【半分、青い。】71話のあらすじと視聴率!裕子・清野菜名の結婚相手とは?

半分青い12週表紙

永野芽郁主演、NHK朝ドラの第12週「結婚したい!」第71話が6/22(金)に放送されました。

裕子(清野菜名)が結婚してティンカーベルを去る日を迎える71話。裕子の相手はカバンをくれたオヤジ(東京03・角田)ではなく…

今回は【半分、青い。】71話あらすじと視聴率について。

2018年度前期の朝ドラ・連続テレビ小説は【半分、青い。】 主演は、永野芽郁(ながの・めい)! 脚本は『ビューティフルラ…
スポンサーリンク

【半分、青い。】71話の視聴率

半分青い12週金曜

【半分、青い。】71話の視聴率は、21.6

好調キープ!

12回連続の視聴率20%超えとなりました。

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)の98作目は『半分、青い。』 永野芽郁がヒロインで、脚本家・北川悦吏子のオリジナル作品です。 …

【半分、青い。】71話のあらすじ

あらすじ①裕子の結婚で

ときは1995年。鈴愛(永野芽郁)の漫画家デビューから3年。

裕子(清野菜名)が連載打ち切りを機会に、浅葱洋二(あさぎようじ)(山中崇)との結婚を決意した。

鈴愛(永野芽郁)秋風(豊川悦司)がもっと裕子(清野菜名)のことを止めるのかと期待していた。秋風は、裕子には居場所が必要だったのだ、という。漫画も描けたがそうじゃなくても良かった。彼女が幸せになったら秋風はそれで満足だった。

オフィス・ティンカーベルでの結婚式のあと、外でお祝いがあった。2次会で疲れ果てた裕子は、鈴愛の部屋にやってきた。漫画家道具を鈴愛に残したいと言うと、鈴愛は裕子の笑顔も欲しいという。

「スマイル0円か」裕子は笑顔をみせた。「たまには顔みせてね」鈴愛はそう頼んだ。

あらすじ②裕子が去る日。鈴愛にかけた言葉とは?

秋風は裕子が仕事場にしていた部屋をそのままにしておく、という。帰る場所があれば出ていきやすいからだ。鈴愛の口は羽根より軽い…秋風に早速口止めされた。

引っ越しが終わり、出ていく裕子。秋風や菱本(井川遥)は娘を送り出す気持ちで見送った。

「君。がんばれよ」裕子は鈴愛を励ました。

「私の人生は私のもの。鈴愛の人生は鈴愛のもの。みんな自分の分しか頑張れない」と言いつつも…

鈴愛の熱量は自分とは違うから、

鈴愛はきっと成功する。みんなの憧れるものをきっと創る!」と太鼓判を押した。

「バイバイ鈴愛。いろいろありがとう」…鈴愛は泣いて裕子に抱きついた。

その夜、鈴愛は「♪あなたのことを思うと…」裕子が歌う声が思い出された。

そのころ岐阜では、晴(松雪泰子)和子(原田知世)らが、貴美香(余貴美子)の還暦パーティーを開催しようと盛り上がっていた。

また喫茶ともしびでは菜生(奈緒)ブッチャー(矢本悠馬)が久々に再会していた。2人とも24才。

ブッチャーは京都の舞鶴学院大を卒業し名古屋の建設会社で勤務。菜生は服飾の専門学校を卒業し名古屋デパート勤務だった。鈴愛は忙しいので還暦祝いには来れず残念に思う2人。

菜生は電話である秘策をつかい、誘う。「たまには会いたいてえ。それに鈴律もくるよ」・・・

【半分、青い。】71話の感想

半分青い71話裕子

出典:https://mdpr.jp

71話は裕子(清野菜名)がついに結婚へ。

6/21(木)の「あさイチ」での朝ドラ受けでは、相手は東京03の角田晃広かと噂していましたが・・・

裕子の相手は山中崇!写真のみの登場でしたが、視聴者の反響は・・・

え?山中崇!?驚きの声多数

写真のみの出演で山中崇は終わるのか?(笑)

山中 崇(やまなか たかし)は1978年生まれ。朝ドラ『ごちそうさん』で桜子(前田亜季)と駆け落ちする室井幸斎(むろい こうさい)役を演じていました。

もったいないので、再登場もありそうですね。

泣かされた71話

裕子と鈴愛の友情。秋風の父親がわりの行動。

泣かされた視聴者多数でした。

次回72話は岐阜でのキミカ先生還暦祝いで、律と鈴愛の再会が見られるのか…。楽しみですね。


【関連記事】

2018年度前期(4月-9月)の朝ドラは『半分、青い』 ヒロインは永野芽郁。相手役は佐藤健!原作・モデルなしの脚本家・北川悦吏…
【半分、青い。】第12週のあらすじと視聴率! 永野芽郁主演、北川悦吏子脚本の朝ドラ/NHK連続テレビ小説。 第12週「結…

(記事内の画像出典:公式サイト)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク