【なつぞら】21話の視聴率とあらすじ!天陽(吉沢亮)「魂なんて作れない」が今後の鍵!?

【なつぞら】21話の視聴率とあらすじ!

広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』第21話が2019年4月24日(水)に放送。

放送後、天陽(吉沢亮)「魂なんて作れない」が話題に!

今回は【なつぞら】21話の視聴率・あらすじ・感想について。

【なつぞら】20話の視聴率とあらすじ! 広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』第20話が2019年4月23日(火)に放送。 今回…
朝ドラ【なつぞら(夏空)】のキャスト相関図とあらすじ!広瀬すず×岡田将生! 2019年度前期・NHK朝ドラは広瀬すず主演の【な…
スポンサーリンク

【なつぞら】21話の視聴率

『なつぞら』21話の視聴率は、22.5%!

前回から0.1ポイントアップ。初回から21話連続で20%超えキープです。

【なつぞら】の視聴率とネタバレあらすじ・最終週まで! 映画主演多数の若手女優・広瀬すずがNHK朝ドラ『なつぞら』ヒロインに抜擢…

【なつぞら】21話のあらすじ

台本が完成し、十勝農業高校演劇部の芝居の稽古が始まる。

その初日。なつ(広瀬すず)と雪次郎(山田裕貴)は、天陽(吉沢亮)を招き、演劇部顧問の倉田先生(柄本佑)に紹介。

倉田は、天陽が感じたままに絵を描くようお願いした。

倉田が書いたセリフをもとに、演じてみるなつ。

「ダメだ!」倉田は何度もやり直しを求めた。しかし方法は教えてくれず「自分で考えろ」と言う。

なつは家に帰り、ヘタ以下と言われ、何もできなかった悔しさで泣いた。

翌日の稽古でも「お前の台詞には魂が見えれこないんだ!もっとちゃんと気持ちをつくれ」と倉田はダメだし。

「魂なんてどこに見えるんですか」天陽が倉田に疑問を投げかけた「魂なんて作れませんよ」

【なつぞら】21話の感想

天陽(吉沢亮)「魂なんて作れない」が今後の鍵!?

幼少期。天陽が描いた馬の絵を「生きているよう」と評価し、パラパラ漫画のように動かしたなつ。

青年期。なつは天陽の絵を「上手いじゃなくて凄い」、天陽はなつの絵を「躍動感がある。今にも動き出しそうなんだよ」と評価。

今にも動くように、魂を込められた絵にきっとコンプレックスがあったのでしょう。

演技に魂を込めること。そんなことができるのか、は天陽の素朴な疑問。

それは絵を動かして作品とする、アニメーションへの鍵となっていきそうです。

*次回第22話のあらすじネタバレと感想はコチラ

【なつぞら】22話の視聴率とあらすじ! 広瀬すず主演のNHK朝ドラ『なつぞら』第22話が2019年4月25日(木)に放送されました。 …

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク