【高嶺の花】9話のネタバレと視聴率!香里奈の衝撃の正体に視聴者も納得!

高嶺の花9話1

【高嶺の花】9話のネタバレと視聴率!

石原さとみ主演の日本テレビ系・水曜ドラマ『高嶺の花』第9話が2018年9月5日に放送されました。

最終回直前の第9話。ついに、ももの出生の秘密が明かされる!

そしてドラマ冒頭から香里奈の正体も!?

今回はドラマ『高嶺の花』9話の視聴率・あらすじネタバレ・感想について。(※放送を見逃した方はHuluがオススメ)

2018年7月期の水曜ドラマは『高嶺(たかね)の花』 主演は、石原さとみ!相手役は峯田和伸。原作なしでおくる、美女と野獣の格差…
スポンサーリンク

【高嶺の花】9話の視聴率

高嶺の花9話3

【高嶺の花】9話の視聴率は、9.9%

8話から0・6ポイントのアップ。二ケタにあと0.1でした。

次回最終回の視聴率は、10%以上で有終の美を飾りたいところです。

【高嶺の花】の視聴率と最終回ネタバレ! 主演・石原さとみ(『アンナチュラル』)×脚本・野島伸司(『彼氏をローンで買いました』)…

【高嶺の花】9話のあらすじネタバレ

高嶺の花9話2

次期家元を決める「俎上」でなな(芳根京子)に敗れ、すべてを失ったもも(石原さとみ)。一方ななは、市松(小日向文世)の票で勝ったものの、自分がももより優れているとは思えない。ななが市松に選んでくれた理由を尋ねると、市松は、ももが実の娘ではないことを明かした。

そんな中、京都神宮流の次の家元を決める「俎上」が龍一(千葉雄大)と兵馬(大貫勇輔)で行われる。龍一は、密かに過半数の票を固めていた。しかし、月島から市松でなくももとななが出席したことで、票が読めなくなる。もし、ルリ子(戸田菜穂)との密会を見せつけて以来のななが投票するなら……?

直人(峯田和伸)は千秋(香里奈)との交流を深める。千秋は直人の優しさに惹かれ始めていた。そしてももは、龍一から自分の出生の秘密を聞かされる。あの「俎上」は、実子のななを家元にしたい市松による出来レースだった!? 衝撃の事実に直面したももは激しく動揺し……。

千秋(香里奈)はもも(石原さとみ)の唯一の親友で、わざと直人(峯田和伸)に近づけた。

「俎上」は兵馬(大貫勇輔)が圧倒的な勝利。票集めは意味がなかった。

なな(芳根京子)は「かわいそう」だから、と龍一(千葉雄大)1票入れた。

毒親に育てられた千秋。そんな千秋を愛する人がいるはずと直人は言う、マジ惚れそうと内心で千秋は思う。

ももは自身の出生を市松(小日向文世)に確認し真実だと知る。

知っても「どうも思わない」それより、ももは実子として育ててくれたことに市松に感謝した。

ももは、またキャバ嬢になる。直人が駆け付ける。ももは私はゲス不倫の子だと荒れた。直人は客たちにストーカー扱いされて暴力を受けるが、高井(升毅)が助けた。

直人は、高井にもし父なら名乗り出た方がいいと言うが高井は否定した。

ななは、家元を辞退すると龍一に告げる。そして抱かれて「逆にあなたを戻してあげる」と迫った。

高井は、自分が父だとももに告げた。ももは「出てけ」と激昂。

その頃、千秋が下着姿で直人に迫る。ももは盗聴していたが、自業自得だと思い「素直になりたいよ」と泣いた…。

【高嶺の花】9話の感想

千秋(香里奈)の衝撃の正体に視聴者も納得!

【高嶺の花】9話のまとめ

千秋・香里奈の衝撃の正体とは?

香里奈がドラマ後半のキーマンという触れ込みだったのに、地味な服装でメガネの看護師。

出会い方も図書館なんてベタだなと思っていたら…まさか、まさかの!

なんと千秋(香里奈)はもも(石原さとみ)のハニートラップでした。未練を持っているだろう直人(峯田和伸)への…。

千秋は、ももの中学・高校からの(唯一の)親友で、日育病院グループのお嬢様で、優秀な脳外科医の”新庄千秋・大先生”でした!

9話は石原さとみの出生の秘密や、芳根京子と千葉雄大のラブシーンも見どころでしたが、何より千秋(香里奈)の正体が衝撃!しかもミイラとりがミイラ状態。

近づけさせたもも(石原さとみ)が苦しむラストは胸が詰まりました。野島伸司脚本は登場人物をほんと追い込みますね。

次回第10話は最終回!直人がハニトラ香里奈を退けてのハッピーエンドか?気になりますね。

最終回は、9月12日(水)よる10時から放送です。注目!


記事内の画像出典:公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク