【dele/ディーリー】視聴率と最終回ネタバレ! 山田孝之の正体とは?

デイリー表紙2

【dele/ディーリー】の視聴率と最終回ネタバレ!

山田孝之と菅田将暉のダブル主演でおくる金曜ナイトドラマ『dele/ディーリー』

本多孝好(原案・脚本3話分)×金城一紀(アクション監修・第6話脚本)がタッグを組んだ、デジタル遺品の削除(=dele)が題材の話題作!

今回はドラマ『dele/ディーリー』全話の視聴率とネタバレあらすじ、最終回結末について。

2018年7月期のテレビ朝日・金曜ナイトドラマは『dele(ディーリー)』 W主演に山田孝之と菅田将暉! 2人の共同アカ…
スポンサーリンク

ドラマ『dele/ディーリー』の動画情報

【dele/ディーリー】を見逃してしまった人、最初からもう一度みたい人は、ビデオパスで全話イッキ見することができますよ。

キャンペーンを利用すれば無料視聴も可能!(2018年8月2日からauユーザー以外も視聴可能)

ドラマ『dele/ディーリー』のネタバレあらすじと視聴率

ドラマ『dele/ディーリー』全話のネタバレあらすじと視聴率をまとめていきます。。

ドラマ『dele/ディーリー』1話の視聴率とネタバレ

デイリー1話01

ドラマ『dele/ディーリー』1話の視聴率は、5.5%!

ドラマ【dele/ディーリー】1話のネタバレと視聴率! 山田孝之×菅田将暉のW主演と人気脚本家がそろって話題のドラマ【dele…

ドラマ『dele/ディーリー』2話の視聴率とネタバレ

dele2話01

ドラマ『dele/ディーリー』2話の視聴率は、3.7%

ドラマ【dele/ディーリー】2話のネタバレと視聴率! 山田孝之×菅田将暉のW主演で話題のドラマ【dele/ディーリー】 …

ドラマ『dele/ディーリー』3話の視聴率とネタバレ

デイーリー3話01

ドラマ『dele/ディーリー』3話の視聴率は、4.2%

ドラマ【dele/ディーリー】3話のネタバレと視聴率! 山田孝之×菅田将暉のW主演で話題のドラマ【dele/ディーリー】 …

ドラマ『dele/ディーリー』4話の視聴率とネタバレ

dele4話02

ドラマ『dele/ディーリー』4話の視聴率は、3.8%

ドラマ【dele/ディーリー】4話のネタバレと視聴率! 坂上圭司(けいし)(山田孝之)と真柴祐太郎(菅田将暉)がコンビを組み、…

ドラマ『dele/ディーリー』5話の視聴率とネタバレ

dele5話01

ドラマ『dele/ディーリー』5話の視聴率は、4.6%

ドラマ【dele/ディーリー】5話のネタバレと視聴率! 坂上圭司(けいし)(山田孝之)と真柴祐太郎(菅田将暉)がW主演で話題の…

ドラマ『dele/ディーリー』6話の視聴率とネタバレ

dele6話02

ドラマ『dele/ディーリー』6話の視聴率は、5.0%

ドラマ【dele/ディーリー】6話のネタバレと視聴率! 山田孝之(役:坂上圭司・けいし)と菅田将暉(役:真柴祐太郎)がW主演で…

ドラマ『dele/ディーリー』7話の視聴率とネタバレ

dele07-04

ドラマ『dele/ディーリー』7話の視聴率は、5.0%

ドラマ【dele/ディーリー】7話のネタバレと視聴率! 山田孝之(役:坂上圭司・けいし)と菅田将暉(役:真柴祐太郎)がW主演で…

ドラマ『dele/ディーリー』最終回の視聴率とネタバレ

dele-08-01

ドラマ『dele/ディーリー』最終回(8話)の視聴率は、分かり次第更新します。

ドラマ【dele/ディーリー】最終回のネタバレと視聴率! 山田孝之(役:坂上圭司・けいし)と菅田将暉(役:真柴祐太郎)がW主演…

『dele/ディーリー』の最終回ネタバレ

『dele』は原作小説がありますので、そこからドラマの最終回を予想してみました。※放送が進み次第、更新していきます。

『dele/ディーリー』ネタバレ①真柴祐太郎(菅田将暉)はなぜ「dele.life」へ来た?

ドラマでは、第1話冒頭で、真柴祐太郎(菅田将暉)が「dele.life」に入社します。きっかけは、坂上舞(麻生久美子)にスカウトされたため。保釈金まで払い雇った理由は、彼が圭司を少し優しくさせるからでした。

原作では祐太郎が「dele.life」に入社した理由は3つ

  1. 「dele.life」のカード(名刺のこと?)が偶然「次の仕事に困ったときのための箱」に入っていたから。
  2. 「dele.life」のカードとホームページがきちんと作成してあり短期でたたまないと思ったから。
  3. 「dele.life」のカードをタマさんに嗅がせミャア(OK)と鳴いたから。

以上の3つを理由にして、祐太郎は自ら「dele.life」の事務所を訪れています。(「dele」文庫本p8-9)

カードをもらった相手は、祐太郎が来る前に辞めた・夏目から(が有力)。夏目は一つの情報が受け手にどんな影響をもたらすか、に興味があった。圭司がどう反応するかが見たかった、と推測される。(「dele2」p285-286)

ドラマでは入社のきっかけが改変されました。これにより姉の舞が、結末にどう関わるのでしょうか?

⇒坂上舞(麻生久美子)が祐太郎をスカウトした理由は「2人にとって良いことに思えたから」「圭がどうするのか知りたいから」と圭司に答えている。(ドラマ「dele」最終回より)

『dele/ディーリー』ネタバレ②真柴祐太郎(菅田将暉)の妹の死の謎

真柴祐太郎(管田将暉)の妹の死には秘密があるようです。

原作から分かる祐太郎の情報や家族関係についてネタバレすると・・・

・住まいは根津(東京都文京区)にあり、祖母と住んでいた家に、猫のタマサブロウと暮らしています。時々、亡き妹の同級生で幼なじみの女性も遊びに来ます。彼女には鍵も渡してあり御飯を当てにして遊びに来ることも

・祖母は亡くなって一年以上経っています。(「dele.life」に就社して3か月たった時点)(「dele」文庫本p43)

・妹は小さいころから難しい病気にかかっていて、13才の時、治験を受けていた際に死亡。しかし「ダブル・ブラインド・テスト」で行われていて、妹は新薬ではなく、ブドウ糖が投与されていたと病院が発表。両親が訴えるも、妨害にあったため断念。

※治験の被験者群をA群とB群に二分し、A群には被験薬を、 B群には対照薬(プラセボなど)を投与して比較を行うこと。

・両親は、妹が亡くなって1年後くらいに離婚。父と母それぞれ別の家庭を持ち暮らしている。

祐太郎(管田将暉)の妹の死については次ページの原作『dele/ディーリー2』のネタバレで詳しく紹介しますが…

結論だけネタバレすると、祐太郎の妹・鈴は治験薬で亡くなりました。治験なのでそれ自体はあり得たこと。隠蔽したことの方が問題です。それには、圭司(山田孝之)の父親が関係していて……!?


デイリー1話03

⇒ドラマ第1話では、祐太郎を調べたという圭司に対して、姉の舞(麻生久美子)が「今の祐太郎くんからは想像できない」と言います。やはりドラマでも秘密がある設定です。

⇒ドラマ最終回で、小説と同じく、妹は治験で亡くなったことが判明。偽装されたことも同じでした。

『dele/ディーリー』ネタバレ③坂上圭司(山田孝之)の車イスが真相に関係?

ドラマでは車イスの圭司。原作によると、高校2年のころから足先がしびれ、病院へ行くも原因不明。現在は膝から下の感覚がありません。運動療法もやめて病院にほぼ行っていないようです。(『dele2』p10)

実は、圭司の父親が隠ぺいの手助け(=家族に嫌がらせをして訴訟をやめさせたこと)をしたのは、圭司の病気を治すためでした。

祐太郎(管田将暉)の妹・鈴の治験薬を開発中の製薬会社が、圭司の病気に効果的な新薬の開発をしていたのです。

治験の死亡事故があると、圭司への新薬の開発が滞るから

⇒ドラマ最終回のラスト付近で、父の遺したデータから圭司に効きそうな新薬のデータがあったと圭司が語っているが、真相は不明。

『dele/ディーリー』ネタバレ④坂上圭司(山田孝之)の正体とは?

坂上圭司(山田孝之)の正体とは、祐太郎(管田将暉)の両親に訴訟をさせないように妨害した坂上弁護士の息子。つまり、祐太郎の敵。憎むべき相手

・原作の1巻目では、圭司が亡き父親の残したデータを消したことをにおわせています。

…『dele』文庫本p202で姉から、父は突然の死なのにデジタルデータがやけにきちんと整理されていた、と指摘されています。『dele』文庫本p202で祐太郎も圭司と父の謎を気にし始めました。

圭司が「dele.life」を設立して行ったこと

圭司が「dele.life」を設立して行った目的は、父親の罪を隠すため。

①姉の舞と母には父の悪事を知らせないこと
…そのため、大学の先輩の夏目を雇った。デジタル技術、特にトラッキングでは伝説の腕前を持ち、祐太郎の妹の治験データを削除していった。目的が終了して夏目は退職。
②室田(医師)・日下部(業者)・富樫(厚労省)の社会的信用の失墜

…室田の情報漏洩でクビ。日下部には盗撮犯。富樫には裏金の疑惑。ぜんぶ夏目を通して仕掛けた。

⇒ドラマでは①のことは会話で触れていますが、②の人物はすべていません。分かりやすく改変して大物政治家が悪いことにしています。医療関係の弁護士と、法務関係の弁護士(圭司の父)が使われていました。

坂上圭司(山田孝之)の本当の目的

圭司の本当の目的は、祐太郎から裁かれること。

圭司は治験データのすり替えと改ざんの”証拠”を作り直して、病院や業者のシステムに入れ直した。

祐太郎は一晩考えて、証拠は使わないことにした。ただ純粋に妹を思い出したいだけだった。

その後、病院が鈴の死は治験の副作用だったと認めて謝罪。世間にも公表されたが話題にはならなかった。祐太郎は「dele.life」を辞めて違う仕事についた…

⇒ドラマ最終回では、時間の都合なのか、圭司が”証拠”を作りなおすことは省略。そもそも依頼人の証拠は奪われます。亡き父のデータが証拠になりました。

⇒さらにドラマのラストでは、祐太郎は「dele.life」に戻ってきました

ネタバレのまとめ

原作では、圭司の正体は祐太郎の敵・恨む対象でした。

しかし祐太郎の決断は、勧善懲悪ではないカタチとなりました。

ドラマ放送後、各話はオリジナルのストーリーと判明。

小説『dele』『dele2』は、設定だけの原案で別もののようです。

しかし圭司の正体は大きな変化はないと予想されます。祐太郎の決断はドラマではどう見せるのかは、注目です。

(追記)ドラマオリジナルが多かったものの、ドラマ最終回は小説『dele2』の設定と似ていました。圭司の正体や、祐太郎が証拠を使わない決断も小説と同じ。

つらい過去を乗り越えた祐太郎、圭司のコンビにまた会える日が期待されますね。

次ページ:ドラマ原作『dele』『dele2』のネタバレはコチラ

(記事内の画像出典:公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク