【半分、青い。】67話あらすじと視聴率!鈴愛・永野芽郁の裏工作に違和感あり?

半分青い12週表紙

永野芽郁主演、NHK朝ドラの第12週「結婚したい!」第67話が6/19(火)に放送されました。

月曜日が地震速報で休止になり、火曜日に放送されました。鈴愛の漫画が連載決定!実はその裏には・・・

今回は【半分、青い。】67話あらすじと視聴率について。

2018年度前期の朝ドラ・連続テレビ小説は【半分、青い。】 主演は、永野芽郁(ながの・めい)! 脚本は『ビューティフルラ…
スポンサーリンク

【半分、青い。】67話の視聴率

半分青い12週月曜

【半分、青い。】67話の視聴率は23.2%!

自己最高の視聴率をマークしました。

これまでの最高は第57話(6月6日)の21.9%でした。

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)の98作目は『半分、青い。』 永野芽郁がヒロインで、脚本家・北川悦吏子のオリジナル作品です。 …

【半分、青い。】67話のあらすじ

上京して2年、鈴愛(永野芽郁)は、漫画家デビューを果たした。

二十歳を過ぎた鈴愛は、裕子(清野菜名)と祝杯をあげる。そこへボクテ(志尊淳)から薔薇のケーキが送られてきた。手紙も添えられ謝罪の言葉と近況が書いてあった。ボクテは他の雑誌でデビューを目指していた。鈴愛・裕子と3人でプロの漫画家と会えることを願っていた。

日が変わり、鈴愛のもとに月刊ガーベラの北野編集長(近藤芳正)と担当の飯野(いいの)(遠藤弘章)があいさつに訪れた。

鈴愛の作品に対するアンケートはがきがたくさん集まっていると、秋風(豊川悦司)菱本(井川遥)の前で披露された。

裕子も複雑な表情で見守る。だが、編集長が出したはがきの山を目にしたとたん、鈴愛は急に焦りだした…。消印が全て岐阜の梟町になっていたからだ。

秋風「おい!お前何をやっとんだ。」…手や物で消印を隠していた鈴愛はあやしまれた。実は鈴愛が弟・草太(上村海成)に頼んだのだった。しかし東京の各地からもアンケートはがきが沢山きていた。

アンケートの熱い要望と編集部の期待があり、鈴愛の連載が決定!

しかし裕子は、ボクテの巧妙なしわざだと気づいて電話で確認した。ボクテは100通りの感想を考え、人脈を生かして代筆してもらい、各地から投函した。

ボクテは月刊リリーに持ち込みを始めていた。電話を立ち聞きした秋風は、迷ったあげく月刊リリーの江口編集長にボクテの援護射撃の電話をした。

裕子は鈴愛に負けないようにと机に向かった…。

【半分、青い。】67話の感想

鈴愛・連載決定の裏工作は違和感あり!?

鈴愛の連載決定が決まった67話でした。

実はその裏には・・・岐阜の家族、ボクテの援護もありました。

編集部の後押しも無ければ連載には至らないので、まさしく援護ではありますが…。

鈴愛がまさか弟に連絡していたとは思いませんでした。

しかも車を買うことをダシに…

故郷の岐阜では、就職の際に、履歴書に片耳失聴を書いていた鈴愛。まっすぐに勝負するタイプだったのに、驚きです。

それだけ追い込まれていた、ということでしょうか?

この違和感を持った視聴者を調べてみると・・・

やはりツッコミが!

農協がコネだと知ったときショックを受けた鈴愛。

現実を知った鈴愛は、高校のころのように正直な勝負をしなくなりました。それだけ、なりふりかまっていられないのか?大人になりましたね(笑)

組織票で、連載が考慮されても、それでも勝ち取りたい鈴愛。

連載が決まってからの継続が今後の課題となりそうです。


【関連記事】

2018年度前期(4月-9月)の朝ドラは『半分、青い』 ヒロインは永野芽郁。相手役は佐藤健!原作・モデルなしの脚本家・北川悦吏…
【半分、青い。】第12週のあらすじと視聴率! 永野芽郁主演、北川悦吏子脚本の朝ドラ/NHK連続テレビ小説。 第12週「結…

(記事内の画像出典:公式サイト)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク