ドラマ【義母と娘のブルース】のキャストとあらすじ!綾瀬はるかが母親役に!

義母と娘のブルース

2018年夏クールのTBSテレビ・火曜午後10時のドラマは【義母と娘のブルース】です。

仕事一筋にバリバリ働いてきたキャリアウーマンの岩木亜希子が娘との関係に悪戦苦闘する姿を綾瀬はるかが演じます。

今回は綾瀬はるか主演ドラマ【義母と娘のブルース】のキャスト、あらすじ、基本情報、見どころなどをまとめていきます。

【2018夏ドラマ一覧】7月スタートの新ドラマ情報まとめ 2018年夏ドラマ(7月〜9月)の新ドラマ情報を民放〜ネット…
スポンサーリンク

ドラマ【義母と娘のブルース】の放送日程

放送時間:毎週火曜 夜10時~

放送局:TBS系全国ネット

放送開始日:7月10日(火)

ドラマ【義母と娘のブルース】の原作

ドラマ【義母と娘のブルース】の原作は桜沢鈴の同名4コマ漫画です。義母と娘がお互いにすれ違いながら家族愛をはぐくんでいくという心温まる物語です。

主人公の岩木亜希子は仕事一筋にバリバリのキャリアウーマンとして働いてきました。子連れのバツイチ男性と結婚することになったのですが、子供との関わり方がわからずに悪戦苦闘します。

義母と娘のシリアスあり笑いありの関係を通して、毎日の当たり前の日常に隠されている家族の幸せを思い出させてくれる名作です。

ドラマ【義母と娘のブルース】のスタッフ

原作:桜沢 鈴「義母と娘のブルース」(ぶんか社刊)

脚本:森下佳子

プロデュース:飯田和孝、中井芳彦、大形美佑葵

演出:平川雄一朗、中前勇児

音楽:髙見 優、信澤宣明

主題歌:MISIA 「アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)」 (アリオラジャパン)

製作著作:TBS

ドラマ【義母と娘のブルース】の主題歌

ドラマ【義母と娘のブルース】の主題歌は、MISIA×GReeeeN 初コラボ楽曲「アイノカタチ feat.HIDE (GReeeeN) 」 です。

ドラマ【義母と娘のブルース】は綾瀬はるか演じる義母の亜希子と娘のみゆきと親子愛を育んでいく物語であり夫・良一との愛もあり、「アイノカタチ」というのはドラマを盛り上げてくれるのではないでしょうか?

作詞作曲をGReeeeNが担当し、HIDEさんが楽曲内でのコーラスにも参加しています。

MISIAさんが綾瀬はるか主演ドラマの主題歌を歌うのは「JIN-仁-」 の主題歌 「逢いたくていま」以来です。

「今世紀最大のラブソング」と位置付ける「アイノカタチ feat.HIDE (GReeeeN) 」がドラマを魅力的に盛り上げてくれることでしょう。

ドラマ【義母と娘のブルース】のキャスト

綾瀬はるか(役:岩木亜希子)

綾瀬はるか

岩木亜希子…仕事一筋にバリバリ働いてきた元キャリアウーマン。バツイチ子持ちのサラリーマン・宮本良一と結婚し一児の母に。娘との関わり方に戸惑い悪戦苦闘します。

綾瀬はるか…1985年生まれ。2000年にホリプロタレントスカウトキャラバン審査員特別賞受賞して芸能界デビュー。翌2001年ドラマ「金田一少年の事件簿」にて女優デビューを果たす。2013年には『八重の桜』でNHK大河ドラマ初出演及び主演を果たして紅白歌合戦の視界も務めた。「精霊の守り人」「奥様は取り扱い注意」などで派手なアクションを披露しアクション女優としても活躍。

竹野内豊(役:宮本良一)

竹野内豊

宮本良一…主人公・岩木亜希子の夫。8歳の娘を持つ父親でありバツイチ。小さな奇跡を見つけることが得意。朗らかなあ性格で誰からも愛される。

竹野内豊…1971年生まれ。母と姉が男性ファッション誌のモデルに応募し芸能界入り。1994年「ボクの就職」で俳優デビュー。1997年「ビーチボーイズ」で反町隆史と共に主演を務めたことで人気俳優となる。

佐藤健(役:麦田章)

佐藤健

麦田章…なかなか目標が定まらず軸足が固まらない男性。物語の台風の目的な存在。主人公の岩木亜希子や宮本家に波乱や奇跡をもたらす。

佐藤健…1989年生まれ。高校2年の時原宿でスカウトされ芸能界入りを果たす。2006年テレビドラマ「プリンセス・プリンセスD」の河野亨役で俳優デビュー。2007年「仮面ライダー電王」の野上良太郎役としてドラマ初主演を果たし人気を集める。

横溝菜帆(役:宮本みゆき)

横溝菜帆

宮本みゆき…宮本良一の娘、8歳。

横溝菜帆…2008年生まれ。テアトルアカデミー所属の子役。主な出演作品は映画「魔女の宅急便」のキキ役など。

浅利陽介(役:田口朝正)

浅利陽介

田口朝正…主人公・岩木亜希子の部下。

浅利陽介…1987年生まれ。4歳の時、両親が劇団東俳に入団させCMデビュー。以後、子役として活躍。2001年「キッズウォー3」で不良少年の一平役を演じて人気を集める。

浅野和之(役:笠原廣之進)

浅野和之
笠原廣之進…宮本良一の上司。ライバル企業の光友金属を強く意識しており、光友金属の業績が上がると良一などに強く当たることがある。良一のおっとりとした性格に怒っているものの心配し気にかけてもいる。

浅野和之…1954年生まれ。安部公房スタジオにて演技を磨き、1987年に夢の遊眠社へ入団する。穏やかな顔立ちなどから、物腰の柔らかい役柄が多い。映画、舞台、ドラマなど幅広く活躍する名脇役。

村本大輔(役:前原大輔)

村本大輔

前原大輔…主人公・岩木亜希子の部下。エリートサラリーマンであり後輩の些細なミスも許さずに徹底的に詰め寄る。

村本大輔…1980年生まれ。大阪NSC22期生、1999年NSCに入学し2000年デビュー。2008年、中川パラダイスとお笑いコンビ・ウーマンラッシュアワーを結成する。連ドラとしては本作が初出演となる。

奥山佳恵(役:宮本愛)

奥山佳恵
宮本愛…宮本良一の亡き妻でみゆきの実母。太陽のような明るい性格とひまわりのような笑顔で家族に笑いをもたらせていた。

奥山佳恵…1974年生まれ。1990年映画「喜多郎の十五少女漂流記」のオーディションに合格し1992年に主演女優としてスクリーンデビューを果たす。その後、明るいキャラクターなどが人気になり、ドラマだけでなくバラエティー番組などでも活躍する。

真凛(役:猪本寧々)

真凛
猪本寧々…宮本良一の部下。明るい性格で営業部でも「いのもっちゃん」の愛称で親しまれている。既婚者であり良一の悩み相談に乗ることもある。

真凛…1991年生まれ。2007年、第32回ホリプロタレントスカウトキャラバンファイナリスト。翌2008年、ホリプロ大阪支社に所属し、HOP CLUBの一員としてデビューする。2009年HOP CLUBからの卒業をきっかけに芸名を西谷まりんから真凛に変更した。

川村陽介(役:友井智善)

川村陽介
友井智善…麦田章の友人。映像会社に勤めるAD。頻繁に職業を変える麦田に呆れつつも心配している。麦田の突拍子もない言い間違いにも冷静に突っ込めるほど仲が良い存在。

川村陽介…1983年生まれ。2000年、21世紀ムービースターオーディション審査員特別賞を受賞し映画「死者の学園祭」で俳優デビューを果たす。以後俳優として映画、TVドラマ、舞台などで幅広く活躍している。

麻生祐未(役:下山和子)

麻生祐未

下山和子…下山不動産の噂好きおばちゃん。口が軽くお節介な性格であるが亜希子は貴重な情報源として親睦を深めている。亜希子が来るまで、みゆきの面倒も見ていた。

麻生祐未…1963年生まれ。1983年映画「あいつとララバイ」でデビュー。翌1984年芸名を樹由美子から現在の麻生祐未へと改名し雑誌等のグラビアデビュー。バラエティ番組「オールナイトフジ」の司会を務めた。「ドリフ大爆笑」のコントや「男女七人秋物語」などに出演し人気を集め女優として幅広く活躍している。

橋本真実(役:西条乙女)

橋本真実
西条乙女…みゆきが通っている学童保育のスタッフ。子供たちの優しいお姉さんであり母親を亡くしたみゆきを心配している。性格はしっかりとしていて芯が強く母親に対して注意することもできる。

橋本真実…1984年生まれ。アイドルグループ「MISSION」の元メンバーである。現在は女優としてテレビドラマ、映画などを中心に活躍している。代表作に映画「ロクな人生」などがある。

大智(役:黒田大樹)

大智
黒田大樹…みゆきのクラスメイトでガキ大将。みゆきのことを「ブス」と言いかまってくる。困った人を放っておけない優しい一面もある。

大智…2008年生まれ。ジョビィキッズ所属の子役。日曜劇場「ごめん愛してる」の河合魚役などで人気を集める。

記事内の画像出典:ドラマ公式サイト映画.COMアミューズテアトルアカデミーORICON NEWS日経トレンディネットジョビィキッズ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク