【SUITS/スーツ】10話の視聴率とネタバレ!織田裕二の感情的な演技に絶賛の声!

SUITS2

月9ドラマ【SUITS/スーツ】10が12/10(月)に放送されました。

エリート敏腕弁護士と司法予備試験を高2でパスした天才フリーターが法廷に挑むリーガルドラマ。

最強の検事が立ちはだかり、スペシャルゲストも交え、最終話前編が繰り広げられました。

今回は、月9ドラマ【SUITS/スーツ】10話の視聴率とネタバレ、感想をご紹介。

見逃してしまった人は、FODプレミアムにて視聴できます。

スポンサーリンク

【SUITS/スーツ】10話の視聴率

SUITS10話

【SUITS/スーツ】10話の視聴率は10.4%。

月9ドラマ出演が10年ぶりとなる織田裕二さん主演の【SUITS/スーツ】。 全米で大ヒットした海外ドラマをリメイクし、敏腕弁護…

【SUITS/スーツ】10話のネタバレ

13年前に起こった世田谷女子高生殺人事件。犯人は捕まり解決したものとされていたが、ここにきて冤罪の疑いが生じていたー

甲斐(織田裕二)のもとに、最高検次長検事の柳慎次(國村隼)が現れる。柳は、検事時代の甲斐の上司だが、汚職疑惑で週刊誌を賑わせている渦中の人物でもあった。柳は、食事の誘いを断る甲斐に、「もし私が有罪になったら君だって困るだろう?」と告げ……。

チカ(鈴木保奈美)は、遊星(磯村勇斗)からの密告により大輔(中島裕翔)の素性を知る。甲斐を責め、警察に突き出すべきだと主張するチカ。しかし甲斐は、すでに実務をこなしている大輔のことが表沙汰になればファームは終わりだと言い放つ。その際、甲斐は、柳の件をチカに報告した。柳は、10年前に裁判を有利に進めるために証拠隠しをしていたのだという。甲斐が検察を辞めたのもそれが原因だった。チカは、柳の件は責任を持って処理するよう命じると、大輔のことは自分が預かる、と甲斐に告げる。

チカは、蟹江(小手伸也)と大輔を呼び出し、ある案件を任せる。病に倒れ、寝たきりの状態になった与謝野ホールディングス社長から、ふたりの娘に資産を分配してほしいと頼まれたのだという。だが、姉の藤代(町田マリー)と、妹の雛子(本仮屋ユイカ)は犬猿の仲だった。チカは、蟹江に藤代の、大輔に雛子の相談役を任せる。

そんな最中、甲斐のもとに、最高検の監察指導部の澤田仁志(市川海老蔵)が現れる。澤田は、甲斐の検事時代の後輩であった。甲斐はの不正への捜査協力を求められる。柳は甲斐の検事時代の親密な恩師であった。協力を拒む甲斐に澤田は「黙ってると先輩も同罪だと思われますよ」と挑発するが、甲斐は取り合わない。

そんな折、甲斐のもとに澤田がファームに直接乗り込んでくる。騒然となるファーム。甲斐は澤田に余裕の応対を見せる中、澤田は柳が証拠隠しをしていたという事実を証言するように執拗に迫り、「甲斐の弁護士資格の剥奪」さえもほのめかし……。

大輔は砂里(今田美桜)から遊星が密告したことを聞き、甲斐にチカへは自分から話をすると伝えるが、チカが大輔をクビにしようとしていることを告げた。

甲斐「だから、絶対に負けは許されない。このファームを去りたくなかったら、どんな手を使っても蟹を打ちのめせ。自分の力で」

そして、甲斐は最高検へと出向き澤田に証言することを前向きに考えていると話し、状況証拠を見せるよう頼んだ。

大輔は蟹江に勝つ作戦を考えるがバレていて、新たな作戦を生み出す。

その頃、甲斐は澤田から預かった資料を読み漁り、自身が担当した13年前の世田谷女子高生殺人事件について不審に思うことがあった。

柳に会いに行き、13年前の世田谷女子高生殺人事件の証拠も隠していたことを問い詰める。

逮捕された20歳の青年は無実、冤罪だと甲斐は主張。

取引するよう促すが「帰ってくれ」と言われただけだった。

さらに、大輔が新たな作戦を実行し甲斐に報告、そこへ蟹江がやって来て「話が違う」などと言い大輔を責め立てる。

先にルールを破っていた蟹江に対し、甲斐は感情的に反論するが、全て気付いていた蟹江は自らが勝利するよう手を回していた。

完全に読まれ負けてしまった大輔。

そんな甲斐の姿を見ていた伽耶子(中村アン)は、チカの元を訪れ「もうあんな甲斐先生の姿は見たくありません」と、柳が隠蔽していたことを裏付ける証拠を渡した。

甲斐・大輔共に、それぞれが落ち込んだ姿に。

大輔に気付いた真琴(新木優子)は元気づけようと話しかけるが、「もう俺のことは構わないで。この間のことも忘れてほしい」と言い去る。

一方のチカは、柳に会いに行き「すぐ辞表を出して去ってください」と、証拠とされる音声を聞かせていた。

そして、甲斐に「証言する必要は無くなった。最高検は柳の捜査を終わらせると約束した」と伝え、大輔解雇の話を進めようとする。

しかし甲斐は「あと1つだけ目をつぶってほしい。彼に1つだけ手伝ってほしい案件がある」と、13年前の世田谷女子高生殺人事件の冤罪について話した。

無実の人間を13年も服役させたことを見過ごせないと言う甲斐。

甲斐「救い出しますよ。刑務所から」

【SUITS/スーツ】10話の感想まとめ

最終回目前となり最強の敵が現れ、これまで見たことの無い甲斐の姿を見ることが出来ましたが、どんどんと追い込まれ乱されていくのはこちらもドキドキしてしまいました。

大輔も前回からピンチが続きそして敗北、ファームから追い出されてしまうかもしれない不安で真琴につらく当たってしまうという失態!!

キスシーンもあって、なかなかいい感じだったのにー!と私は悔しい気持ちになってしまいました(笑)

ラストでは、伽耶子からの頼みで動いたチカが逆転したように思えましたが、再び大きな戦いが待っていることでしょう。

最後の案件に向け、甲斐と大輔の戦いが始まります!

そんな次回は、ついに最終回!!

12/17(月)21時より15分拡大にて放送です!

お見逃しなく!

記事内の画像出典:SUITS/スーツ 公式HP

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク