【半分、青い。】106話あらすじと視聴率!涼次・間宮祥太朗の決断共感できる?

半分青い18週1

永野芽郁主演、NHK朝ドラの第18週「帰りたい!」106話が8月2日木曜日に放送されました。

今回は【半分、青い。】106の視聴率・あらすじネタバレ・感想について。

2018年度前期の朝ドラ・連続テレビ小説は【半分、青い。】 主演は、永野芽郁(ながの・めい)! 脚本は『ビューティフルラ…
スポンサーリンク

【半分、青い。】106話の視聴率

【半分、青い。】106話の視聴率は、21.9%

前回から0.2ポイントのダウンも、好調キープです。

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)の98作目は『半分、青い。』 永野芽郁がヒロインで、脚本家・北川悦吏子のオリジナル作品です。 …

【半分、青い。】106話のあらすじネタバレ

ときは2008年お正月。「バアバー」公園から自宅に戻った大地(田中レイ)が晴(松雪泰子)に駆け寄った。草太(上村海成)の息子は大きくなった。婚約者だった里子(咲坂実杏)は草太の妻になっていた…。

草太は大地の為に特製カツ丼を作った。手順は①卵2個分でメレンゲを作る。②和風だしの餡に混ぜ”ふわとろソース”を作る。③それをご飯に乗せ、カツ、中濃ソースの順に乗せる。(ほかの材料:鰹と昆布の出し汁:120ml、水溶き片栗粉・酒・みりん:各大さじ1、塩:小さじ1/3、しょうゆ:1/4)

草太は2年前から、実家のつくし食堂の店長を務めていた。つぶれかけた店だったが、カツ丼(\800)がヒットし盛り返していた。

涼次(間宮祥太朗)は、鈴愛(永野芽郁)と花野(山崎莉里那)を残して家を出て行った。やがて帰ってくる、という花野の無邪気な期待もむなしく、連絡が途絶えたまま数日が経った。

そのころ藤村家では、涼次の3人のおば、光江(キムラ緑子)麦(麻生祐未)めあり(須藤理彩)が、なかなか戻らない涼次を連れ戻そうと決心する。

追い出したくせに光江が一番乗り気だった。行き先は祥平(斎藤工)のもとしかないと分かっていた。

光江と麦は、祥平の家に踏み込み、涼次を発見。涼次の方から祥平に連絡を取った。あこがれの人と縁を切れなかった。そのうち佐野弓子から依頼があり脚本を執筆、監督をすることになった。

光江は監督してもいいから自宅に戻ろうと迫る。が、涼次の離婚する決心は変わらない。

「家族より大事なものがこの世にあるんか?」問われた亮次は、鈴愛は愛(いと)しいし、カンちゃんは可愛いが、それでいっぱいで、自分が終わると言う。普通の幸せな場所にいたら自分は映画監督になれない、と言い切った。

「うちはあんたをそんな子に育てた覚えはないいーー泣」光江は涼次に飛びかかり、麦が抑えた。

鈴愛は思わず、小さいころから何度もかけて覚えている番号に電話した。律の自宅の電話が鳴った・・・

【半分、青い。】106話の感想

芸術家・創作者の苦悩に共感

共感できないも!

【半分、青い。】106話のまとめ

パブロ・ピカソは「芸術は悲しみと苦しみから生まれる。」と語っています。

芸術の苦悩といえば・・・小説家の芥川・太宰など自殺している方が多いことからも、そういう部分はあります。

たしかに芸術家・創作者は不幸、に共感する方のツイートも多いのですが…、本当にそうなのでしょうか?それは寂しすぎませんか?みなさん本当に共感できますか?

共感できたとして、自分が芸術のために家庭の幸福を捨てたい、涼次になりたいと思いますか?

朝ドラの涼次は映画監督ですが、専業の小説家が出たテレビ番組のある言葉を思い出しました[1]

『何者』などがある直木賞作家・朝井リョウが「幸福と創作は両立すると思ってる」とコメントしていたこと。

同番組に出演していた芥川賞作家の綿谷りさは作家はつらい、と語っていましたが、本人は結婚したようです。もちろん(?)朝井リョウも結婚してます。

売れている作家でも結婚はしています。家庭生活という面を経れば、また創作に深みが出るのではないか?

と思うのですが・・・


1……2017年1月2日放送「文筆系トークバラエティ ご本、出しときますね?」(BSジャパン)より

【関連記事】

2018年度前期(4月-9月)の朝ドラは『半分、青い』 ヒロインは永野芽郁。相手役は佐藤健!原作・モデルなしの脚本家・北川悦吏…
【半分、青い。】第18週のネタバレと視聴率! 永野芽郁主演、北川悦吏子脚本の朝ドラ/NHK連続テレビ小説『半分、青い。』第18…

(記事内の画像出典:公式サイト)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク