【わたし、定時で帰ります。】2話の視聴率とあらすじ!吉高由里子の名言に疑問あり!?

わたし定時で帰ります。

【わたし、定時で帰ります。(わた定)】2話の視聴率とあらすじ!

吉高由里子主演のTBS火曜ドラマ『わたし、定時で帰ります。』第2話が2019年4月23日に放送されました。

放送後、結衣(吉高由里子)が産休明けの賤ヶ岳(内田有紀)にかけた言葉が話題です!

しかしあえて、この名言に疑問も投げかけてみました。

今回は【わたし、定時で帰ります。】1話の視聴率・あらすじネタバレ・感想について。

【わた定】の動画はパラビで配信中!30日間無料体験するなら、まずは登録+ログイン!※本ページの情報は2019年5月21日時点のものです。

ドラマ【わたし、定時で帰ります。】のキャストとあらすじ! 2019年4月16日(火)スタートのTBS・火曜ドラマは『わたし、定…
スポンサーリンク

【わたし、定時で帰ります。】2話の視聴率

【わたし、定時で帰ります。】2話の視聴率は、10・4%

初回から0.9ポイントアップで二ケタ視聴率をマークです。

直近のTBS火曜22時枠の第2話視聴率は…

・「初めて恋をした日に読む話(はじこい)」(2019年1月‐3月):第2話視聴率は9.0%(初回視聴率8.6%から0.4アップ)

・「中学聖日記」(2018年10月‐12月):第2話視聴率は6.5%(初回視聴率6.0%から0.5アップ)

同時間帯で、右肩上がりに数字を伸ばすのは、3作品連続となります。

(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)

【わたし、定時で帰ります。】の視聴率と最終回ネタバレ! 吉高由里子主演のTBS系火曜ドラマ『わたし、定時で帰ります。(わた定)…

【わたし、定時で帰ります。】2話のあらすじ

結衣(吉高由里子)の先輩であり、新人時代の教育係で、双子を出産、育休をとっていた賤ヶ岳八重(内田有紀)が職場復帰する。
復帰早々、はり切り過ぎている賤ケ岳の様子に、結衣をはじめ周りの社員は動揺を隠せない。
そんな中、製作4部のメンバーがコンペで勝利し、大手飲料メーカーの日本初上陸のPR案件を受託した。
ディレクターには賤ケ岳がなるが、サイト公開の直前にトラブルが発生する…。
一方、賤ケ岳の夫の陽介(坪倉由幸)から、双子が熱をだしたと連絡が入る。
子育てと仕事を両立させようと葛藤している賤ケ岳に結衣は…。

出典https://www.tbs.co.jp/watatei/story/ep2.html

サイト公開直前のトラブルとは、競合他社のブラジル版サイトと酷似していたこと。

賤ケ岳は、結衣に親に「仕事も育児も中途半端」と言われたことを話す。「そんなに中途半端かな?」

「人間みんな中途半端です」とフォローするが、賤ケ岳は聞く耳をもたない。

そんな中、結衣は巧(中丸雄一)からプロポーズされたが、福永(ユースケ・サンタマリア)に知られてしまう。

賤ケ岳は家でも育児と仕事でクタクタ。そのためクライアントを訪問する日に遅刻。

さらに子どもが熱を出したと連絡が。結衣は、賤ケ岳の代わりに保険証を届けに自宅へ。

サイトの代替案は無事に通り、みんなで納期に間に合わせることに。

しかし子どもは病院に行ったものの38度7分。仕事中も気がかりで症状をネット検索してしまう賤ケ岳。

18時の定時になり、結衣は帰るように促すが「一人で何とかするでしょう。これぐらいのこと。東山が子どものころ熱で父親が早退なんかした?」とまったく聞かない。

賤ケ岳「ここで帰ったら負けなの!

結衣「先輩は何と戦ってるんですか?子どもが心配だから帰りますと堂々と言ってくださいよ。昔先輩が言ってくれたこと覚えてますか。
困ったときは人を頼れ、ピンチのときは無理をするな。お互いが気持ちよく助け合うチームを作りたいんだって。」

それでも帰らない賤ケ岳のために、結衣のお願いで、全員が帰ったふりをした。

賤ケ岳は見抜いていたが、「子供が熱を出しました。今日は定時で帰ります。」と種田副部長(向井理)に宣言し帰宅。

翌日。賤ケ岳は笑顔になっていた。しかし大手飲料メーカーのPR撮影中、出演者が「後味ゴムじゃん」と言っている動画がネットへアップ。それは来栖(泉澤祐希)が撮っていたもので・・・。

【わたし、定時で帰ります。】2話の感想

結衣(吉高由里子)の名言が刺さる!

今日の回は観ていて苦しい…でもこれが現状なのかなとも思ってしまう…「先輩は、何と戦ってるんですか?」の一言に救われた気持ちになった #わた定

「わた定」第2話は産休明けの賤ヶ岳(内田有紀)がメイン回。

無理にがんばりすぎる賤ヶ岳へ、結衣(吉高由里子)がかけた言葉に多くの視聴者に刺さったようです。

先輩は何と戦ってるんですか」…帰ったら負けだという賤ヶ岳への問いかけにはハッとさせられます。

困ったときは頼り、支え合うチームにしたい」というかつて賤ヶ岳に言われた言葉も届けた結衣。

たしかに名言なのですが、疑問もあります。次の項目で考えてみました。

【わたし、定時で帰ります。】2話:吉高由里子の名言に疑問

結衣の言葉で、結果的に賤ヶ岳は「子供が熱があるので今日は定時で上がります」とキッパリ言って退社。

めでたしめでたし、なのですが…疑問を呈す声も上がっています。

疑問①「何と戦ってるんですか」の答えは?

何と戦っているのか…の答えがありませんでした。

何とは「世間」とか、「会社(での評価)」とかでしょう。

ドラマで、そこを曖昧(あいまい)にしたのが残念です。

女は育児、男は外で働くという世間の価値観と戦っている。

そして会社が、女はすぐ帰ると評価してしまうこと、とも戦っています。

今回は、育児ができない夫というケースだから帰るのがハッピーエンドなのも仕方ありません。(結衣が自宅へ行ったとき物が荒れた放題で、夫が無理している感じでした)

男性も手伝うレベルでなく、ともに子育てするのが当然、という社会がはやく実現しますように、と願います。

定時って何?

そもそも定時なのにこのことわり必要!?

という疑問がわきます。

いったい定時って何なのでしょう。

定時で上がれない会社の実情も考えものでは?

早くこのドラマが笑えるドラマになりますように…

定時上がりが普通になりますように、と願わずにいられません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク