ドラマ【義母と娘のブルース】のキャストとあらすじ!綾瀬はるかが母親役に!

義母と娘のブルース

2018年夏クールのTBSテレビ・火曜午後10時のドラマは【義母と娘のブルース】です。

仕事一筋にバリバリ働いてきたキャリアウーマンの岩木亜希子が娘との関係に悪戦苦闘する姿を綾瀬はるかが演じます。

今回は綾瀬はるか主演ドラマ【義母と娘のブルース】のキャスト、あらすじ、基本情報、見どころなどをまとめていきます。

スポンサーリンク

ドラマ【義母と娘のブルース】の放送日程

放送時間:毎週火曜 夜10時~

放送局:TBS系全国ネット

放送開始日:7月スタート

ドラマ【義母と娘のブルース】の原作

ドラマ【義母と娘のブルース】の原作は桜沢鈴の同名4コマ漫画です。義母と娘がお互いにすれ違いながら家族愛をはぐくんでいくという心温まる物語です。

主人公の岩木亜希子は仕事一筋にバリバリのキャリアウーマンとして働いてきました。子連れのバツイチ男性と結婚することになったのですが、子供との関わり方がわからずに悪戦苦闘します。

義母と娘のシリアスあり笑いありの関係を通して、毎日の当たり前の日常に隠されている家族の幸せを思い出させてくれる名作です。

ドラマ【義母と娘のブルース】のスタッフ

原作:桜沢 鈴「義母と娘のブルース」(ぶんか社刊)

脚本:森下佳子

プロデュース:飯田和孝、大形美佑葵

演出:平川雄一朗、中前勇児

製作著作:TBS

ドラマ【義母と娘のブルース】のキャスト

綾瀬はるか(役:岩木亜希子)

綾瀬はるか

岩木亜希子…仕事一筋にバリバリ働いてきた元キャリアウーマン。バツイチ子持ちのサラリーマン・宮本良一と結婚し一児の母に。娘との関わり方に戸惑い悪戦苦闘します。

綾瀬はるか…1985年生まれ。2000年にホリプロタレントスカウトキャラバン審査員特別賞受賞して芸能界デビュー。翌2001年ドラマ「金田一少年の事件簿」にて女優デビューを果たす。2013年には『八重の桜』でNHK大河ドラマ初出演及び主演を果たして紅白歌合戦の視界も務めた。「精霊の守り人」「奥様は取り扱い注意」などで派手なアクションを披露しアクション女優としても活躍。

竹野内豊(役:宮本良一)

竹野内豊

宮本良一…主人公・岩木亜希子の夫。8歳の娘を持つ父親でありバツイチ。小さな奇跡を見つけることが得意。朗らかなあ性格で誰からも愛される。

竹野内豊…1971年生まれ。母と姉が男性ファッション誌のモデルに応募し芸能界入り。1994年「ボクの就職」で俳優デビュー。1997年「ビーチボーイズ」で反町隆史と共に主演を務めたことで人気俳優となる。

記事内の画像出典:ドラマ公式サイト映画.COM

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク