【ブラックぺアン視聴率が低い理由】ニノが松潤99.9に勝って結婚するには?

ブラックぺアン

嵐の二宮和也主演のドラマ【ブラックぺアン】初回視聴率の受け止め方が分かれている。

ブラックぺアン1話は、2018年4月スタートの春ドラマの中で3位の13.7%を記録(関東地区・ビデオリサーチ調べ)。まずまずの好スタートだ。しかし地方局ではもっと高い、と騒がれている。

そこには理由が2つあると考えられる。

ひとつは「99.9」の影響。前クールの日曜劇場である松本潤主演【99.9-刑事専門弁護士-】は全話平均視聴率17.6%。冬ドラマのトップだった。

もうひとつは二宮と伊藤綾子との熱愛報道だ。

「ニノ VS 松潤」「ニノ VS 一部のファン」という構図が視聴率の話題を加速させている。

是が非でも勝利を飾り結婚への花むけにしたい二宮サイドだが、断言しよう。

ブラックぺアンは99.9には勝てない。今回はニノが松潤99.9に勝って結婚するには?ブラックぺアンの視聴率が低い理由について。

スポンサーリンク

ブラックぺアン視聴率は低いのか

まず、前提として、【ブラックぺアン】は視聴率は低いのかを確認したい。

視聴率を「期待外れ」と断罪したマスコミのひとつは、ビジネスジャーナル。

『ブラックペアン』、視聴率期待外れ…「あり得ない」シーン続出、二宮和也もキャラ微妙

出典:http://biz-journal.jp/2…

しかしタイトルが過激なだけで、よく本文を読めば、期待値より低いが、まずまず好スタートと批判をかわしている。しかも意外にドラマを評価していて、ライターがタイトルをつけたとは思えない。きちんと賛否両面をとらえている記事だった。気になる方は記事原典にあたってみてほしい。

リアルライブでは視聴率を「微妙」と表現。

“半同棲報道”が許されていない? 嵐・二宮の主演ドラマ、微妙な視聴率でスタート

出典:https://npn.co.jp/…

熱愛報道の影響も指摘している。その影響度を数値化するのは至難なため、推測の域を出ない。しかし15%以上に達しなかったため憶測を呼んでいるようだ。

アサジョでも視聴率「微妙」と評価。

嵐の二宮和也主演ドラマ「ブラックペアン」(TBS系)が4月22日からスタートし、平均視聴率は13.7%と微妙な船出となった。

出典:https://asajo.jp/…

芸トピでも15%以上を期待していたため、残念と評価されています。

初回15%超えは固いかなと思っていたのですが残念ながらリアルタイム視聴率はそこまで伸びなかったようですね

出典:https://geitopi.com/…

以上のように視聴率15%以下ということで、微妙なスタートと評価されているようです。

ブラックぺアンの視聴率が低い理由

二宮和也の熱愛で「見ない」運動が起きている

まず、不振の要因としてあげたいのが、初回放送前、主演の二宮和也と伊藤綾子アナウンサーの半同棲とみられる熱愛報道がスクープされたこと。

本来ならば【ブラックぺアン】は恋愛ドラマではないし、視聴率に関係はないが、そこは国民的な人気グループ・嵐の二宮。ファンの中では「ブラックぺアン見ない」運動が起きている。もちろん一部のファンだろうが…。

「二宮が頑張るのも伊藤綾子のためだと思うと辛くなる」

「終始伊藤綾子がチラついてちゃんと集中出来なかった」

「加藤綾子出てるとこだけちょっと伊藤綾子チラついた」

とネットで影響があるのはたしか。しかも同じくフリーアナウンサーの加藤綾子が登場すると、加藤と伊藤の違いなのに、伊藤綾子を思い出す人がいるようだ。

俳優以外のキャスティングは日曜劇場の定番とはいえ、話題作りの加藤綾子のレビュらー出演は裏目に出そうだ。

しかも『ブラックぺアン』の不振するようだと次の作品に影響する。8月に二宮も出演する木村拓哉主演映画『検察側の罪人』が公開を控えているのだ。6月の『ブラックぺアン』終了後、番宣に入るだろうから、結婚か破局か“ケジメ”を付けてファンを納得させてほしいところだが…。

二宮和也の童顔と身長

ブラックぺアン主演の二宮和也は、クリント・イーストウッドや山田洋次の映画に出演し演技には定評がある。

しかし正直、天才外科医を演じられる容姿ではない。

「ニノの演技は迫力があったけど童顔のせいか天才外科医には見えないかな」

可愛すぎてちびっ子ギャングみたい

二宮の演技は上手いけど、顔あれで背も小さいから迫力ないな

ネットでは、ニノの童顔と低い身長の影響を指摘する声が多い。

調べてみると…竹内涼真:185㎝、内野聖陽:177㎝・小泉孝太郎:177㎝。

対してニノの身長は噂では166㎝。

約10~20㎝の違いがある。年齢を重ねたら別だが、この童顔と身長で天才外科医の貫禄を出すのは無理がある。

ブラックぺアンはコミカルさがない

ブラックぺアンは二宮和也演じる渡海がダークヒーローのドラマ。

手術成功率100%の外科医だ。「私、失敗しないので」の台詞で有名な『ドクターX』(テレビ朝日)大門美知子を思い出す視聴者も多いだろう。

両作の大きな違いは法外な金銭を要求する点ともいえるが、視聴率の観点でいえば、コミカルなシーンがあるかないか。『ブラックぺアン』は笑える、休まるシーンが皆無なのだ。

不景気の現代日本。シリアスなドラマは受けが悪い。ドラマの質は置いといて、前クール『anone』が難解・暗いという印象を与え、一桁視聴率だったことからも明白だ。

一方の松潤の「99.9」も弁護士もの。先行している人気ドラマでは、型破りな弁護士を描く『リーガルハイ』、同じ法律家で言えば『HERO』がある。

しかし99.9では、名物の親父ギャグと小ネタが話題となり、幅広くファンを獲得している。

ドクターXや99.9は、ブラックぺアンにはない人気を獲得する術を持っているということだ。

ブラックぺアンの勝機は竹内涼真と葵わかなの恋?

『ブラックぺアン』1話の視聴率は今後、どちらに転ぶかもしれない微妙な数字だった。ひとつの基準・松潤の99.9の17%台に勝って、ニノが気持ちよく結婚するには、主演以外の要素に期待したい。

そこで、『ブラックぺアン』の勝機は竹内涼真と葵わかなの恋にある、と指摘したい。

原作では大きな見どころだった最新機器「スナイプ」の導入を第1話で早くも使い、欠点を指摘してしまったのは残念だ。しかも原作での高階は外科手術もできるので、原作との相違も天才外科医を分かりやすく見せる陳腐な展開だった。

しかし、1話を見た限り見どころは残り2つある。”渡海と佐伯(内野聖陽)の関係とブラックぺアンの謎”そして”理事長選をめぐる陰謀・攻防”だ。

…それを差し置いても、竹内涼真と葵わかなの恋が視聴者層を広げる(視聴率を高める)と予想するのは、華やかで愛されキャラの可能性を秘めている2人だから、だ。

新人看護師と研修医の2人は互いに成長過程だから話しが合う。原作ではデートもして意識し合っている。ドラマでここに時間を割かない手はない。心休まるシーンの少ない『ブラックぺアン』で2人の恋と成長は応援したくなるはずだろう。

一方の「99.9」では松潤の恋は描かれなかった。「いとこんち」の加奈子が片想いするぐらいだ。成長という点も1話完結型であり連続性はない。

タッチが全く異なるドラマなので違うのは当前だが、若手キャストの恋と成長は視聴率にも大きく響いてくることだろう。原作では主人公の世良(竹内涼真)が物語を彩ってくれる点には注目したい。

【ブラックぺアンの関連記事】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でdorama9管理人をフォローしよう!

スポンサーリンク