【いつかこの雨がやむ日まで】視聴率と最終回ネタバレ!渡辺麻友か斉藤由貴が犯人?

いつかこの雨が表紙

ドラマ【いつかこの雨がやむ日まで】視聴率と最終回ネタバレ!

渡辺麻友がAKB48卒業後、連続ドラマ初主演!

劇中のまゆゆの歌唱やミュージカルも話題ですが、次が気になるオリジナルの内容も見どころ。

オトナの土ドラが得意とする”ラブサスペンス”で、真犯人が気になる展開です。一体だれ?

今回はドラマ【いつかこの雨がやむ日まで】の動画配信、視聴率とあらすじネタバレ、最終回ネタバレについて。

ドラマ【いつかこの雨がやむ日まで(いつ雨)】のキャストとあらすじ! 主演は元AKB48の”まゆゆ”こと渡辺麻友! 原…
スポンサーリンク

【いつかこの雨がやむ日まで】の動画配信

【いつかこの雨がやむ日まで】を見逃してしまった人、最初からもう一度みたい人は、FODプレミアムで全話イッキ見することができますよ。

キャンペーンを利用すれば無料視聴も可能です!

FODプレミアムロゴ

【いつかこの雨がやむ日まで】全話の視聴率とあらすじネタバレ

【いつかこの雨がやむ日まで】の全話視聴率とあらすじネタバレをまとめていきます。

【いつかこの雨がやむ日まで】1話の視聴率とあらすじネタバレ!

いつ雨1話1

1話の視聴率は、2.9

被害者:花田舞子(演:紺野まひる)…劇団の看板女優

15年前の殺人事件・加害者の國彦(桐山漣)が出所したが、妹・ひかり(渡辺麻友)に「俺は無実」と言いだした!?ひかりが幼なじみ・和也(堀井新太)の助けを拒絶する中、1話ラストでは、劇団で殺人事件が発生して・・・

ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで(いつ雨)』1話のあらすじと視聴率! ”まゆゆ”こと渡辺麻友のAKB48卒業後、初主演の連続ド…

【いつかこの雨がやむ日まで】2話の視聴率とあらすじネタバレ!

いつかこの雨2話1

2話の視聴率は、2.5%

劇団主宰で演出家の天竺要(吹越満)は「ロミオとジュリエット」の続行を決めて、新しいジュリエットにひかり(渡辺麻友)を指名。キャバクラ勤務を減らしたいひかりだったが…。一方、和也(堀井新太)は、ひかりの母から頼まれて…

ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで(いつ雨)』2話のあらすじと視聴率! ”まゆゆ”こと渡辺麻友が主演を務める連続ドラマ『いつ雨』…

【いつかこの雨がやむ日まで】3話の視聴率とあらすじネタバレ!

いつ雨3話3

3話の視聴率は、2.4%

和也(堀井新太)のお陰で劇団に戻ることができたひかり(渡辺麻友)。そんな中、不審死を遂げた舞子(紺野まひる)を死の直前まで付け回していた男が兄の國彦(桐山漣)らしく、ひかりは動揺する…。一方、沙耶(筧美和子)はひかりの家を訪れて…。

ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで(いつ雨)』3話のあらすじと視聴率! ”まゆゆ”こと渡辺麻友が主演を務める連続ドラマ『いつ雨』…

【いつかこの雨がやむ日まで】4話の視聴率とあらすじネタバレ!

いつ雨4話2

4話の視聴率は、1.9%

第2の被害者(入院する大ケガ):天竺芽衣(演:宮沢エマ)…劇団主宰者の娘/主演女優

和也の説得のお陰で、ひかりは劇団にも戻れることになる。天竺(吹越満)は劇団員全員の総意として「ここがひかりの居場所だ」という言葉をひかりに贈る。ただし、ジュリエット役は芽衣(宮澤エマ)が演じることになる……。

ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで(いつ雨)』4話のあらすじと視聴率! ”まゆゆ”こと渡辺麻友が主演を務める連続ドラマ『いつ雨』…

【いつかこの雨がやむ日まで】5話の視聴率とあらすじネタバレ!

いつ雨5話2

5話の視聴率は、3.2

ひかり(渡辺麻友)の目の前でまた事故が起こる。「ロミオとジュリエット」のゲネプロ中、突然の照明の落下により、芽衣(宮澤エマ)が負傷してしまったのだ。劇団『ウミヘビ』でまたも起きた異変――さすがの天竺(吹越満)も劇団の一時休止を決めて…

ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで(いつ雨)』5話のあらすじと視聴率! ”まゆゆ”こと渡辺麻友・主演の『いつ雨』(愛称)5話が9…

【いつかこの雨がやむ日まで】6話の視聴率とあらすじネタバレ!

いつ雨6話3

6話の視聴率は、2.3%

ついに結ばれたひかり(渡辺麻友)と和也(堀井新太)。一方、千尋(星野真里)の家に身をひそめる國彦(桐山漣)は、殺害された麻美(三倉茉奈)のお腹の子供の父親が天竺(吹越満)だと聞かされ愕然とする…

ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで(いつ雨)』6話のあらすじと視聴率! ”まゆゆ”こと渡辺麻友・主演の『いつ雨』(愛称)6話が9…

【いつかこの雨がやむ日まで】7話の視聴率とあらすじネタバレ!

いつ雨7話1

7話の視聴率は、1.4%

自殺:天竺要(演:吹越満)…劇団主宰者

ひかり(渡辺麻友)は天竺(吹越満)が麻美殺害の犯人だとしても、「私は天竺さんのもとでジュリエットを演じたい」と告げる。そんな中、兄の國彦(桐山漣)が歩道橋から転落。。眠り続ける兄を前に、ひかりは笑みを浮かべて…

ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで(いつ雨)』7話のあらすじと視聴率! ”まゆゆ”こと渡辺麻友・主演の『いつ雨』(愛称)7話が9…

【いつかこの雨がやむ日まで】最終回/8話の視聴率とあらすじネタバレ!

いつ雨8話1

最終回の視聴率は、2.3%

全8話の平均視聴率は、2.36%となりました。

ドラマ『いつかこの雨がやむ日まで(いつ雨)』最終回のあらすじと視聴率! ”まゆゆ”こと渡辺麻友・主演の『いつ雨』の最終回が9月…

【いつかこの雨がやむ日まで】の最終回ネタバレ

『いつかこの雨がやむ日まで』は原作なしのオリジナルドラマ。なので最終回のストーリーはわかりません。

ただ、ドラマの最大の謎は、15年前に起きた殺人事件の真犯人。

15年前、ひかり(渡辺麻友)の兄・國彦(桐山漣)が恋人・麻美(三倉茉奈)を殺害。刑期を終えてひかりと再会したときに無実を訴えて、行方不明に。

果たして誰が麻美を殺害したのでしょうか?

劇団関係者があやしい

一番あやしいのは、劇団関係者。

15年前に殺害された麻美は体調不良で「ロミオとジュリエット」主演を降板。代役を務めたのが花田舞子(紺野まひる)!

結果的に主役を奪った形なので、体調不良も策略か?

舞子が一番の犯人候補ですが、第1話ラストで殺害されました。

劇団主宰者・天竺要(てんじく・かなめ)役の吹越満が真犯人なら良い演技をしてくれそうですが…。

⇒第4話で、天竺要を狙う事故が発生!真犯人だから狙われたのか?

⇒第5話で、亡き麻美の妊娠の相手は天竺要だと判明。

第7話で、天竺は自殺しました。真犯人ではないでしょう。

谷川和也(堀井新太)の証言があやしい

15年前の事件で、ナイフ・遺留品は雨のため、証拠にはなりませんでした。決め手は、第一発見者・谷川和也(堀井新太)の証言。現場から逃げる國彦を目撃したことを証言しました。(第1話より)

しかし本当に見たのか?

和也は「料亭たにがわ」の板前で跡継ぎ。15年前、たにがわで修行中だった國彦には可愛がってもらっていました。その関係から、証言は恩を仇で売ることに。

証言が嘘ならば、それでも守りたい人が犯人、となりますが…。

15年前の和也の目撃証言は、國彦を犯人にするための剛田の誘導。千尋(星野真里)を守るための矢吹(京本政樹)の指示でした。そのとき雨は降っていませんでした。

森村國彦(桐山漣)は、出所後になぜ無実を訴えた?

森村國彦(桐山漣)は、刑期を終えた出所後に、なぜか無実を訴えました。

第1話によると、國彦の殺害動機は、恋人・麻美が妊娠し、女優業を続けるために堕胎と別れを告げてきたから。

その自白は本当でしょうか。國彦は、誰かを守るために刑期を全うした?

推測されるのは母・由布子(斉藤由貴)と妹・ひかり。ひかりが犯人説は第1話の時点で動機がない。すると、母・由布子。

由布子が息子の恋人に嫉妬して殺害したのかも?妊娠も國彦が相手でない可能性も?

⇒第6話:千尋(星野真里)によると、國彦は麻美を守るために罪をかぶったという。麻美のスキャンダルになるからか。(國彦は麻美の妊娠相手を当時知らなかった。出所後、千尋に天竺要だと聞かされました)

ひかり(渡辺麻友)が真犯人!?

【いつかこの雨がやむ日まで】の主人公・ひかり(渡辺麻友)は、15年間、殺人犯の妹として生きてきました。

なので今回一番あやしくないのが主人公。ですが、真犯人は第1話からメインキャストとして登場させておきたいところ。

もし、まゆゆが真犯人なら視聴者に一番驚きを与えてくれます。ただし動機が1話時点では見えません。禁じ手ですが、よくある二重人格パターン?

麻美の姉・千尋(星野真里)の秘密とは?

千尋(星野真里)は第3話ラストに登場。逃走中の國彦(桐山漣)をかくまっていました。

國彦は、15年前の恋人・麻美殺害の罪で服役し出所したあと、舞子殺害容疑で逃げています。

・4話で、千尋が國彦に対して、「妹の恋人」以上の想いを持っているかのような表情のシーンがあります。

千尋が妹に嫉妬して殺害した線も浮上か?

⇒第6話で、麻美の妊娠の相手・天竺要の当時のアリバイを証明したのが、千尋だと判明。

しかも6話ラストで國彦を突き落とします。…國彦が”今でも麻美を愛していて、千尋とはずっと一緒に暮らせない、気持ちに答えられない”とフラれた腹いせ、妹への嫉妬か?

⇒7話で「麻美が大嫌いだった」とひかりに告げる。ひかりは千尋を麻美殺害の犯人と断定しています。果たして?

真犯人の予想:ひかり(渡辺麻友)か由布子(斉藤由貴)

『いつかこの雨がやむ日まで』の真犯人は、ひかり(渡辺麻友)か由布子(斉藤由貴)と1話時点では予想しておきます。

第1話の情報からの予想の範囲ですが…

『森村國彦(桐山漣)は、母を守るために実刑を受ける。逃げる母を見たから。

谷川和也(堀井新太)は麻美と関係を持ち、妊娠させた。実際に國彦の逃亡はみた。殺害の動機はあるが、殺害していたら和也は自首しそうなので犯人ではない。浮気の罪で記憶喪失?

ひかりの母・由布子が麻美におろすように迫り、口論の末に殺害。』という予想をたててみました。

⇒7話:兄が入院し、ひかりはかすかに笑いました。狂っていくひかりです。

最終回ネタバレ

真犯人は天竺芽衣(宮澤エマ)

動機は二つ。

①父親を男としてみて、好きだったこと。

②父親の舞台の主演は自分以外、許せなかったこと。

麻美殺害(15年前)は動機①。

舞子殺害、照明落下の自作自演の動機は②でした。

意外性のある犯人でした。動機はありそうな役でしたが、影が薄くて、登場数やインパクトが(おそらくあえて)あまりなかったのが意外性に繋がりました。自身の怪我もミスリードとなりました。


本作は第1話から殺人事件が起きる、ジェットコースター展開。事件と真犯人を最終回まで記録していきたいと思います!

➡國彦が罪を被ったのなら母(斉藤由貴)、妹(渡辺麻友)の為か。違うなら、恋人の姉(星野真里)かと思って犯人の推理をしましたが、見事に外れました。皆さんはどうでたか。

キャスト・スタッフの皆様、最後まで楽しめるドラマをありがとうございました。

(記事内の画像出典:公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク