【半分、青い。】63話のあらすじと視聴率!鈴愛・永野芽郁の暴言ひどすぎない?

半分青い第11週表紙

永野芽郁主演、NHK朝ドラの第11週「デビューしたい!」第63話が6/13(水)に放送されました。

傷心の鈴愛(すずめ)(永野芽郁)は秋風に笛を捨てられてつい暴言を…。放送後、多くの視聴者からある描写がないため不満の声があがりました。

今回は【半分、青い。】63話あらすじと視聴率について。

2018年度前期の朝ドラ・連続テレビ小説は【半分、青い。】 主演は、永野芽郁(ながの・めい)! 脚本は『ビューティフルライフ』などの…
スポンサーリンク

【半分、青い。】63話の視聴率

半分青い第11週水曜

【半分、青い。】63話の視聴率は、21.2%

自己6位の高視聴率をマークしました。

NHK連続テレビ小説(朝ドラ)の98作目は『半分、青い。』 永野芽郁がヒロインで、脚本家・北川悦吏子のオリジナル作品です。 …

【半分、青い。】63話のあらすじ

鈴愛(永野芽郁)律(佐藤健)から別れを告げられ傷心していた。

しかし鈴愛の「月がキレイ」と言えなかった話しを聞いた秋風(豊川悦司)は、鈴愛に漫画を描けと勧める。

裕子(清野菜名)ボクテ(志尊淳)は、鈴愛の姿に圧倒されつつも、岐阜の猿には負けられないと闘志を燃やす。

『月が屋根に隠れる』は秋風からダメだしを受けながら150回以上描き直しを続け、アシスタント業務ももちろん続き、お風呂にはトイレの破片が、カップめんは伸びてしまい、それでも食べて1年後・・・

月をみては鈴愛は律を思い出していた。ある日、鈴愛は笛を捨てて欲しい、と裕子とボクテに言う。ためらう2人。そこへ秋風がやってきて放り投げてしまう・・・

怒った鈴愛は秋風を人の心が分からないと責める。だから独身で友人もいない、と。

懸命に探す裕子たち。そこへ秋風が拾ったと笛を持ってきた。不審に思う裕子。実は漫画を描きあげたら返すつもりだったと秋風は言う。受け取った裕子は、庭で見つけた嘘を突き通すと約束し、ボクテと共に秋風のことを独身でも友人いなくても「好きです」と告げた。

そうして無事に笛は鈴愛の元に戻り、精進を重ね、やがて1年がさらに経(た)った、1992年。

最初にデビューを果たしたのは裕子だった…。

【半分、青い。】63話の感想

鈴愛の暴言があまりにヒドイため、謝罪の言葉がなく年月が過ぎたことに視聴者は驚愕。

秋風を「漫画を描くロボット」ととまで言い切りました。

思ったことに率直な怖いものなしの鈴愛に対しても反響が・・・

「強い」いや「図太い」「変態」との鈴愛の評価が様々にあります。

鈴愛は岐阜でも東京でも、どこにいても変わらない。

周りに影響されない「自分」を持っていいます。

しかし、相手の気持ちをもう少し考えた方が生きやすいのでは?

思えば、秋風のガンも岐阜の知り合いに広めてしまいましたし…

欠点の多い愛すべきヒロインあるいはイライラする?そこが視聴継続の分かれ目になっているかとは思います。


【関連記事】

2018年度前期(4月-9月)の朝ドラは『半分、青い』 ヒロインは永野芽郁。相手役は佐藤健!原作・モデルなしの脚本家・北川悦吏…
【半分、青い。】第11週のあらすじと視聴率! 永野芽郁主演、北川悦吏子脚本の朝ドラ/NHK連続テレビ小説。 第11週「デ…

(記事内の画像出典:公式サイト)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク