【スキャンダル専門弁護士QUEEN】6話視聴率とネタバレ!大物作家とイケメン秘書に何が?

スキャンダル弁護士QUEEN/冬ドラマ2019

スキャンダル専門弁護士QUEEN 6話

2月14日(木)22時から竹内結子主演ドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』の6話が放送されました。

第6話では大物作家とイケメン秘書のイケナイ関係?

ということで、今回はドラマ【スキャンダル専門弁護士QUEEN】6話のあらすじネタバレと視聴率、感想をお伝えします。

※6話を見逃してしまった方に朗報です!

FODプレミアムを利用すれば、無料で【スキャンダル専門弁護士QUEEN】を見返すことができます!

さらに今であればその他ドラマもイッキ見できます!ぜひご利用ください!

FODプレミアム

【スキャンダル専門弁護士QUEEN】キャストやあらすじはこちら!

ドラマ【スキャンダル専門弁護士 QUEEN】キャストとあらすじ 2019年1月スタートのフジテレビ系列のドラマとして【スキャン…

【スキャンダル専門弁護士QUEEN】最終話ネタバレはこちら!

【スキャンダル専門弁護士QUEEN】の視聴率と最終回ネタバレ 2019年1月スタートのフジテレビ<木曜劇場>は【スキャンダル専門弁…
スポンサーリンク

【スキャンダル専門弁護士QUEEN】6話視聴率

ドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』6話の視聴率は2月15日(金)に発表予定です。

【スキャンダル専門弁護士QUEEN】6話あらすじネタバレ

大物作家にパワハラ疑惑

6話の氷見(竹内結子)のクライアントは秘書からパワハラ被害を訴えられた大物小説家の浮田千代子(真野響子)。氷見は千代子のもとに唯一残ったイケメン秘書・若月礼二(杉野遥亮)に世間の注目を集めることでパワハラ騒動を収束させたが、肝心の礼二に不穏な気配を感じる。

イケメン秘書の裏の顔

氷見たちの調査の結果、礼二は編集者と組んで浮田にハニートラップをしかけ、浮田に不当な契約を結ばせていたことや、礼二は作家デビューの機会と浮田の財産を狙っていることを突き止める。氷見と同様に、礼二の正体を掴んだ東堂(泉里香)がスクープしたことにより、世論は一変・礼二はバッシングに晒される。混乱の最中、浮田の死去が報じられる。実は浮田は末期がんを患っていたのだが、それを隠して作家生活を送っていたのだ。

大物作家の本心

浮田の死後、氷見は遺言書の隠し場所を確かめる名目で礼二を呼び出し、浮田との日々を本に出すことを提案する。
なんと浮田は礼二が自分を騙していることを知ったうえで、その野心と文才にほれ込んでそのまま秘書として雇っていたのだという。
今回の一連の騒動も、礼二の才能の開花の一助になればと思っていた。
浮田の本心を知った礼二は執筆を決意する。

ベストセラー作家誕生

礼二が浮田との師弟関係を描いた著作は、タイムリーさも相まって大ヒット。礼二は瞬く間に大ヒット作家に成長する。
天才作家の最後の弟子は大きく羽ばたいたのであった。

【スキャンダル専門弁護士QUEEN】6話感想

秘書がイケメンすぎる!

6話で登場したイケメン秘書がかっこいいと評判です。
その正体は杉野遥亮さん。近々初主演映画『LDK』の公開も控えた話題のイケメン俳優です。
私個人としてはかなり大好きな俳優さんですね。
ちなみにエンドロールでの名前の表記が間違っていたようです。
少し残念ですが、これを機に知名度がウナギのぼりかも?

アドリブ最高!

ラストシーンでは、危機管理部の和気あいあいとした会話劇が繰り広げられていました。
ここでバカリズムが中川大志を「磯野くん」呼び!
思わぬアドリブに思わず噴き出した方もいらっしゃるのでは?

【スキャンダル専門弁護士QUEEN】6話まとめ

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』6話では天才とイケメン秘書の奇妙な師弟関係がフィーチャーされました。いやー、イケメンでしたね!
次回【スキャンダル専門弁護士QUEEN】7話は2月21日(木)22時から放送予定!どんなクライアントが待っているのでしょうか?マタハラ?引き続き一緒に楽しみましょう!

(記事内の画像出典:公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク