【半分、青い。】123話のあらすじと視聴率!麗子・山田真歩の恋が切ない!

半分青い21週

永野芽郁主演、NHK朝ドラの第21週「生きたい!」123話が8月22日水曜日に放送されました。

123話は女子会と男子会が開かれる中、!ブッチャーの姉・麗子(山田真歩)の恋も描かれ大きな反響がありました。

今回は【半分、青い。】123話の視聴率・あらすじネタバレ・感想について。

2018年度前期の朝ドラ・連続テレビ小説は【半分、青い。】 主演は、永野芽郁(ながの・めい)! 脚本は『ビューティフルラ…
スポンサーリンク

【半分、青い。】123話の視聴率

半分青い123話

【半分、青い。】123話の視聴率は、22.7%

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)の98作目は『半分、青い。』 永野芽郁がヒロインで、脚本家・北川悦吏子のオリジナル作品です。 …

【半分、青い。】123話のあらすじネタバレ

喫茶・ともしびでは、元気のない弥一(谷原章介)を囲んで宇太郎(滝藤賢一)や五郎(高木渉)、そして久しぶりに岐阜を訪れた瞳(佐藤江梨子)らが集まっていた。

一方、萩尾家では、和子(原田知世)を囲んで、晴(松雪泰子)貴美香(余貴美子)たちがオトナ女子会を開いている。

そのころ律(佐藤健)は外に飛び出して鈴愛(永野芽郁)に感謝の電話をした。

センキチカフェでは、店を閉めようとする鈴愛(永野芽郁)の目の前で、健人(小関裕太)麗子(山田真歩)と甘い会話を繰り広げていた。麗子は健人に言われた「ビューティフル」の意味に「不吉」「みょうちくりん」とかあるかと疑っていた。しかし健人は美しいの意味だと断言。

「できれば触れたい」という健人。麗子は手を差し出し、健人は手を握った。恋だった。

そのころ和子は、貴美香先生に「ええ人生やった。何も思い残すことはない」と語り始める。ただし律を思うと哀しみに襲われる。貴美香は律も40歳になる、よく成長したとフォローした。

後日。ついに岐阜犬が完成した。菜生(奈緒)は幼少期の糸電話を思い出した…。

【半分、青い。】123話の感想

麗子(山田真歩)の恋に反響!

【半分、青い。】123話のまとめ

麗子(山田真歩)の恋が切ない!

ブッチャーの姉・麗子(山田真歩)が「ビューテイフル」の意味を改めて調べてしまった、というシーンが切ないです。

鈴愛やブッチャーが1971年生まれで、2008年の時点で37才。それより上ってことは40才ぐらい?

これまで言われたことのない「美しい」という言葉。今までの歩みを考えると、良かったと心から応援したくなるカップルです。

残り1か月と1.5週分くらいしかありませんが幸せなシーンが挟まれてほっこり。麗子の奥ゆかしさ、対してストレートな海外気質の健人。お似合いな雰囲気でした。

静と動の対比といえば、鈴愛と律も同じ。123話の冒頭、行き場がないかのように街を走る律。行動派の鈴愛と愛し方のわからない律は、お互いを補うものがありそうなので、2人の恋も描いて欲しいところです…。


【関連記事】

2018年度前期(4月-9月)の朝ドラは『半分、青い』 ヒロインは永野芽郁。相手役は佐藤健!原作・モデルなしの脚本家・北川悦吏…
【半分、青い。】第21週のネタバレと視聴率! 永野芽郁主演、北川悦吏子脚本の朝ドラ/NHK連続テレビ小説。 第21週「生…

(記事内の画像出典:公式サイト)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク