【半分、青い。】72話のあらすじと視聴率!鈴愛(永野芽郁)の表情に視聴者絶賛

半分青い12週表紙

永野芽郁主演、NHK朝ドラの第12週「結婚したい!」第72話が6/23(土)に放送されました。

鈴愛(永野芽郁)を走らせた律(佐藤健)の想いとは?そしてラストで魅せる鈴愛の表情とは?第72話放送後の視聴者の反響もまとめました。

今回は【半分、青い。】72話あらすじと視聴率について。

2018年度前期の朝ドラ・連続テレビ小説は【半分、青い。】 主演は、永野芽郁(ながの・めい)! 脚本は『ビューティフルラ…
スポンサーリンク

【半分、青い。】72話の視聴率

半分青い12週土曜2

【半分、青い。】72話の視聴率は、20.6%!

13回連続の高視聴率、20%台キープとなりました。

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)の98作目は『半分、青い。』 永野芽郁がヒロインで、脚本家・北川悦吏子のオリジナル作品です。 …

【半分、青い。】71話のあらすじ

あらすじ①鈴愛が帰省で大喜びの家族だが…

半分青い12週土曜1

鈴愛(永野芽郁)は、貴美香(余貴美子)の還暦パーティーに律(佐藤健)も出席すると聞いて、久しぶりに岐阜の実家に帰った。晴(松雪泰子)宇太郎(滝藤賢一)、祖父の仙吉(中村雅俊)は鈴愛の帰省に大喜び。

鈴愛は、ぜいたくな食事でもてなされ、ビールをたくさん飲み、サインもねだられた。

しかし草太(上村海成)はそんな浮かれた鈴愛に対し、つくし食堂の不景気な現状について話す。勝手に東京へ行った姉にも不満をもらす。「ありがとな」鈴愛は弟に感謝した。

あらすじ②思わぬ悲劇に…

翌朝、パーティーに参加するため、とっておきのブランド服レダハーのドレスを準備してきた鈴愛に、思わぬ悲劇が襲いかかった。

草太に乾燥機に入れてしまい縮んでしまったのだ。着て行く服がなくパーティーに行きたくても行けない鈴愛。刻々と時間は過ぎていく。

半分青い12週土曜2

鈴愛は、貴美香の取り上げた赤ちゃんたちの小冊子を見ていた。自分と律の見開きページを見て、ついにパーティー会場に向かう。が……すでに会は終わっていた。

貴美香先生と思い出話しをしていると、律の京大のロボット研究室が賞を獲ったと聞かされた。

鈴愛の夢だから、と言っていたという。19才のときの七夕に書いたことを思い出した鈴愛。

あらすじ③急ぐ鈴愛!律の声が聞こえる…

律が夏虫の駅から帰る、と聞いた鈴愛は菜生(奈緒)に車を出してもらい、急ぐ。『キミの声は私を包む。』そう思いながら…。

駅に着くと反対側のホームにいた律を見つけた。電車がきて、「律!!」叫んだ鈴愛だったが聞こえそうにない。鈴愛は笛を3回吹いて・・・

過ぎ去った電車のあと律の姿はなく、落ち込む鈴愛。そこに階段を降りてきた律の姿が…

【半分、青い。】72話の感想

鈴愛の表情に視聴者絶賛の嵐

月曜まで待てない!?

【半分、青い。】72話のまとめ

72話は鈴愛と律が会えるのか、が最大のポイントでした。

鈴愛を走らせたのは鈴愛の夢をかなえた律の想い。

会いたいけど会えない…。でも会いたい。

そんなもどかしさを服台無しや駅でのすれ違いを場面設定。これぞ北川悦吏子脚本ドラマの真骨頂!

そして難しいシーンを見事に演じきった永野芽郁。切なさと喜びがあふれた表情で視聴者絶賛でした。

しかし良いところで終わってしまいましたね。

しかし第73話の第13週月曜回は、脚本の北川悦吏子が”2度目の神回”と告知。(1度目は律と鈴愛の別れの回)

楽しみですね。


【関連記事】

2018年度前期(4月-9月)の朝ドラは『半分、青い』 ヒロインは永野芽郁。相手役は佐藤健!原作・モデルなしの脚本家・北川悦吏…
【半分、青い。】第12週のあらすじと視聴率! 永野芽郁主演、北川悦吏子脚本の朝ドラ/NHK連続テレビ小説。 第12週「結…

(記事内の画像出典:公式サイト)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク