【半分、青い。】75話のあらすじと視聴率!衝撃すぎて華丸「ジャイアン」発言!

半分青い13週表紙

永野芽郁主演、NHK朝ドラの第13週「仕事が欲しい!」第75話が6月27日水曜日に放送されました。

衝撃すぎるラストに、「あさイチ」恒例の朝ドラ受けで、華丸「ジャイアン」発言!?一体どういうことでしょうか。

今回は【半分、青い。】75話の視聴率・あらすじネタバレ・感想について。

2018年度前期の朝ドラ・連続テレビ小説は【半分、青い。】 主演は、永野芽郁(ながの・めい)! 脚本は『ビューティフルラ…
スポンサーリンク

【半分、青い。】75話の視聴率

【半分、青い。】75話の視聴率は、20.9%

前回から0.1ポイントのダウンとなりました。

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)の98作目は『半分、青い。』 永野芽郁がヒロインで、脚本家・北川悦吏子のオリジナル作品です。 …

【半分、青い。】75話のあらすじネタバレ

あらすじネタバレ①鈴愛、漫画を描きたい!

半分青い75話1

鈴愛(永野芽郁)は、秋風(豊川悦司)から、見合いを勧められた。

「それは漫画家をやめて田舎に帰れってことですか」という鈴愛。

しかし秋風はそんな事を言う資格はないという。そして、占いのページの絵を描く仕事を持ち出す。

鈴愛は「引っ越し屋を辞められる」と喜び、時給は安いが漫画に近いから、と引き受けた。お見合いはせず「また漫画を描けるようにがんばります」と伝えた。

鈴愛の意欲を感じた秋風は、その『いつか君に会える』をネームにしようと激励する。「久しぶりに秋風塾だ。」いいものがあれば掲載される。最後のチャンスだ、それくらいの気持ちでやろうと伝えた。

あらすじネタバレ②鈴愛、ストーリーを描けない!

半分青い76話3

「アイデアあるよね」と裕子は鈴愛の新作漫画を褒めたが、問題は構成だと指摘。桃太郎がいつまでも登場しない、起承転結のない漫画だった。

ストーリーを作れないことは鈴愛も自覚していていた。そこで、好きな映画のストーリーを書き起こし、訓練していた。

時間はなかった。食べる時間をバランス栄養食で減らし、紙パンツでトイレも我慢して連載を続け、勉強もしたのだ。漫画家として10年、最後のチャンスだと鈴愛は覚悟する。

裕子は、子どものクウちゃんを母親に預けてきたという。孫が生まれたらコロッと人が変わったみたいで、上手くやっていた。裕子自体の顔も母親になっていた…。

あらすじネタバレ③鈴愛、うなされる!

半分青い75話2

そのころ、秋風はボクテ(志尊淳)とともに大手出版社の編集長に会っていた。自分が長編読み切り漫画を描くことを条件として、鈴愛の漫画を掲載してほしいと頼んだ。

鈴愛の新作掲載が決定するが、鈴愛はアイデアのその後のストーリーが作れなかった。甘いものを大量摂取して気持ち悪くなり寝込む。

鈴愛は夢の中でコーヒーの代わりにインクを飲んだり、岐阜の家族からコミックスを捨てられ、お見合い相手が出てくる悪夢にうなされた。

一方、秋風は、鈴愛の母・晴(松雪泰子)に手紙を書いていた。この人の娘を取り上げたのか、と反省する秋風。菱本(井川遥)は、鈴愛自ら望んだとフォローするが、秋風は母には母の気持ちがある、としみじみと言う。

そして翌日。秋風のもとに律(佐藤健)から結婚報告のハガキが届き…

【半分、青い。】75話の感想

衝撃のラストに反響!

75話の最大の話題は律の結婚!

73話・74話と律の突然プロポーズ、鈴愛の「今は」を言わなかった問題が消化しきれない展開の中、まさか、いや、やっぱりの…展開!

視聴者の反響は・・・

中には、律の結婚も納得の方もいます。

28才なら30になる前に結婚はありえる時代なのでしょう。

ただ、総じて、驚愕する視聴者が多い展開となりました。

そもそも一体だれと結婚したのか!より子って誰!?

「あさイチ」の朝ドラ受けでも司会3人が言葉にならない様子。

「ジャイアン」!?博多花丸も動揺!

華丸「(小声で)ちょっと待って」

大吉「どうしました」

華丸「武田鉄矢さん風に言っていいですか?」

大吉「どうぞ」

華丸「ちょっと待てっえええ!」

大吉「強い。鉄矢が強い。…結婚されてましたけね」

華丸「誰、より子って?」

近江「え。より子って今までいました?初耳!」

華丸「昨日言ってたけど、なんか誘われてないとか。誘ったとか。ジャイアン…じゃない。ジャイアン…じゃない」

近江・大吉「ブッチャー。ブッチャー(笑)」

大吉「まあ、ここから急展開でね…」

華丸「絶対、結婚じゃないと思ってたんですよ。なんか賞とって、結婚におわしてたけど、みたいな。賞獲ったやつの、そのお祝いに呼ばれてないから行かない、とかのやりとりと思ってたんですよ。(武田鉄也風に)ちょっとまってええ―!」

大吉「強い。武田さんが強いですよ。また明日物語が展開しますので楽しんでまいりしょう」


博多花丸は、前回74話で律に呼ばれてないのか等と話していた人物・ブッチャーの名前が出てきませんでした。

2回ジャイアンって言いました(笑)

それだけ動揺させる衝撃ラスト!

73話にて律と清(さや)の約3年での別れもブッチャーのひと言でサラッと流されましたが、73話突然プロポーズ、74話律がふられたのち4年後、75話:今度はいきなり結婚報告。

七夕の別れ以来、律の側がほぼ描かれないため、怒涛の急展開。これは確信犯でしょう。(そこに批判はあるでしょうが)

鈴愛には描けない、急展開のストーリーに引き込まれますね。76話(6/28木曜)も楽しみです。


【関連記事】

2018年度前期(4月-9月)の朝ドラは『半分、青い』 ヒロインは永野芽郁。相手役は佐藤健!原作・モデルなしの脚本家・北川悦吏…
【半分、青い。】第13週のネタバレと視聴率! 永野芽郁主演、北川悦吏子脚本の朝ドラ/NHK連続テレビ小説。 第13週「仕…

(記事内の画像出典:公式サイト)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク