【相棒17】全話あらすじ・感想・最終回ネタバレ!特命三人体制は青木殉職の伏線!?

【相棒17】全話あらすじと感想・最終回ネタバレ!

2018年10月にスタートする【相棒17】は、青木加入で3人体制に!

特命係に恨みを持つ青木が加わり、特命係はどう変わっていくのでしょうか?

ここではドラマ【相棒17】の全話あらすじと感想・最終回ネタバレを最終回まで追いかけます。

ドラマ【相棒 season17】のキャストとあらすじ! 特命係に青木年男(浅利陽介)が加わり3人体制に! 特命を恨んでい…
【相棒17】の視聴率一覧と速報!2018~2019年最終回まで更新! テレビ朝日の看板番組【相棒】season17がスタート!…
スポンサーリンク

【相棒17】の全話あらすじと感想

放送後に更新していきます。その都度、確認してみてください。

【相棒17】第1話のあらすじと感想

国家公安委員も務める大学教授・三上冨貴江(とよた真帆)の義父、鬼束学園の理事長・鬼束鐵太郎(中田博久)が殺害される。鐵太郎は、冨貴江の不貞の証拠を掴み、鬼束家から追い出そうとしていたため、冨貴江の夫で副理事長の鬼束鋼太郎(利重剛)がそれを阻止しようと殺したというのだ。冨貴江は自身の社会的立場を守るため、隠蔽を手伝わされる。

数日後、殺害の裏事情を知る鐵太郎の若い後妻・(谷村美月)により失踪届が出されるが、「週刊フォトス」の記者・風間楓子(芦名星)が、鐵太郎の失踪との放蕩を面白おかしく書き立てたため世間が注目。

記事を読んだ特命係の右京(水谷豊)、(反町隆史)、青木(浅利陽介)は、興味を持ち、独自に捜査し始める。国家公安委員長・鑓鞍兵衛 (柄本明)にまで事情聴取の網を広げた右京は、鐵太郎がすでに殺害されていると確信し、自身の首を懸けて鬼束家を捜索するが…。

感想は放送後に更新します。

ドラマ【相棒17】の最終回ネタバレ

衣笠vs甲斐

本筋は衣笠副総監と甲斐峯秋警察庁次長の引き摺り下ろし合いではないでしょうか。

衣笠副総監は、甲斐峯秋を特命係の指揮統括役にすることによって特命係が何か問題を起こせば甲斐もろとも特命係を葬ることが出来ると企んでいます。

父親との関係で副総監と仲がいい青木を特命係に配属し、内側から破しようと利用する可能性もあります。

甲斐も副総監の失脚を狙っているようです。

青木の変化

青木が副総監の言いなりになっているのも始めのうちだけ、右京、冠城と一緒に動くうちに変化が出てくるのではないでしょうか?

恨んでいたはずの特命係ですが、次第に理解していくようになる気がします。

青木の殉職

最終回は青木の殉職があるのではと考えられます。特命への移動はその伏線なのではないでしょうか。

相棒ファンの間では憎まれ役の青木、サイバーセキュリティーにいれば話によってはそれなりに絡んでくることは出来ますが、毎回ブツブツ文句を言う状態になると見ている側も面白くありません。第二クールに入って特命に対する考えに変化が見えてきて最後は衣笠の陰謀に巻き込まれ殉職する。右京や甲斐はその陰謀に気づくも表沙汰にはならない。

そしてそれが冠城亘を特命係から離れさせるきっかけになっていく…。

こんな展開を感じずにはいられません。

今シーズンには、新しいキャラも登場するという発表もあるようですから、青木に代わる人物が出てくるのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク