾノ3』4話・ミタゾノさんの豆知識

布についたクレヨンは、アルコールスプレーで落とす。
血痕を落とすのは消毒用オキシドールを使う。
お風呂のカビは、50度のお湯をかけると死滅する。
ファスナーが動かなくなったら鉛筆を使う。

停止画でミタゾノがコチョコチョ

家政夫のミタゾノでは周囲が停止してミタゾノ(松岡昌宏)がお話をするという場面が定番。
4話では、裁判官の玄角(高橋一)さんの顎や頬をブラシでミタゾノがこちょこちょしてます。高橋さん、くすぐったいのこらえてるだろうな、と思わず見入ってしまった。

【家政夫のミタゾノ3】4話の感想まとめ

4話も痛快スッキリ。そして面白い。
時々、男のニオイがするミタゾノさんも魅力です。萌(川栄李奈)の名探偵ぶりの推理は、もっともらしく語るから笑えてしまう。あそこまで堂々と推理を披露してしまう意気込みは、コナンよりも勝る!?ハズレだよね、と思いつつ、頷きたくなる不思議な魅力があります。

エンディングで放送される「おしえてミタゾノさん」のネタバレ

【家政夫のミタゾノ3】正体判明!?「#おしえてミタゾノさん」質問続出のネタバレ情報
【家政夫のミタゾノ3】おしえてミタゾさんのコーナーをピックアップ!TOKIO松岡昌宏主演の金曜ナイトドラマ。同シリーズ初企画「おしえてミタゾノさん」について。その内容。質問と回答を公開。初回から最終回まで。ツイートを掲載。料理や豆知識などの質問も掲載。

記事内画像:テレビ朝日公式ホームページ

家政夫のミタゾノ3
この記事が気に入ったら
いいねしよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
dorama9【キャスト/あらすじ/視聴率/ネタバレ】