【後妻業】5話の視聴率とあらすじ!田中道子が木村多江に宣戦布告!

後妻業

前回は小夜子の弟・博司が現れ実は息子だったという話でした。博司は今後どのように関わってくるのか注目ですね。

それでは、【後妻業】5話の視聴率、あらすじ、感想について紹介します。

スポンサーリンク

【後妻業】5話の視聴率

【後妻業】5話の視聴率は5.6%。

前回より0.3ポイントダウンです。やはり好みが分かれる作品という感じですね。底を打つのはいつでしょうか?

【後妻業】5話あらすじ

後妻業5話

柏木(高橋克典)は自分と小夜子を調べている探偵の本多(伊原剛志)の動きを警戒し、小夜子(木村佳乃)の弟・博司(葉山奨之)に東京で尾行して過去の弱みを握ろうと考えます。

しかし本題の居場所がわからないため、まずは朋美(木村多江)を尾行するように命じます。博司は小夜子から預かった写真を元に尾行を開始します。

一方、小夜子は新ターゲット・富樫(佐藤蛾次郎)に遺言公正証書を書かせることに苦戦していました。そこで柏木は富樫はキープしておいて次のターゲットとして元開業医の笹島雅樹(麿赤兒)を狙うように指示します。

そして、朋美は事務所で夫・司郎(長谷川朝晴)と事務所スタッフの絵美里(田中道子)の浮気現場を目撃した時のことを思い出していました。

そこへ姉・尚子(濱田マリ)から電話がかかってきました。夫の上司の恩人さんが豪邸のリフォームを考えているので会ってくれないかと言います。その相手は小夜子の新ターゲット・笹島でした。

朋美は高齢者である笹島の一人暮らしを心配するが笹島は「お金さえあればヘルパーなどを雇って自由に暮らせる」と語ります。そこに小夜子から電話がかかってきて朋美に「ガールフレンドからでした」と楽しそうに告げます。

その表情を見て、父・耕造(泉谷しげる)もそうだったのだろうかと考えます。笹島の家から出てきた朋美は耕造のマンションの合鍵を返そうと小夜子のマンションを尋ねます。しかし小夜子は留守だったのでカギはポストに入れておきました。

そのころ、小夜子は朋美と入れ違いで笹島の豪邸に来ていたのでした。

朋美は事務所で司郎と笹島邸のリフォームについて話し合いをします。2人の意見が分かれていましたが、そこに絵美里が割って入り司郎の意見に同調します。

そこで朋美は思わず「私を馬鹿にしているの?私が何も知らないと思っているの?」と言いました。すると絵美里は「いいえ、何もかも知っているから、あのソファーを捨てたんですよね?」と反撃します。

焦った司郎は絵美里を止めようとしますが絵美里は「私は辞めませんから」と言い放って出て行きます。「誤解だ」という司郎に朋美は「何が誤解なの?」と詰め寄ると司郎は家を飛び出し絵美里の後を追います。

その後、泣いている朋美の元に小夜子から電話がかかってきます。マンションに合鍵を返したことに対しての電話でしたが泣いている朋美を小夜子が冷やかします。

図星をついてしまって戸惑う小夜子に朋美は「あなた、本当は子供がいるの?」と尋ねます。「いたらどうなんや?」という小夜子に「不公平よ」という朋美。

その後、家から出てきた朋美は本多と会います。そこを博司が尾行し、2人がホテルに入る写真を撮って柏木に送ってきました。

柏木は「おもろいことになってきたわ」とつぶやき小夜子に写真を送ります。受け取った小夜子は「えらいこっっちゃ」とはしゃぎますが、その後「うちも、男に抱かれたい」というメッセージを送ろうとしますが思いとどまります。

そして翌日、小夜子は笹島に遺言公正証書を書いてもらおうと自宅を訪れます。

【後妻業】5話の感想

【後妻業】5話のまとめ

展開がより複雑になってきましたね。司郎の浮気相手の絵美里は朋美が気づいてることを知ってたんですね。

あからさまな宣戦布告にはびっくりしました。また、その後飛び出した司郎が絵美里を追っかけていたのもびっくりですね。

一時の気の迷いとかでは無さそうですね。朋美に言い訳するよりも絵美里を追ったわけですからね。

また、一方で朋美もついに本多とホテルに行ってしまいましたね。前回「うちでよければ来るか?」と言われた誘いは断った朋美でしたが、寂しさに勝てなかったようです。

ただ、このことを柏木はどのような武器として使用するんでしょうか?

そして、新ターゲット笹島の家の家政婦さんも少し気になりますね。小夜子を見て小夜子を知っているような素振りがありました。

今後のカギを握りそうですね。

2019年1月22日よりカンテレ・フジテレビ系列にて木村佳乃主演ドラマ【後妻業】がはじまります。直木賞作家・黒川博行さんの同名小説が…
2019年1月22日よりカンテレ・フジテレビ系列にて木村佳乃主演ドラマ【後妻業】が放送されます。2016年に映画化もされた直木賞作家…

記事内の画像出典:ドラマ公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9をフォローしよう!

スポンサーリンク