【なつぞら】23話の視聴率とあらすじ!草刈正雄が山田家へ、演劇より現実的展開に?

【なつぞら】23話の視聴率とあらすじ!

広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』第23話が2019年4月26日(金)に放送されました。

高校演劇編もいよいよクライマックスへ!

しかし泰樹(草刈正雄)が山田家へ、演劇より現実的展開に?

今回は【なつぞら】23話の視聴率・あらすじ・感想について。

【なつぞら】22話の視聴率とあらすじ! 広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』第22話が2019年4月25日(木)に放送されました。 …
朝ドラ【なつぞら(夏空)】のキャスト相関図とあらすじ!広瀬すず×岡田将生! 2019年度前期・NHK朝ドラは広瀬すず主演の【な…
スポンサーリンク

【なつぞら】23話の視聴率

『なつぞら』23話の視聴率は、わかり次第お知らせします。

【なつぞら】のネタバレ最終週最終回まで! NHK「朝ドラ」こと連続テレビ小説の第100作『なつぞら』が2019年4月~9月まで…

【なつぞら】23話のあらすじ

23話のあらすじ(事前情報)

なつ(広瀬すず)の演劇大会が近づいたある日、富士子(松嶋菜々子)は雪月を訪れ、自分たちにもできることはないかと相談。とよ(高畑淳子)や雪之助(安田顕)は、その熱意に押され、十勝の酪農を発展させるあるものを、会場で配布することを決める。一方、舞台の背景画を任された天陽(吉沢亮)も、演劇に必死に取り組むなつたちの姿を見ながら、自らの表現を絵にぶつけていた。そしていよいよ、演劇大会の当日を迎える…。

出典https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2019-04-26&ch=21&eid=19113&f=4681

23話のあらすじから事前レビュー

22話で、なつが魂を作ることが分かり始め、23話は、いよいよ演劇大会当日へ。

「雪月」や天陽など周りも描いていく脚本も、群像劇として見事。

高校生編では、よっちゃん(富田望生)の扱かいがヒドイのが気になるのですが…、

演劇編クライマックスで盛り上がりそうです。

13話のあらすじネタバレ

「十勝の酪農を発展させるあるもの」とは、モナカを器にしたアイスクリーム。

商品名「勝農魂」は大売れだった。

しかし泰樹(草刈正雄)が夕見子(福地桃子)と明美(平尾菜々花)を連れて学校へ向かう途中、天陽(吉沢亮)が「牛の様子がおかしいんだわ」とやってきた。

天陽の家の牛は、鼓腸症(こちょうしょう)というガスがたまる状態のため、泰樹が対応にあたる。

原因はクローバーを大量に与えたからだ。

安く買い取られてしまうため、乳をたくさん出してもらおうとしたのだ。泰樹は牛乳を飲んでみた…。

そして泰樹が来ないまま、演劇コンクールの本番がスタート。なつの出番がきて・・・。

【なつぞら】23話の感想

演劇を通して泰樹のかたくなな心が変わる、という展開ではないと分かった第23話。

視聴者には「現実的で良い」という意見が多いようです。

それならば、なつの演劇部編に意味はあったのか、ということになるのですが…。

なつは、当初の「泰樹のために演劇をする」から「私がやりたい」へ変化しました。

夕見子いわく「あんたは遠慮してる」なつが、成長するためにあった(とも解釈できる)演劇編。

成長というより、なつが自分の気持ちを使って演じることで、自分の想いに向き合えたという方が正確か。

この演劇経験は、アニメーションへつながっていくことでしょう。

*次回24話のあらすじネタバレと感想はコチラ

【なつぞら】24話の視聴率とあらすじ! 広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』第24話が2019年4月27日(土)に放送。 放送…

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク