【スキャンダル専門弁護士QUEEN】7話視聴率とネタバレ!ブラック企業でモラハラ勃発!

スキャンダル弁護士QUEEN/冬ドラマ2019

2月21日(木)22時から竹内結子主演ドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』の6話が放送されました。

第7話ではベンチャー企業スキャンダルの裏にモラハラ問題?

ということで、今回はドラマ【スキャンダル専門弁護士QUEEN】7話のあらすじネタバレと視聴率、感想をお伝えします。

※7話を見逃してしまった方に朗報です!

FODプレミアムを利用すれば、無料で【スキャンダル専門弁護士QUEEN】を見返すことができます!

さらに今であればその他ドラマもイッキ見できます!ぜひご利用ください!

FODプレミアム

【スキャンダル専門弁護士QUEEN】キャストやあらすじはこちら!

ドラマ【スキャンダル専門弁護士 QUEEN】キャストとあらすじ 2019年1月スタートのフジテレビ系列のドラマとして【スキャン…

【スキャンダル専門弁護士QUEEN】最終話ネタバレはこちら!

【スキャンダル専門弁護士QUEEN】の視聴率と最終回ネタバレ 2019年1月スタートのフジテレビ<木曜劇場>は【スキャンダル専門弁…
スポンサーリンク

【スキャンダル専門弁護士QUEEN】7話視聴率

ドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』7話の視聴率は2月22日(金)に発表予定です。

【スキャンダル専門弁護士QUEEN】7話あらすじネタバレ

ベンチャー企業のモラハラ?

氷見江(竹内結子)の7話のクライアントはスマートフォン決済サービス『ペイグッド』のシステムエンジニア、芦原江梨子(西山繭子)。

システム開発の責任者であった江梨子は『ペイグッド』の社長の工藤海斗(柳下大)によってペイグッドのクレジットカード不正利用疑惑の責任を押し付けられバッシングを受けていた。だが問題となっているサービスの開始は江梨子の育休中に発生していたおり、責任が江梨子にないのは明らかである。

ブラックすぎるペイグッド

氷見たちが与田(水川あさみ)の指揮の元、社員に聞き取り調査を行ったところ、ペイグッドのモラハラやセクハラ、マタハラなどが次々と明らかに。与田は江梨子の名誉回復を成功させるべく、ペイグッドのブラックな事態を告発し、社長の工藤に対して彼の違法経営を盾に辞任を迫る。工藤はその場では与田の強迫にあっさり応じて辞任を認めるが、辞任の前にペイグッドを大手企業に買収。会社を売り逃げし、自分だけ儲ける形で辞任する。

悪徳社長に制裁を!

あくまでも自分の利益しか考えない工藤に与田は激昂。しかし江梨子からは、経営者が変わったことで会社の風通しがよくなったことへの感謝と工藤の意外な現状が伝えられる。なんと工藤はペイグッドの買収結果で得た株で大損をしたらしい。

氷見の暗躍!?

工藤の不自然なまでもの大損に疑問を覚えた与田は独自の調査を行う。すると買収会社と氷見の間につながりを発見。与田はペイグッドの買収の裏には氷見の暗躍があると確信するも、氷見本人からははぐらかされてしまい…。

【スキャンダル専門弁護士QUEEN】7話感想

今回のモデルはPayPay

毎話タイムリーなテーマが話題の『スキャンダル専門弁護士QUEEN』!7話では以前話題なったネットサービスPayPayのセキュリティ対策が取り上げられました。かなり攻めたテーマでドキドキした方も多いようです。

仕事と育児の両立って…

7話では子どもを持つ女性と持たない女性の対立も描かれましたが、このテーマは昨日放送された『家売るオンナの逆襲』でも取り上げられていましたね。

藤枝の家事を“手伝う”という言葉に反感を覚えた方も少なくないのでは?

氷見正体は…?

7話にて大きく進展した氷見の正体。大物政治家とのつながりを与田は指摘していましたが、真実はいずこに?話はそれますが寂しがる与田はかわいかったですね!

【スキャンダル専門弁護士QUEEN】7話まとめ

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』7話では働く女性の厳しさが浮き彫りになりましたね。さらに氷見の過去がほんの少し明らかに!

次回【スキャンダル専門弁護士QUEEN】8話は2月28日(木)22時から放送予定!どんなクライアントが待っているのでしょうか?次回予告を見たところ“

小〇方さん“を彷彿とさせる人物が…?引き続き一緒に楽しみましょう!

(記事内の画像出典:公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク